子供にガムを噛ませよう!噛むことで子供の脳は発達する!

ガムを噛む親子

子育て中のママ達は、「甘いものは虫歯の原因です。子供に甘いものをあげないようにしましょう。」という話をよく聞くと思います。

砂糖は虫歯の要因です。そのため、砂糖を控える事は合っています。

しかし、子供は活発なエネルギー代謝により、3度の食事だけではエネルギーが足りません。

おやつが必要となります。そして、子供の舌の味覚はまだまだ未熟であり、甘い物=美味しいと認識されます。これにより、子供は甘いものが大好きです。

駄菓子売り場には、飴やガムやスルメやグミ等甘いものがよく置いてありますが、子供の顎の発達を促すため、ガムをあえて与えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、ガムを与えること、与えるならどの様なものが良いのか解説していきます。

噛めば噛むほど何が起こる?覚えておきたい標語

「卑弥呼の歯がいーぜ」という標語をご存知でしょうか?

噛む事による効果の語呂を合わせて作られた言葉です。噛めば噛むほど以下の8つの効果が得られます。

ヒ・・・肥満予防

よく噛む事で、脳の満腹中枢が刺激され、食べ過ぎを予防します。

ミ・・・味覚の発達

よく噛み、味わう事で、食べ物の味がよく分かります。

コ・・・言葉の発音がハッキリする

口の周りの筋肉が発達し、表情が良くなり、口を大きく開けてハッキリ話す事が出来ます。

の・・・脳の発達

噛む運動で、脳細胞の働きを活発にします。子供の知育や高齢者の認知症予防になります。

は・・・歯の病気を防ぐ

よく噛むと唾液が多くなり口の中が綺麗になります。唾液の働きで虫歯や歯周病の予防になります。

が・・・ガン予防

唾液に含まれる酵素には、発ガン性物質の発ガン作用を消す働きがあります。

い・・・胃腸の働きを促進

よく噛むと、消化酵素が多く出て消化を助けます。

ぜ・・・全身の体力向上、全力投球

力を入れて噛みしめたい時に、大きな力が出ます。

ガムは虫歯になる可能性が高くなる!?

子供に人気のガムは、砂糖を含みとても甘く作られています。

砂糖は、虫歯菌のエネルギーとして代謝され、その時にネバネバした糖と、歯を溶かす酸を出します。

甘いガムをいつまでもいつまでも噛み続ける事で、その分虫歯菌が酸を産生する時間が長くなり虫歯になる可能生は高くなります。

虫歯菌はキシリトールで善玉菌に変わる

しかし、この虫歯菌にキシリトールを与える事で活動は弱まります。

虫歯の原因菌であるミュータンス菌は、砂糖(スクロース)を取り込み代謝してエネルギーに変えます。

その代謝の過程で産生されるのが、グルカン(ネバネバした糖)と乳酸(歯を溶かす酸)です。

ミュータンス菌はキシリトールも取り込みます。しかし、キシリトールは、代謝してエネルギーにする事が出来ません。

つまり、活動は弱くなり、歯を溶かす乳酸も産生されません。

ミュータンス菌は、キシリトールによって人に害を及ぼさない善玉菌に変わるのです。

年齢別、子供の歯磨きの注意点!正しい磨き方で虫歯を予防しよう

2018.11.09

虫歯予防にも!オススメのガム商品

よく噛む事は、とても体にいい働きがありますが、虫歯になっては元も子もないですよね?

最近は、虫歯を予防するガムが多く販売されています。その中から、お勧めしたい商品をご紹介します。

キシリトール配合100%!Oral care「キシリトールガム」

甘味料として、キシリトールが100%含まれています。

キシリトール配合ガムは、キシリトール成分が50%以上含まれているものではないと意味がありません。

他の糖質で甘味を補っていると、結局虫歯菌に代謝されて酸を産生させてしまいます。

シュガーレス!GC 「リカルデント CPP-ACPを2倍配合」

甘味料にキシリトールを含む代替甘味料が使われているため、シュガーレス(糖類が食品100g中0.5g未満)です。

CPP-ACPとは、脱灰(酸によって歯質からミネラルが溶け出す事)を抑制し、再石灰化(脱灰によって溶け出したミネラルが再吸収される事)が促進され、更にその部位を酸に対して強くする成分です。

歯科専売品のリカルデントは、CPP-ACPが一般販売の物に比べ2倍の量が配合されており、歯質の再石灰化を促進させるガムです。

但し、このガムは牛乳からCPP-ACPの成分を摘出されているため、牛乳アレルギーの方は摂取を控えて下さい。

カルシウムとフッ素が配合!江崎グリコ 「PO s- C a F」

このガムもシュガーレスであり、リン酸化オリゴ糖カルシウム(PO s- C a)が配合されています。

PO s- C aは、じゃがいもから摘出された成分であり、水溶性カルシウムです。

また、緑茶に含まれるフッ素も配合されており、噛めば噛むほど唾液中にカルシウムとフッ素が溶け込みます。

このカルシウムとフッ素により、歯質の強化と再石灰化を促進させます。また、味が長持ちするように作られています。

まとめ

噛むことはとても良いことです。よく噛む事は、顎の発達から脳の発育まで繋がります。

ガムは最も手軽な、トレーニングの手段です。

ご紹介したガムは、砂糖は含まれていませんが、しっかり甘味があり、それぞれミント以外にフレーバーが作られています。

これらの商品を使うことで、顎の発達や脳の発育以外にも虫歯の予防を助けます。一石三鳥なこれらのガムを、是非試してみてください。

スポンサーリンク
ガムを噛む親子