小学校受験・中学受験のことならチャイビ

2016-12-27

浅野中学を受験するなら知っておきたい!偏差値や倍率、合格のために必要なこと

浅野中学

浅野中学の特色

浅野中学校・高等学校(以下:浅野中学)は、1920年に実業家の浅野總一郎により創立された学校です。

アメリカを視察した浅野が日本の教育を見て、教養主義に偏っているのを憂い、実学主義による幅広いバランスの取れた教育を行うという理念をもって創立された学校です。

「九転十起」「愛と和」を校訓としています。また、「神奈川男子私立御三家」の1つに数えられており、2016年は東大合格者数21位にランクインしています。

学校の沿革

1920年に、実業家の浅野總一郎により浅野綜合中学校が創立されます。1948年には、学制改革により、浅野綜合中学校を浅野中学校、同高等学校と改称します。2020年には創立100周年を迎えます。

施設

敷地内には、グラウンド、本館、中学棟、高校棟、講堂、生徒ホール、図書館、体育館、第1広場、多目的コート、部室、テニスコート(2面)、ハンドボールコートがあります。

2014年には開校95周年を記念し様々な施設が建設されました。なお体育館は県内有数の規模を誇り、アーチェリー場を除くすべての施設は公式試合を行う際の基準を満たしたものとなっています。

進学先

2016年3月卒業生の合格実績では、東大30名と東大合格者ランキングで21位にランクインしています。慶応義塾大152名、早稲田大153名と名門私立の名に恥じない合格実績を上げています。

学校周辺の環境

浅野中学校へのアクセスは、JR京浜東北線の新子安駅から徒歩8分、京浜急行の京急新子安駅から徒歩8分です。横浜駅から15分とアクセスしやすい場所にあります。

京浜工業地帯、横浜ベイブリッジを眼下に見渡す高台に位置し、曇天でもよく見えます。晴れた日には遠くに富士山を望むこともできます。

浅野中学の受験情報

試験日は平成29年(2017年)2月3日(募集人員270名)です。受験型は4教科型となっており、科目・時間・配点は次の通りになります。

  • 国語:50分で、120点
  • 算数:50分で、120点
  • 理科:40分で、80点
  • 社会:40分で、80点

合計400点満点で判定します。面接試験はありません。

浅野中学の偏差値と倍率

浅野中学校の偏差値は65。募集人員270名に対して受験者が1536名、合格者が612名で実質倍率は2.5倍です。

浅野中学の学費

入学手続きに必要な費用は次の通りです。

入学金 250,000円
授業料 444,000円
その他 368,100円
初年度合計 1,062,100円
中学3年間費用 2,500,300

浅野中学の入試問題と対策

算数

計算2問、一行問題7問、大問4問の構成になっています。

対策としては、まず、毎年出題される計算問題を確実に正解するために毎日の計算練習は必須です。

また、大問2の一行問題を速く正確に処理するためにも、典型的な問題の解法をしっかり習得する必要があります。

大問3以降では、「立体の切断」「場合の数」「約数・倍数」が頻出です。毎年、緻密な作業(作図、調べ上げ)を伴う問題も出題されていますので、式や図・考え方を丁寧に書いて問題に取り組む習慣を付けるとよいでしょう。

国語

形式としては、大問一が比較的取り組みやすい物語文、大問二が難度の高い随筆分でそれぞれ4,500~5,000字程度の長文が課され、小設問数はそれぞれ約10問となっています。

また、大問三で漢字の読み書きが10問出題されています。対策としては、まず、取り組みやすい大問一の物語文で不用意な失点をしないように、解答の根拠を意識して考える習慣をつけることです。

次に、大問二で難度の高い説明文・随筆文に対応できるよう、普段から新聞の社説などを読む練習をして大人向けの文章に慣れ、形式ごとの要点と全体の要旨を理解する練習をしましょう。

社会

形式は大問数が4題、小設問が40題前後となっています。また、大問4では120字程度の記述問題が出題されます。

知識問題は細かい部分まで問われるものが多く、重要語句の暗記だけでは対応しきれなくなっています。

また、歴史、地理、公民の関係がつながっていないと解きにくい問題も出題されるため、一問一答のような断片化された知識では正答までたどりつけません。

さらに、地図や図表・グラフの読み取りの問題が多く出題されるため、日頃の学習から地図帳を活用し、テキストの表やグラフに注目をして学習することが必要となります。

理科

大問4問、小設問35題前後の構成になっています。

知識問題は断片的な知識では対応できない問題も多く、選択肢から複数答えさせる問いになっているなど、しっかりした知識が必要となります。また、計算問題や実験に関する問題など難度が高い問題が出題されます。

対策としては、各単元の基本知識を暗記することが必要です。また、知識がバラバラにならないように単元の理解をしっかりとし、色々な角度から知識を整理することが必要です。

計算問題では複雑なものが多く出題されますので、条件整理や手順の整理をしながら解くことが重要になります。頭の中で解くのではなく、紙の上で問題を整理する練習をしましょう。

平成28年度 入試状況

科目 国語 算数 社会 理科 総合
配点 120 120 80 80 400
合格者平均 73.1 70.7 53.7 50.2 247.6
受験者平均 65.8 55.4 47.9 41.6 210.8

浅野中学合格のために必要なこと

浅野中学に合格するためには、しっかりとした受験知識を身につけることがまず大切です。

それも一問一答のような単純な暗記ではなく、背景知識も充実させながら、知識を活用していく訓練が必要になります。

一つの語句に対して、連想ゲームのように様々な知識を引き出せるようにしておくとよいでしょう。

また、受験知識ではなく自分で考えや考察する力を試すような出題が多く、実学主義の学校の特徴が良く出ています。

日頃から新聞やニュースで世の中の仕組みのことを考え、理科の実験などでも、疑問を持ち考察する訓練をする必要があります。

スポンサーリンク

関連キーワード