中学受験を続けるべきか辞めるべきか?中学受験を諦める家庭の4つの理由

中学受験を諦める子供

子供に中学受験をさせたいというご家庭は年々増えていますが、一方で、事情によっては、中学受験を諦めるケースも見られます。

中学受験は必須の受験ではないので、受験をやめたからといって問題があるわけではありません。

今回は、塾講師をしていた中で見てきた中学受験を諦める代表的な4つの理由について、ご紹介します。

子供が受験勉強にストレスを感じてしまっていた

受験勉強のストレスを拭えない

中学受験は、一般的には小学校高学年から勉強を続けます。

勉強期間が長くなるため、子供がストレスを感じる場合もあります。

受験勉強にストレスを感じても、比較的早く立ち直る子供もいます。

例えば、「ストレスに感じていた苦手分野が出来るようになった」「勉強が多くてストレスを感じていたが、やっぱり志望校に行きたいので、勉強を頑張りたいと思った」といった理由で、立ち直るようなケースです。

一方で、どうしてもストレスがなくならない子供もいます。

その場合、子供のために中学受験を諦めることも、れっきとした選択肢です。

冒頭でも述べたように、中学受験は必須の受験ではありません。

子供が強いストレスを感じているにもかかわらず、無理に受験勉強を続けることは好ましくありません。

中学受験に不向き

小学生のうちから受験勉強をすることが、子供に向いているとは限りません。

親が無理に中学受験を勧めたことで、子供がストレスに感じてしまったという事例はしばしば見られます。

また、子供が自分から中学受験を希望しても、実際に受験勉強をしてみたらストレスが大きかった、などのケースもあります。

このように、中学受験に不向きな子供もいます。

そして、中学受験は義務ではないので、受験に不向きだから悪いということは絶対にありません。

中学受験は、どうしても子供の成績・学力面に意識が向きがちですが、メンタル面にも注意することが大切です。

子供にとってあまりにストレスが大きい場合、一度受験勉強から離れ、中学受験を諦めることも重要な選択肢です。

中学受験する子供たちが抱える5大ストレスとその解消法

子供に中学受験へのモチベーションがなかった

中学受験で疲れている子供

親が中学受験を勧めても、子供がやる気になるとは限りません。

中学受験へのモチベーションがないと、子供の中で「なぜ勉強をしなくてはならないのか」という気持ちが生まれます。

なかなか成績が伸びず、結果として中学受験を諦める場合もあります。

最初から「この学校に行きたい」と強く考えている子供は、最初から受験しようという意思があります。

途中で成績が伸び悩んでも、モチベーションを維持して受験勉強を続けるケースが多いです。

また、最初はモチベーションがなくても、受験期間の中で「この学校に行きたい」という気持ちが生まれると、自然とモチベーションは上がります。

受験勉強をしようという意思が生まれるので、子供は自発的に勉強するようになります。

しかし、モチベーションがなかなか生まれないと、受験勉強を続けることは難しいでしょう。

中学受験は義務ではないので、子供にモチベーションがなければ、無理に受験させることは好ましくありません。

例えば、「仲の良い友達が公立の○○中学校に行くから、どうしてもそっちに行きたい」と考えている子供に中学受験を勧めても、子供にモチベーションは生まれません。

また、中学受験に対するモチベーションがなくても、子供が悪いということは絶対にありません。

中学受験に向く子、向かない子!

親の考える志望校と子供の志望校が合わなかった

志望校選びに苦戦

子供が「この学校に行きたい」と思えるかどうか

中学受験は、最終的には「この学校に行きたい」という子供の気持ちが第一です。

親が無理に受験校を勧めても、子供が「この学校に行きたい」と思わなければ意味がありません。

もし親の考える志望校と子供の志望校が合わなければ、子供が受験勉強に抵抗を感じ、中学受験を諦める場合もあります。

子供の状況を把握せず無理にレベルの高い学校を志望させてしまう

親の考える志望校と子供の志望校が違うことは、必ずしも悪いケースだけではありません。

例えば、子供の志望校のレベルが高く、成績から考えると合格が難しい場合、親としては少しレベルを下げた志望校を提案することもあるでしょう。

無理にレベルの高い勉強をすることで、子供がストレスに感じてしまうこともあります。

これを防ぐため、親の方から志望校のレベルを下げ、「この学校はどう?」と提案することは、むしろ好ましいことです。

親が子供の状況を把握しつつ志望校を変えることは、子供にとっても抵抗が少ないです。

この場合、中学受験自体を諦めることはなく、志望校を変えて受験勉強を続けることができるでしょう。

一方で、親が無理にレベルの高い学校を勧めたり、子供が志望していない学校を受験させようとすると、受験勉強はうまくいきません。

子供のモチベーション低下やストレスの原因となり、結果として中学受験を諦めざるを得ない場合もあります。

中学受験の志望校選び

中学受験の志望校選び!偏差値だけでなく試験内容からわかる学校との相性

子供のやりたいことを優先した

小学生はスポーツや習い事など、勉強以外にやりたいことも多いでしょう。

例えばサッカーチームなどに入っている子供はしばしば見られますが、チームによっては練習が厳しく、受験勉強との両立が難しい場合があります。

ピアノなどの習い事も、発表会などで練習が多くなれば、勉強時間の確保は難しいでしょう。

このような場合、子供が本当にスポーツや習い事を続けたいのであれば、中学受験をやめることも選択肢の一つです。

子供が中学受験もしたいと考えているのであれば、なんとか両立する方法もありますが、そこまで受験を希望していない場合、子供のやりたいことを優先する方が好ましいです。

中学受験する子供の習い事はどうすべき?両立させる、辞めさせる?

中学受験を諦めることはネガティブなことばかりではないのです

中学受験を諦める理由は、

  • 子供がストレスを感じた
  • 子供のモチベーションが上がらなかった
  • 親と子供で志望校が合わなかった
  • 子供のやりたいことを優先した

などが考えられます。

中学受験は必須の受験ではないため、子供がストレスを感じたり、モチベーションが上がらない場合に、受験をやめるという選択肢があります。

子供が望まない学校を無理矢理志望校にすることも、ストレスやモチベーション低下につながります。

そうなると、受験勉強を続けることは困難です。

受験を諦めることは、ネガティブな面だけではありません。

大きなストレスを感じていた子供が受験勉強から解放されれば、精神面で安定します。

そのうえで、もう一度一緒に進路を考えてあげれば、子供にとって大きな安心感があります。

モチベーションが上がらない場合も、「仲の良い友達が公立の○○中学校に行くから、どうしてもそっちに行きたい」といった理由であれば、受験をやめて公立中学校に行くことは、ポジティブな理由です。

また、子供が本当にやりたいことを優先し、中学受験をやめることも、長い目で見ると子供のためになります。

習い事などに熱中できれば、子供の豊かな感性につながるからです。

子供が本当に「この学校に行きたい」と考え、厳しい受験勉強にしっかりと対応する姿勢があれば、中学受験をすることは子供にとって大きな意義があります。

しかし、子供が抱えるストレスやモチベーションなども考慮し、中学受験を続けるかどうかを考えることも重要です。

子供の成績・学力面だけでなくメンタル面も意識し、検討する必要があります。

スポンサーリンク
中学受験を諦める子供