便利でお得なネットスーパーおすすめ5選と上手な活用術

携帯でお買い物をする

忙しい週末はゆっくりとしたいけど、食材や日用品のお買い物、実際お店に行くと意外に時間がかかりませんか?子供の帰宅前に、仕事帰りにスーパーへ寄ろうと思っても買い物する時間を捻出することが難しいこともありますよね。

スーパーでそんなに買ったつもりがないのにレジで合計金額をみてビックリ!なんて経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな時、ネットスーパーなら通勤時間、休憩時間、家事の合間、子供が寝静まってからゆっくりお買い物が出来、時間の節約にもなりますよね。また合計金額がすぐにわかるので、家計の管理もでき、余計なものを買わずに計画的にお買いものが出来ます。時間とお金、両方の節約につながります。

ここでは、各社のネットスーパーのおススメポイントとネットスーパー活用術をご紹介します。

これからネットスーパーを利用してみようかなと考えられていたら参考にしてみてください。

1.Oisix

お仕事をしているママや乳幼児期のお子さんがいるママは料理を作る時間と格闘していませんか。

そんな時こそ、食材キットですぐに夕飯が作れるのはとても助かりますよね。ここでは、有機野菜を中心に全国宅配を行っているOisixの宅配サービスをご紹介します。

食材キットですぐに料理が出来上がる!

Oisixでは、食材を購入することはもちろん、ホームページに料理のレシピが載っていて、その中から作りたい料理を選択するとその料理に必要な材料を宅配してくれます。

しかも食材が切ってあったり調味料もついてくるので、あとは家にある簡単な調味料を加えて調理すれば料理が完成する状態になっています。簡単に美味しい料理が作れ、見た目も彩よく綺麗です。

メニューを考えなくてもいいので時間の短縮にもなるので忙しい主婦にとってはとてもありがたいネットスーパーです。

また離乳食についても、月齢に応じたおすすめメニューが記載してありとても便利です。

さらに入会費・年会費も無料なので気軽に利用を始めることができるのでとてもおすすめです。

2.CO-OP

決まった曜日に週に1回自宅へ宅配をしてくれるCO-OP。

送料は妊娠中からお子さんが3歳未満までは買い物金額に関わらず無料です。自社製品のお手頃な価格設定ものからちょっといいこだわり商品まで幅広く商品がそろっています。

CO-OPは食品から日用品までなんでもそろう!

CO-OPの宅配サービスでは、野菜の生産者がわかるように紹介がされています。

生鮮食品では、お肉は冷蔵のものと冷凍の種類があります。お値段を少しスーパーより高いですが、どちらも新鮮で美味しいです。冷凍でくるものは小分けにしても使いやすいです。お魚は冷凍で届きますが、鮮度がいいです。

幼児用商品のネットチラシには離乳食の月齢に合わせた調理例があるので、小さいお子さんがいる家庭には便利です。月齢にあわせてどのくらいの軟らかさのものをあげていいかなども参考にできるので、離乳食本かわりにもなります。

食品の他にオムツ、トイレットペーパー、お鍋など日用品も購入出来るのもおすすめポイントです。また、わけあり商品コーナーでは、流通過程のケース端数の売切りというもので、個数は限られますが、良い商品を安く購入することができます。

3.イトーヨーカドー

イトーヨーカドーネットスーパーは、午後4時から5時の一時間を除けば、一日23時間好きなときにインターネットから簡単に注文ができます。

朝に注文すれば当日のお昼から夕方には届くという利便性の良さが大変魅力的です。

商品のカテゴリー分けもしっかりされていて、買いたい商品も一発で見つけることができるので、注文時にも手間がかかりません。サイトが見やすいという点もおすすめです。

セール商品が売り切れちゃう!という心配は無用

チラシに掲載されている特別価格で売られる商品は、セールが始まる前日の17時から注文することができるのですが、これがとてもお得です。

セール当日、開店と共に行かないと店頭ではすでに商品が無くなっているということもありますが、前日にネットからの注文をしておけばその心配もありません。

また、同社のセブンプレミアムシリーズがお気に入りの方もネットスーパーで購入が出来ます。

一定金額以上で送料は無料になります。配送時にも常温、冷蔵、冷凍で分けて持ってきてもらえるので、そのまま冷蔵庫や冷凍庫に保管する事も可能です。

4.西友

西友ネットスーパーのおすすめな点はまず午前10時から2時間刻みで配達時間を指定ができるところです。

忙しいとなかなか都合がつく時間がないのが現状ですが、細かく時間設定されていると選択肢も広がり、待つ時間も短縮されると助かりますよね。

セーブ会員になるとさらにお得にお買い物が出来るメリットがある

お酒、お米、食料品、日用品まですべて西友ネットスーパーでまとめて購入出来るのも便利です。

5,000円以上購入すると送料が無料になります。毎回毎回注文するごとに送料がかかると、1年間トータルで結構お金がかかりますよね。食料品や日用品などをまとめて5,000円以上購入しておけば送料分お得になります。

