小学校受験・中学受験のことならチャイビ

2016-11-19

インターナショナルスクールが親に求めること

インターナショナルスクールが親に求めること

インターナショナルスクールの人気が近年高まっています。芸能人の方がインターナショナルスクールにお子さんを預けるようになり、ブームになりつつあります。

では、子供をインターナショナルスクールに入れるために、「親」に求めれるもはなんでしょうか?

インターナショナルスクールで親が求められるもの

まず大前提として親にも英語力は必要です。

これは、入学前にも入学後にも親にはずっと求められるものです。英語力がない場合は、まず、名門インターナショナルスクールは諦めた方が良いです。

英語ができないと学校についていけない

厳しい言い方のようですが、実際に東日本大震災後、インターナショナルスクールにも空きが出てしまい、運良く入学を許可された日本人の家庭のお子さんがいます。

全く英語ができないご両親でしたが、面接はなんとかクリアし、いざ子供が入学すると、日々の宿題、カンファレンス、常に英語とは隣あわせの日々でしたが、やはり、カンファレンスなど担任の先生との意思疎通ができず、親がこのままではきついということで、残念ながら、入学1年弱で日本の学校へ転校してしまったという子もいます。

親にも英語力は必須!

子供は、小さな頃から英語に触れているのでインターナショナルスクールでも大丈夫!とお考えの親も多いですが、これは、親にとっては、とってもきつくなります。

子供が小さな頃は、宿題を見てあげれたりしますが、学年が上がるにつれ、勉強も難しくなり、子供任せだけにはできなくなります。

憧れや親のプライドだけでインターナショナルスクールにことは、子供にとっても辛いということあることを覚えておいてくださいね。

親子ともに英語力が認められて入学できる

名門インターナショナルスクールの中にも、現在過去数年で日本人やアジア人を多く入れすぎてしまったため、日本人の入学制限をかけている学校も多いです。

その場合、どうしたら他の受験生より上を行けるか?これは、親の英語力もかかってきます。いくらご家庭がしっかりして、大富豪のような方でも英語が全くできない親では、入学をお断りされているのが現状です。

無事に名門インターナショナルスクールから合格をいただけるといういことは、お子さんはもちろん、親の英語力も認められているということです。

英語力以外にインターナショナルスクールで親に求められるもの

英語はできて当たり前!のインターナショナルスクールですが、英語以外にも親が求められることがあります。

どれだけ学校の行事に積極的に参加できるか?

名門インターナショナルスクールでは、PTAのような組織があるところが多いです。ネーミングこそ違っていても、組織の内容は変わりません。

学校行事は、日本の学校以上にあります。幼稚園、小学校のうちから学園祭と同じようなフードフェアト呼ばれる催し物が年一度開催されるところが多いです。

その他にも、幼稚園、小学校では遠足、スキー旅行、校外学習、イベントごとに親の出番が出てくるところが多いです。学年が上がるにつれ、ボランティア度も少なくなりますが、幼少の頃は、率先してボランティアすることも求められます。

ボランティアの参加はとても重要

実際に、転校する際、願書の一覧に、親のボランティアについて書く欄がある学校が多いです。

前に通っていた学校で、どれぐらいのボランティアをしていたかなど書く欄もあるため、将来的に転校を考えている人には、率先してやるべきことの一つです。

外国籍、外国人が多い名門インターナショナルスクールは、ボランティアをする親がとても多く、他のインターナショナルスクールでは、極端にボランティアをしてくれる親が少ないところもあります。海外では、学校に限らず、ボランティア精神を幼い頃から養っていきます。

実際にインターナショナルスクールへ通う子どもは、ボランティアを多くしています。

日本の学校とやり方が違うことの理解も必要

インターナショナルスクールは日本教育と違う

そもそもインターナショナルスクールとは、外国籍の子ども達用の学校です。

算数など、アメリカ方式を取り入れている学校ではアメリカ式に、IBを取り入れている学校では、ヨーロッパ式に、カナダの方式を取り入れている学校ではカナダ式に。学校によってやり方が変わってきます。

実際に、算数などでは、センチメートルで教えるところから、インチなどアメリカ方式で教えている学校があります。

日本のやり方と違うことが多い算数は、日本での教育を受けてきた親にとっては、時には納得いかない回答になる時もあります。

なぜなら、算数では、答えが合っていればマルという考えは、海外の小学校では皆無です。途中経過を見るからです。

たとえ最終的な答えが合っていても、途中経過のやり方が間違っていたら、それはバツになってしまうのです。

最初慣れるまでは大変なこともありますが、日本のやり方ではないことも沢山あるということを認識することも親へ求められることの一つです。

希望するインターナショナルスクールのリサーチは忘れずに!

インターナショナルスクールとは、基本的には海外から日本へ仕事などの関係で数年間滞在する家族の子供のための学校として設立されています。そのため、日本人の家庭の子供が入学するのが難しいインターナショナルスクールも多いです。

インターナショナルスクールは、日本の学校ではありません。よって、インターナショナルスクールの小学校を卒業しても、日本の公立中学へ、インターナショナルスクールの中学を卒業しても、日本の公立高校への進学はできません。

私立有名小学校の中には、インターナショナルスクールの幼稚園を卒園しても入試ができないところもあります。

日本にありながらも海外の方式を取り入れているインターナショナルスクールは、よくリサーチしてから願書を出すことをお勧めします。

スポンサーリンク