大人だって間違える!子供が苦手な送り仮名と覚え方のコツを紹介

送り仮名の勉強

国語という科目の中で、苦手意識を持つ子供が多いのが漢字。

子供たちが壁だと感じるのは書き取りだけではありません。漢字の送り仮名も子供たちを悩ませます。

「これじゃダメなの?」「こんなに覚えるの?」

学年が上がるにつれて、子供たちの悲鳴も大きくなります。今回は子供たちが間違えやすい送り仮名と、その間違いを避けるコツをご紹介します。

間違えやすい送り仮名

「潔い」

漢字の読み仮名が「いさぎよ(い)」と四文字。他の字と比べて長いという理由から、違和感を覚えてしまうようです。
同じ理由で「承る」「著しい」も間違えやすいと言えますね。

恥ずかしい

「ず」を入れるか入れないかで迷います。「恥」は「はじ」と読むことを知っているから、余計に「恥かしい」と書きたくなってしまうという子供もいました。
「恥じる」という言葉を知っていると、間違える確率もグンと下がります。

断る

「断わる」と書いてしまいがちなのは、大人も子供も同じ。四文字の言葉なら二文字を送り仮名にしたくなる、という「文字のバランスで考えてしまう」子供もいました。

志す・志

どちらも読み仮名が非常に長いのが理由ですね。普段の生活で見聞きする機会が少ない言葉のため、尚更正しいか判別が難しいようです。

幼い

「食べ-ない」「押さ-ない」と同様に、助動詞の「ない」として考えてしまい、「幼ない」と間違えてしまいます。

このように、子供たちの間違え方にはある程度共通する理由があります。ポイントを押さえるだけで、一気に正しく書けるようになる可能性があるということです。

送り仮名の覚え方

1.活用してみる

送り仮名は「活用する部分を送る」のが基本です。

つまり、「書く」「書かない」「書いて」という風に、形の変わるところを送り仮名にするということです。

「書」の読み方が「かく」だったら、「書かない」は「かくかない」になってしまいますからね。

言葉の形を変えて、不自然なら間違っていると考えられます。例えば「開ける・開る」で迷ったら、「開く」という言葉があるから「開る」は不自然だと気づけますね。

形容詞は「~しい」が多い

「悔しい・嬉しい・悲しい・愛しい・難しい……」形容詞を並べてみると、「しい」を送るものが非常に多いことに気づきます。

「頼もしい・恥ずかしい」といったものもありますが、「頼む・恥じる」という言葉に置き換えてみると、「頼しい・恥しい」にならないことは一目瞭然です。

名詞と動詞で変わる送り仮名

間違えやすい送り仮名にもある「志・志す」のように、名詞と動詞で送り仮名が変わる漢字はいくつかあります。大人がよく見るのは「話・話す」「頂・頂き」ですね。

使い方で送り仮名が変わるという話を一度でもしておけば、子供もすんなり理解してくれます。

読み仮名の字数が多いものもあると理解する

間違えやすい漢字で多く出たのがコレ。「読み仮名が長いのは変」という思い込みです。三文字以上は違和感が出てくるようです。

「厳か」「謝る」「専ら」「尊い」など、「三文字の読み方+一文字の送り仮名」というパターンは多くあります。そういうものなんだと理解し受け入れることができれば、それだけで間違いは減ります。

身体で覚える

理屈を頭に入れたら、あとは何度も見て書いて慣れていくことが重要です。

正しいものに目が慣れると、間違ったものを不自然だと感じられるようになります。何も考えなくとも、手が自然に正しく書くようになります。

練習するときには、声に出して書くのもオススメです。例えば送り仮名は大きく読むなど、覚えるために工夫をしてみましょう。

練習問題に挑戦してみよう

間違えやすい送り仮名の漢字をを中心に、10の問題を用意しました。ぜひ挑戦してみてください。

1.はぐくむ
2.たしかめる
3.あぶない
4.すこやか
5.おとずれる
6.すみやか
7.しりぞく
8.しあわせ
9.あずける
10.さからう
※答えは一番下に記載しました。

まとめ

送り仮名はコツを知っているのと知らないのとでは、大きく差が付きます。

まずはコツを理解し、何度も練習!

正しく覚えるためには慣れることが大切です。練習だけでなく、丸付けの際も正しく書けているかをセルフチェックしましょう。

一度正しく覚えられれば、そのあとは間違えなくなります。小学校のうちに、正しい漢字の感覚を身につけたいですね

練習問題の答え

育む 確かめる 危ない 健やか 訪れる
速やか 退く 幸せ 預ける 逆らう

スポンサーリンク