東京大学教育学部附属中等教育学校の気になる倍率や偏差値、合格のために必要なこと

東京大学教育学部附属中等教育学校の校舎

東京都中野区にある東京大学教育学部附属中等教育学校。東京大学教育学部の研究学校として、東大と連携をとりながら授業や行事、研究活動を行っています。

ここでは東京大学教育学部附属中等教育学校の特色や、検査内容、気になる倍率などをご紹介していきます。

東京大学教育学部附属中等教育学校の特色

東京大学教育学部附属中等教育学校は、国立の男女共学の中等教育学校です。東京大学教育学部の附属学校となります。

中等教育学校の形式のもとで、中学校に相当する前期課程(1年~3年)、高等学校に相当する後期課程(4年~6年)に分かれています。

東京大学教育学部附属中等教育学校では、「協働」をキーワードとして教科の学習の連携が行われ、「ことばの力」、「論理の力」、「身体・表現の力」、「関係の力」、「情報の力」の5つの力の育成が教育目標とされています。

「総合学習」と「教科学習」という取り組みが長年行われ、幅広い学習環境が整っています。近年では、新たに「探求的市民科」、「情報・技術科」、「生活デザイン科」という新教科も設定され、従来の教科との連携も行われています。

ふたごの研究が長年行われており、双生児の募集枠があります。1~2割の入学生はふたご及び三つ子となっていることが特徴です。また、各クラスに7人前後のふたご(あるいは三つ子)の生徒がいますが、ふたごの兄弟姉妹は同じクラスではありません。

また、東京大学教育学部の附属学校として、東京大学総長や副学長の特別授業、教授による講義など、東京大学との連携も行われています。

学校の沿革

1948年に東京大学附属中学校が発足し、1951年に教育学部に移管され、東京大学教育学部附属中学校・高等学校となりました。2000年には中等教育学校に移行し、東京大学教育学部附属中等教育学校となりました。

施設

主な施設は、本校舎、総合教育棟、体育館(プール・武道場・アリーナ)、グラウンド(野球場・サッカー場など)、テニスコート、中庭などがあります。

特別教室としては、大教室、社会科教室、理科実験室、芸術科教室、調理教室・被服教室、技術教室、CALL教室、OAコンピュータ視聴覚室、実習・実験室、小教室、多目的室、トレーニングルームなどがあり、充実した施設となっています。

進学先

2017年度の進学実績を見ると、東京大学2名、東北大学2名、一橋大学1名、早稲田大学6名、慶應義塾大学4名、明治大学5名といった実績が見られます。

学校周辺の環境

東京大学教育学部附属中等教育学校は、京王新線の幡ヶ谷駅から徒歩15分、東京メトロ丸の内線の中野新橋駅から徒歩10分、都営地下鉄大江戸線の西新宿五丁目駅から徒歩15分でアクセスできます。

また、新宿駅や中野駅からバスでアクセスすることもできます。停留所は、新宿駅から行く場合は「東大付属」と「南台一丁目」、中野駅から行く場合は「南台交差点」になります。

東京大学教育学部附属中等教育学校の受検情報

東京大学教育学部附属中等教育学校の入学検査は、単なる学力検査ではなく、総合的な知識、体験、実技などによる適正検査、作文、実技によって行われます。

推薦選抜

試験日

2017年12月18日(月)

検査内容

推薦選抜の検査は、作文を含む適性検査と面接です。

一般選抜

試験日

2018年2月3日(土)

検査内容

一般選抜の検査は、適性検査Ⅰ、適性検査Ⅱ、実技となり、推薦選抜で不合格になった場合でも受験できます。また、推薦選抜には双生児の募集枠は設けられていません。

一般選抜の検査内容に含まれる実技とは、体育ではなく、説明文を読むことや、図などを見て「紐を結ぶ」、「箱を作る」といった作業が、過去の検査で行われています。

過去問

東京大学教育学部附属中等教育学校の偏差値と倍率

偏差値

四谷大塚によると、東京大学教育学部附属中等教育学校の偏差値は、80偏差値で男子が51、女子が53となります。

倍率

2018年度推薦選抜の検査結果より倍率は次の通りです。

受検者 合格者 倍率
男子 181人 14人 12.9倍
女子 259人 16人 16.1倍

2018年度一般選抜の一般児の検査結果より倍率は次の通りです。

受検者 合格者 倍率
男子 162人 36人 4.5倍
女子 195人 34人 5.7倍

2018年度一般選抜の双生児の検査結果より倍率は次の通りです。

受検者 合格者 倍率
男子 25組 5組 5倍
女子 27組 5組 5.4倍
異性 6組 0組
三つ子 2組 0組

推薦選抜、一般選抜ともに、男子より女子の方が倍率が高くなります。

東京大学教育学部附属中等教育学校の入学後の学費

前期課程(中学生相当)は入学金や授業料はありませんが、行事費や教材費などの学年費はかかります。

1年生では約22万円とされています。

東京大学教育学部附属中等教育学校合格のために必要なこと

東京大学教育学部附属中等教育学校では、国語や算数といった試験科目ではなく、作文などが含まれる適性試験や実技となります。

適性検査は、一般的な科目となる国語、算数、社会、理科も内容に含まれます。一方で、規則の問題や資料の読み取りなどで、特殊な問題が出題されることもあります。また、作文も検査内容に含まれます。そのため、4科目の知識をつけたうえで、過去問を中心に対策をする必要があります。

また、実技では図や説明文などをもとに出題されるため、体育による実技ではありません。

このように、検査内容が特殊なため、過去問からきちんと傾向を把握しなくてはなりません。倍率は高めに推移しているので、傾向に合わせた対策を早めに行い、他の受検生と差をつけることが重要です。

スポンサーリンク
東京大学教育学部附属中等教育学校の校舎