また、一般会員の他にセーブ会員(月額190円)に登録するとセーブ会員価格で一般会員価格よりお得にお買い物ができるメリットがあります。お米は値引き価格が高いので、セーブ会員(月額190円)を検討されてみてもいいかもしれません。

5.イオン

イオンネットスーパーは、ショッピングモール大手であることから、食料品の扱う量が多い特徴があります。スーパーで食材を買うときは、ドレッシングひとつでも銘柄にこだわりがある方などは種類が豊富に用意されているイオンはおすすめです。

イオン店頭で販売している食料品だけでなく日用品も取り扱いがあるので紙おむつやトイレットペーパーなどかさばるものを購入するときに便利ですね。

また、プライベートブランドが充実しているので、日用品を上手く活用すれば家計の節約につながります。

なんとイオンのネットスーパーではサイトの入力フォームに希望の調理内容を入力しておくと調理をしておいてくれます。例えば魚を買った後に内臓を抜くのが苦手な場合、入力フォームに内臓を抜いてほしいという旨を入力しておくときちんと内臓が抜かれた魚が送られてくるので、調理の負担が減るので助かりますね。

店頭価格で特売品購入が!さらにマイレージが貯まる特典も

店頭と同じ価格で販売していて火曜日の特売品も特売価格で購入できます。火曜日の特売は月曜日の15時から受付を開始しているので注文する人が多く、早めに注文を完了しないと火曜日では当日配送が不可になる場合があります。火曜日の特売価格で購入したい場合には早く注文することがおすすめです。

イオンではWAONという電子マネーが使用でき、クレジット支払いにすればポイント付与が倍につきます。さらに特典が豊富で、航空系のマイレージに一定のポイントを交換することも可能です。

イオンネットスーパーでは、買ったものが5,000円以上で、送料が無料になります。

ネットスーパーの上手なおススメ活用術

ネットスーパーを利用すると雨の日や雪の日は無理して外に出るよう必要もなく、家にいるだけで欲しい物が届くので非常に便利です。店舗にいかなくても特売日にはお得な価格でネットで購入しておくと節約にもつながりますね。

以下のネットスーパーの4つの上手な活用方法を参考にしてお得に便利にお買い物時間を楽しんでみてください。

隙間時間を活用する

通勤時間や子供の習い事などの待ち時間、仕事の休憩時間などちょっとした隙間時間にお買い物をすると時間の節約につながります。少しの空いた時間にボタン一つでいつでもお買い物が出来るのは便利ですね。

買い物の無駄を省く

スーパーで買い物をすると予想以上に買いすぎてしまい、レジで戻すわけに行かず予算を大幅に超えてしまった経験はありませんか。

ネットスーパーなら余計なものを買わずに済むので、予算内で買い物をすることが出来ます。

予算を超えてしまったら一度冷静になり、本当に必要かどうか購入ボタンを押す前に確認が出来るので買い物の無駄が省けます。

余計なものを買わずに済むので、結果的には節約にもつながります。

送料を無料にする

ネットスーパーにより様々ですが、せっかくネットスーパーで買い物するなら送料無料にしない手はありません。

今すぐ必要なものだけでは送料無料の金額に到達しない場合は、これから先必ず使うもので賞味期限や消費期限の長い商品を選んでプラスすることをおすすめします。

重い物を頼む

お米やペットボトル、お酒、洗剤などの重い物を一度に買うと、車があったとしても積み下ろしだけでも一苦労です。

ネットスーパーなら配達員さんが玄関先まで届けてくれるので、重い物の積み下ろし、家までの持ち運びが解消されます。

ネットスーパーは主婦の味方

スーパーへ行くと実際の商品を手に取り見て選ぶことが出来ますし、すぐに商品が使えるというメリットがあります。

しかし、小さいお子さんと一緒の場合はなかなかゆっくり商品を選ぶことが出来ないですし、抱っこしながらスーパーで買ったものを両手いっぱいに持って帰るのは大変ですよね。

体調が優れない時、仕事が忙しい時、お米など重たいものを買った時、天候にも左右されず便利にお買い物が出来るネットスーパーは主婦の味方といえるのではないでしょうか。

ネットスーパーは各社様々な特徴があります。現在の生活環境に合うネットスーパーを見つけてみてください。

検討されている家庭がありましたら一度ネットスーパーを一度試してみられることをおすすめします。

スポンサーリンク
携帯でお買い物をする