私立小学校に必要な学費について!公立小学校といくら違う?

私立小学校の学費

子供を私立小学校に行かせるためにはいくら必要なのかご存知でしょうか?

今回は私立小学校を卒業するために必要な学費、また公立小学校との学費の差額について、文科省の統計データをもとにご説明します。

私立小学校の学費

文部科学省の統計調査、「平成26年度子供の学習費調査」では、私立小学校の学年ごとの学費が示されています。これらを合計し、6年間に必要な学費を計算してみます。

なお、この調査における学費は、授業料などの「学校教育費」、学習塾費などの「学校外活動費」、そして「学校給食費」を合算したものになります。

卒業までの6年間に必要な学費

学年 学校教育費 学校外活動費 学校給食費 総学費
1年生 125万4181円 56万1980円 4万6942円 186万3085円
2年生 76万2116円 50万4582円 4万5206円 131万1904円
3年生 78万1125円 52万1384円 4万5985円 134万8494円
4年生 80万5048円 61万5991円 4万7072円 146万8111円
5年生 83万8117円 67万3813円 4万6746円 155万8676円
6年生 88万0457円 73万9952円 4万4666円 166万5075円

6年間の総額費を合算すると、私立小学校を卒業するまでに必要な学費は921万5345万円となります。

学費は入学金がかかる初学年で最も高くなり、その後は安くなりますが、高学年になるにつれて徐々に高くなっています。

入学時に必要な学費

平成26年度の私立小学校の初年度にかかる学費は186万3085円です。

これは、私立の小学校、中学校、高校のそれぞれの学年における学費の中で、最も高い数値です。

初年度は入学金もかかるため他の学年と比較すると特に多くの金額がかかることになります。

学校教育費について

学校教育費のうち「修学旅行・遠足・見学費」は学年が上がるにつれ増加傾向にあります。これは、高学年になると修学旅行などが増えるため、その分金額が上がる傾向を示しています。

学校外活動費について

学校外活動費を見ると、学年が上がるにつれて学習塾費が増加する傾向があります。

例えば私立小学校の1年生での学習塾費は9万4956円ですが、6年生では39万2624円に上り、1年生から6年生で約4.1倍増加しています。

私立小学校の場合、中学や高校と付属の小学校でも塾に通うケースが比較的多く、学年が上がると塾にかかる費用も多い傾向が見られます。

私立小の学費の傾向

平成26年の私立小学校の全学年の学費の平均は153万5789円ですが、「子供の学習費調査」によるとこの平均額は近年増加傾向にあります。

年度 私立小学校の平均学費
平成18年度 約137万3000円
平成20年度 約139万3000円
平成22年度 約146万5000円
平成24年度 約142万2000円
平成26年度 約153万6000円

平成24年度で一度下がりましたが、平成26年度で再度増加し、過去5回の調査の中では最も高い数値となっています。

このため、私立小学校の卒業までの6年間の学費も、近年は増加傾向にあると考えられます。

私立小学校と公立小学校の学費の差

「平成26年度子供の学習費調査」では、私立小学校の6年間の学費の総額は921万5345円でした。同じく、公立小学校の学年ごとの学費を合計し、6年間の学費の総額とすると、次のようになります。

公立小学校の学費

学年 学校教育費 学校外活動費 学校給食費 総学費
1年生 101270円 21万2948円 4万2590円 35万6808円
2年生 3万3758円 16万6801円 4万3285円 24万3844円
3年生 4万233円 19万3423円 4万3523円 27万7179円
4年生 4万138円 22万0880円 4万3006円 30万4024円
5年生 5万1902円 23万1541円 4万3646円 32万7089円
6年生 8万6507円 28万5922円 4万3010円 41万5439円

6年間の総額費を合算すると、公立小学校の6年間の総学費は192万4383万円となります。

私立小と公立小との学費の差

公立と私立で6年間の総額を比較すると、以下の通りになります。

私立 公立 差額
6年間の総額 921万5345円 192万4383円 729万962円

私立小学校は公立小学校の約4.8倍となり、729万962円の差があることになります。

公立と私立では、学校にかかる学校教育費にどうしても差が生じます。また授業料以外でも修学旅行費やPTA会費、教科書費など、様々な費用においても私立の方が高くなります。

6年生の学習塾費を例に挙げると、公立小学校では10万9568円、私立小学校では39万2624円となり、私立の方が約3.6倍高くなります。

一方で、学校給食費は私立の方が若干高い程度で、あまり違いは見られません。6年生の学校給食費を例に挙げると、公立小学校では4万3010円、私立小学校では4万4666円となり、あまり違いはありません。

まとめ

子供を私立小学校に行かせようと考えた場合、6年間の学費は授業料だけでなく、学校外での費用も考慮する必要があります。

特に私立小学校では学校進度が特殊な場合もあり、それにきちんと対応するため塾に通うケースも多く見られます。塾なども合わせてトータルでの費用を考慮することが重要です。

スポンサーリンク
私立小学校の学費