小学校受験・中学受験のことならチャイビ

2017-08-02

私立中学の学費!卒業までに必要な費用と公立中学との学費の差

私立中学の学費

教育格差という言葉が生まれている中、中学受験を検討している親御さんは多いのではないでしょうか?では、子供を私立中学に入学させた場合、卒業までの3年間にいくら必要かご存じでしょうか?

統計データを元に、私立中学の学費、そして、公立中学との学費の差額についてご紹介します。

私立中学校の学費

卒業までの3年間に必要な学費

「平成26年度子供の学習費調査」では、私立中学校の学年ごとの学費が示されています。これらを合計し、3年間に必要な学費として計算してみます。

学年ごとの学費は、1年生が162万356円、2年生が115万2483円、3年生が124万4464円です。これらを合計すると、401万7303万円です。また、ここでの学費は授業料や部活動などの「学校教育費」、学習塾費などの「学校外活動費」、「学校給食費」に分けられます。

学年 学校教育費 学校外活動費 学校給食費 年間学費計
中学1年 132万5586円 29万0445円 4325円 162万0356円
中学2年 84万4530円 30万4038円 3915円 115万2483円
中学3年 89万8611円 34万1629円 4224円 124万4464円
3年間の総額 306万8727円 93万6112円 1万2464円 401万7303円

入学金などがかかる初学年での学費が最も高く、2年生になると学費は下がります。

一方で、3年生では再び増加する傾向があります。このうち、「修学旅行・遠足・見学費」は学年が上がるにつれて増加しています。中学校高学年になると修学旅行などが増え、学費が増加することを示しています。

また、学校外活動費の中では、学年が上がるにつれて学習塾費が増加しています。私立中学校ではそのまま高校へ進学するケースが多く、その場合は高校受験をすることはありません。

しかし、私立は学校進度が特殊な場合もあるため、きちんと塾に通って対応する傾向が多く見られます。また、中学校からすでに大学受験を視野に入れて勉強するケースもあるため、塾に通う傾向も強くなります。

私立中学の学費の傾向

私立中学校の全学年の学費の平均は133万8623円ですが、この平均額は近年増加傾向となっています。過去の「子供の学習費調査」6回分を見ると、私立中学校の学費の平均額は以下の通りです。

年度 私立中学の平均学費
平成16年度 約127万5000円
平成18年度 約126万9000円
平成20年度 約123万6000円
平成22年度 約127万9000円
平成24年度 約129万5000円
平成26年度 約133万9000円

平成16年度から20年度まで減少していましたが、その後増加に転じ、平成26年度まで増加傾向となります。また、過去6回の調査の中で平成26年度の学費が最も高くなっています。

この傾向の中、私立中学校の卒業までの3年間の学費も、近年は増加傾向にあると考えられます。

公立中学と私立中学の学費の差

授業料だけでどのくらい違うか

公立中学校では修学旅行費や教科書費などの学費がある一方で、授業料は無料です。しかし、私立中学校では毎年43万円程度の授業料がかかります。

「平成26年度子供の学習費調査」によると、私立中学校の学年ごとの授業料は、1年生が43万3165円、2年生が43万6030円、3年生が43万8543円です。これらを合計すると、130万7738万円です。

学年 私立 公立
中学1年 43万3165円 0円
中学2年 43万6030円 0円
中学3年 43万8543円 0円
3年間の授業料 130万7738万円 0円

公立中学校で授業料が無料なことと比較して、大きな差が生じます。

総額の学費でどのくらい違うか

「平成26年度子供の学習費調査」では、私立中学校の3年間の学費の総額は401万7303万円となります。同じく、公立中学校の学年ごとの学費を合計し、3年間の学費の総額とすると、次のようになります。

公立中学校の学費は、1年生が46万1999円、2年生が40万6587円、3年生が57万6238円です。これらを合計すると、144万4824万円となります。

学年 私立 公立 総学費の差額
中学1年 162万0356円 46万1999円 115万8357円
中学2年 115万2483円 40万6587円 74万5896円
中学3年 124万4464円 57万6238円 66万8226円
3年間の総額費 401万7303円 144万4824万円 257万2479円

公立と私立で3年間の学費の総額を比較すると、私立中学校は公立中学校の約2.8倍となり、両者の差は257万2479円となります。

総学費の差額について

公立と私立では、学校にかかる学校教育費の差が目立ちます。

公立は授業料が無料となり、私立と大きく差が生じますが、授業料以外の費用も私立の方が高い傾向があります。修学旅行費、PTA会費、教科書費といった多くの費用は、私立の方が高くなります。

一方で、学校給食費は公立の方が高くなります。3年生の学校給食費を例に挙げると、私立中学校では4224円ですが、公立中学校では3万7548円となり、公立の方が約8.9倍高くなっています。

私立中学校では弁当持参になる場合も多く、小学校と比較して学校給食費がかからないことが考えられます。

私立中学の学費について

私立中学に入学させた場合、卒業までに概ね400万円必要です。さらに、中学受験で私立中学へ合格するためには、塾へ通う必要があるでしょう。

入学してからの学費は400万円ですが、私立中学に入学させるためには、そのための塾代が必要です。子供の将来のために私立中学を視野に入れる場合、学習塾費をあらかじめ考慮することも重要です。

出典:
平成26年度子供の学習費調査の公表について
学年(年齢)別,所在市町村の人口規模(学科)別の学習費

スポンサーリンク

関連キーワード