小学校受験・中学受験のことならチャイビ

2016-10-13

インターナショナルスクールで行われる部活やスポーツのこと

インターナショナルスクールで行われる部活・スポーツ

日本の学校に部活動があるように、インターナショナルスクールも多彩な部活があります。

スポーツ系は、バレーボール、サッカー、陸上、バスケットボールなどが名門インターナショナルスクールには必ずあります。また、文科系は、音楽、語学系と色々と揃っています。

学校内の先生が教えてくれるものに関しては通常無料ですが、外部から講師を呼んで行う場合は、有料となっています。空手、茶道などは外部から講師を呼ぶことが多いです。

インターナショナルスクールで行われるスポーツは日本を知ってもらう役割も

日本文化を代表するような空手、茶道などの部活は外国人駐在員の子供たちに大人気です。

名門インターナショナルスクールでは、せっかく日本に駐在として来日している家族に、日本を知ってもらうという大きな役目も背負っています。

日本とはこんなに素晴らしい国だよ!と教えてあげれたらとても素敵なことですよね。

インターナショナルスクールはどんな学校と対戦するの

インターナショナルスクールは、通常日本の学校と学校のスケジュールが違うため、オリジナル対戦相手を持っています。関東では、関東10校というものがあります。この10校でスポーツ交流などをすることで、親睦を深めていく狙いもあります。

インターナショナルスクール関東10校

  1. アメリカンスクール イン ジャパン
  2. ブリティッシュスクール イン 東京
  3. 西町インターナショナルスクール
  4. 清泉インターナショナルスクール
  5. セントメリーズインターナショナルスクール
  6. サンモールインターナショナルスクール
  7. クリスチャンアカデミー イン ジャパン
  8. 青葉インターナショナルスクール
  9. 聖心インターナショナルスクール
  10. 横浜インターナショナルスクール

この10校の他にも、インターナショナルスクールは関東にありますが、あまり部活動に協力的ではない学校も存在しています。

子供が小さなうちは、あまり部活動などは考えることがないかと思いますが、子供はスポーツが大好きです。せっかくの学生生活を楽しいスポーツで青春を楽しませてあげたいですね。

インターナショナルスクールによっては部活やスポーツが盛んでないところも

インターナショナルスクールによっては部活やスポーツが盛んでないところも

残念ながら、学校によっては、部活動が先生との契約時間買いにあたるため、余分な出費を拒んでいるところもあります。先生たちのお給料がどのような形態で支払われているかにもよりますが、時間外として残業代を払えないと言っていた学校も事実存在しています。

関東10校に関しては、お互いの学校でスポーツの対戦を放課後、週末などに行っています。海外のスポーツは、シーズンのみになるため、例えば、サッカーなどは9月から始まり、1月で終わることがあります。

インターナショナルスクールの世界はとても狭いです。お互いの学校に知り合いがいることが多く、試合と言えども、友人がいるので、とっても楽しみな時間になります。インターナショナルスクールは、6月初旬から8月中旬まで夏休みになるため、この期間は日本の学校のような夏休みの部活動はありません。

米軍基地内でのスポーツ対戦も

座間には米軍基地があります。米軍基地は、通常、部外者は全く入れず、唯一入れるのが、座間キャンプが主宰するフレンドシップデーなどになりますが、これは年に一回です。

座間キャンプ内の学校は、アメリカ基地内の学校のため、インターナショナルスクールという位置付けにはなっておらず、関東10校には入っていません。

スポーツ交流は頻繁に行われていますが、全部のインターナショナルスクールが入れるというものではありません。しかし、古くから良好な関係を築いている、名門の大きなインターナショナルスクールは、座間キャンプ内でのスポーツ対戦、交流に呼ばれることが多いです。

米軍基地には入るには手続きが必要

毎週のように、座間キャンプ内の学校で陸上の試合があるので、行ったことがありますが、事前の手続きはとっても大事です。学校を通しての手続きになりますが、まずは、生徒、親、そして、応援に行くと思われる兄弟姉妹などのパスポートのコピーを提出し、正式な手続きをとる必要があります。生徒のみならず、応援に行く家族全員のものが必要になります。

学校から行く場合、生徒は通常スクールバスなどでいきますが、自家用車で行く場合は、米軍基地へ先に車両の登録も必要になります。当日は、パスポートを持参し、身分証明書の確認が必要です。

座間キャンプは、スポーツのみならず、ボーイスカウトのキャンプなどにも使われています。残念ながら、国籍によっては、子供は全員入れても、大人が入れない国があります。基地の中は、まさにアメリカです。ドル、円の両方が使えますが、中のビルなど、まさにアメリカです。余談になりますが、アメリカのスーパーなどがそのまま入ってきていて、値段もアメリカの価格そのままなので、ぜひお買い物をしたいところですが、残念ながら入ることができません。

ボーイスカウトは、大きな名門インターナショナルスクールに付属しているところが多いです。日本の学校とスポーツ交流をするインターナショナルスクールもありますが、いずれも近隣の学校と良好な関係を築いていないと難しいです。

スポーツをやらせたいなら、ぜひ大きなインターナショナルスクールを

スポーツをやらせたいなら、ぜひ大きなインターナショナルスクールをお勧めします。他のインターナショナルスクールや座間キャンプのような米軍基地内で対戦、交流できることは、子供にとって貴重な体験になるはずです。

スポンサーリンク

関連キーワード