女子学院中学を受験するなら知っておきたい!学校の特色や受験情報、入試対策

桜蔭、雙葉と並ぶ、女子御三家の1つ女子学院中学校。女子学院中学の特色や偏差値、倍率、学費などの受験情報、そして合格のために必要なことについてご紹介します。

女子学院中学校の特色

女子学院中学校は、1870年に創立された伝統のある中学校です。女子学院高等学校を含め、女子学院は中高一貫校となっています。

キリスト教精神を基盤とし、自立した女性の育成を実践する教育が行われています。生徒と教職員全員が毎朝礼拝を行い、学校生活の一日が始まります。

女子学院は高等学校での生徒の募集は行わない完全中高一貫校で、いずれの教科も中高6年間で完成するカリキュラムが組まれています。また、キリスト教系の独自の学校教育として、各学年に聖書の時間が置かれています。

女子学院では、生徒の自主性や自立を尊重する校風が特徴です。制服や細かい校則が設けられておらず、自由な校風となっています。生徒会やクラブ活動においても、自主的な活動が多く行われています。また、自ら学ぶこととして、授業でも実験や観察、体験、ディスカッションが多く設けられています。

学校の沿革

1870年、ジュリア・カロゾルス氏によって築地居留地にA六番女学校が設立されたことが、女子学院の始まりとなります。そこでのキリスト教精神はB六番女学校(後の新栄女学校)・原女学校に引き継がれ、1890年には桜井女学校が新栄女学校と合併し、校名を「女子学院」とし、現在地に校舎を新築移転しています。

1920年には現在の大学教育にあたる高等科を東京女子大学に統合しています。以来、中等教育として中高一貫での教育が現在に至るまで行われています。

 

進学先

2017年3月卒業生の代表的な進学先としては、国立大学では東京大学32名、一橋大学10名、私立大学では早稲田大学112名、慶應義塾大学68名、上智大学46名など、難関校への進学実績が豊富です。

学校周辺の環境

女子学院中学校は、四ツ谷駅、市ヶ谷駅、麴町駅、半蔵門駅からアクセスが可能です。最も近い駅の麴町駅をはじめとして4つの最寄り駅があり、アクセスに便利な場所にあります。

女子学院中学校の受験情報

平成29年の試験日は2月1日で、午前は筆記試験、午後は面接とでした。募集人員は240名です。選抜は、筆記試験、グループ面接、小学校校長の報告書により判断されます。

試験科目と配点

科目 試験時間 配点
国語 40分 100点
算数 40分 100点
社会または英語A 40分 100点
理科または英語B 40分 100点

筆記試験は国語・算数・社会・理科の4教科型で、時間と配点はいずれも40分で100点となります。グループ面接は本人のみで、人数は5人位、長さは10分程度で行われます。

偏差値

女子学院中学校の偏差値は69です。難関中学校の一つになります。

倍率

2017年度の受験者数は652名、合格者数は278名です。倍率は2.3倍になります。

女子学院中学校の学費

女子学院中学校の入学後の主な学費は、入学金が380,000円、授業料が492,000円となります。

初年度は施設費などを加えて560,740円、年学費は授業料も含めて551,880円となり、初年度の納付金としては1,112,620 円となります。

中学校3年間の学費としては、初年度の納付金に2年生、3年生の学費2年分を加え、約222万円となります。

女子学院中学校の入試問題と対策

算数

40分の試験時間の中で大問は6問程度、小問は20問程度となり、問題数が多い傾向があります。大問1では計算問題や図形、面積の小問が多く見られます。ここで時間をかけず、かつ正確に解答したうえで、大問2以降の問題を解く時間をきちんと確保しておくことが重要です。

難問というより、標準レベルの問題を正確に、かつ短時間で解くことが求められます。特に図形の問題が多い傾向があります。表面積や体積、展開図など、頻出単元を正確におさえておくことが求められます。

算数の問題は標準レベルが多いですが、受ける受験者のレベルを考えると、ケアレスミスは絶対に避けたいところです。

国語

試験時間40分の中で大問は3つあり、読解2問、漢字1問という構成が近年続いています。読解問題は論説文や随筆文が多く、小説は少ない傾向があります。

論説文や随筆文が多いため、語彙力や語句の類推力が求められます。また、論理展開をきちんと把握し、内容理解を深めることが重要です。これらは日ごろからの演習が重要になります。

論説文や随筆文は確かに語彙が難しい傾向がありますが、解きなれていると、ある程度語句の類推力が身につきます。内容理解も含め、きちんと演習を重ねることが重要です。

社会

試験時間40分の中で、大問4問程度、小問は60問から70問、多いときは80問程度が出題され、問題数が多い傾向があります。問題の難易度も高めとなっているので、まずは基本問題を速く正確に解答することが求められます。

地理と日本史では、表やグラフ、地図から情報を読み取る問題が多い傾向があります。これらの問題は、資料から読み取った情報と知識を照らし合わせて解答することが重要です。短時間で資料を正確に読みとる必要があるので、普段から資料問題に解きなれている必要があります。

理科

試験時間40分の中で、大問4問程度、小問60問程度が出題され、問題数が多い傾向があります。

社会同様に、グラフなどの資料を読み取る問題が比較的多く見られます。また、計算問題も多く見られるため、ここで正確に解答する必要があります。

とにかく試験時間に対する問題数が多いので、特に計算問題では確実に点に結びつけることが重要です。資料問題では、実験や観察などの問題に慣れておく必要があります。

女子学院中学校合格のために必要なこと

女子学院中学校では合格最低点が公表されていませんが、受験者のレベルを考えると75%は正確に解答したいところです。

全体的に試験時間に対する問題数が多いため、短時間で速く正確に解くことが求められます。普段から時間を意識し、スピードと正確さを両立する演習が必要になります。

また、女子学院中学校は社会も理科も、国語と算数同様に100点満点となります。4科目をまんべんなく対策することが重要です。

スポンサーリンク