家庭教師を検討するなら知っておきたい種類とメリット・デメリット

家庭教師の種類とメリット・デメリット

子供の成績をアップさせたい、勉強をもっとして欲しいと思ったときに、塾に通わせるか家庭教師にするか考えますよね。

塾は「通塾時間」というデメリットがありますが、家庭教師にはそれがありません。

ここでは、家庭教師の種類、そして塾ではなく家庭教師にした場合のメリット・デメリットについてご紹介します。

家庭教師の種類

家庭教師は個人で行っている人もいれば、プロの専門家庭教師、家庭教師派遣センターからの学生家庭教師と様々です。

個人の家庭教師

家庭教師センターや専門会社を通さず、個人の家庭教師をお願いした場合、最初にきちんとルールを決めておかないと後々に問題になりやすいです。金銭面や時間をきちんと決めておきましょう。

知り合いの有名大学の学生さんだからとお願いしても、家庭教師の経験がない場合は、期待外れになる場合もあるし、予想外に教え方が上手だったりする場合もあり、先が読めません。

個人にお願いするのであれば、子どもの相談相手にもなってくれるお兄さん、お姉さん的な存在でお願いしてみると良いでしょう。

プロの専門家庭教師

プロですから、自分の仕事の自信を持っている方ばかりです。

受験専門の家庭教師であれば、目標とする中学校の試験に熟知した指導をきちんとしてくれますし、補習専門の家庭教師であれば、苦手な科目を得意科目にしてあげるくらいの自信を持っている家庭教師が多いです。

長年のノウハウもたくさん持っているので、信用ができます。

プロの家庭教師は大体が大手家庭教師の派遣センターに所属する正社員です。常にアンテナを張っていますし、指導方法も学習方法も研究しています。正社員になるには、かなり厳しい難関試験を突破できないとなれない仕事です。

デメリットとしては、料金がかなり高いです。

学生家庭教師

プロの家庭教師に比べて、料金設定も安くなります。また大学生なので、子どもにとってもお兄さんやお姉さん的なので、年齢も近く親しみを持ちやすく勉強以外のことも楽しく話せる存在となるでしょう。

学生の家庭教師であっても、受験目的の家庭教師の場合は、有名大学の学生家庭教師が多いです。補習目的であれば、色々な大学の学生家庭教師がいます。

どちらにしても、きちんと家庭教師センターの講習も受けていますので、しっかりと学ぶことができます。料金設定も幅広いので、子どもの学習目的に沿った先生を選ぶと良いでしょう。

また例えば中学受験するのであれば、目指している中学出身の学生家庭教師を選べば、その学校の話も聞くこともできて、一段と勉強に励むようになるのではないでしょうか?

家庭教師のメリット

家庭教師は自宅に来てくれ、マンツーマンで指導してくれます。わからないことがあれば、その場で質問して、その場で解決できます。子どもが苦手としている科目を重点的に学ぶのか、受験を目指して、塾と同じような勉強を学ぶのか、家庭教師と家庭の間で決めることができます。

時間割りもないので、そのときの子どものペースに合わせ、科目も色々と学べることもできるというメリットもあります。また、学校とは違う身近な先生ということで、子どもも親しみやすく、友達感覚で色々な話や相談もすることができるでしょう。

家庭教師のデメリット

デメリットの一番は費用面です。塾と比べると、かなり高額になります。金銭的余裕がないと家庭教師はお願いできないというのが現実です。しかしながら、最近は、学生家庭教師の中では、低料金家庭教師として宣伝しているところもあります。

どの家庭教師を選ぶかは、ご家庭によりますが、たとえ高額な家庭教師をお願いしても、子どもにとっては良い先生ではない場合もあれば、学生家庭教師であっても、すばらしい先生である場合もあります。

家庭教師を頼むにあたって、大切なことは相性です。子どもとの相性がよくないと、勉強も伸びるはずなのに、伸びない可能性もあります。

相性が悪い場合は早めに先生を変えることも必要

家庭教師をお願いしてから数回は子どもに様子を聞き、合っていないなと思う場合は、早めに違う先生に変えることも大切です。また、塾と違って1対1なので、先生と仲良くなりすぎて、勉強以外の話で時間で過ぎてしまう場合もあるようです。

そして、他の生徒との接点がないので、自分が今どれくらいのレベルにあるかもわからないので、夏休み等には、塾の夏期講習に通ったり、休日には模擬試験や学力試験を受けてみたりする対策も家庭では必要になります。

最後に

家庭教師とはいっても人間ですので、合う、合わないの相性があります。子どもにぴったりな家庭教師に巡り合うことができたら、子どもの成長過程にとっても、学習面においても、過ごした時間は良い経験となります。

反対に合わない家庭教師であれば、早めに違う先生に変更したり、通塾に変えたりと対処が必要になります。

スポンサーリンク