幼児期からの英会話教室!子どもを英会話教室へ通わせて語学力を伸ばす方法とは

英語を学ぶ子どもたち急速なグローバル化が進み、外国語を用いてコミュニケーションを図ったりと様々な機会が増えたことによって、外国語、特に英語の運用能力が社会の様々なシーンで求められるようになってきました。

またそれに伴い、「幼少期のうちから英語に親しみ、国際社会でグローバルに活躍できる子に育ってほしいな」と願う親御さんも増えつつありますよね。

英語教師の経験から、幼少期のうちから英語教育を始めることや英会話教室に通わせることのメリットをみていきましょう。

また語学力を伸ばすために親御さんに押さえておいてほしいポイントなどについてご紹介していきます。

早期英語教育を取り入れることのメリットとは?

「自分は英語の勉強が苦手で苦労してきたから、自分の子どもには小さいころから英語を習わせておきたいな」と早期英語教育に興味や関心を持っている親御さんも少なくないのではないでしょうか。

また、2020年度から小学校中学年(3・4年生)で外国語活動が必修化され、高学年(5・6年生)で「英語」が教科化されることを受けて、英語の学習に家庭で取り組む必要性を感じている方も多いのではないかと思います。

「そんなに焦らなくても、学校で勉強が始まってからでも遅くないのでは」という意見もあるかもしれません。

しかし、英語が「言語」であることを踏まえると、実は早期に取り組むに越したことはありません。

というのも、日本語と英語には音の周波数に違いがあります。

日本語しか聞かない環境下にいると、英語のような高い周波数のものは成長とともに次第に聞き取れなくなってしまうのです。

例えば、赤ちゃんのころであれば様々な音を聞き取る能力が備わっているため、“L”と“R”の音の違いがわかるのですが、日本語ばかり聞いていると次第に同じ「ラ行」の音にしか聞こえなくなってしまうのだと言われています。

幼少期のうちから「英語を聞き取ることができる耳」を育てていくことが大切なのです。

リトミックの効果

幼児期から始める英語教育!英会話教室の特徴とプレスクールの効果

英会話教室選びに悩んだら!語学力を伸ばす上で大切なポイント!

では具体的に、小さいころから語学力を伸ばすにはどうすればよいのでしょうか?

それはずばり、「インプットの量を増やしながらアウトプットする機会を多く設けること」に尽きます。

先ほども述べたように、英語は「言語」な訳ですから、運用能力の基礎を作る上でインプットとアウトプットの両方を大切にしていくことが求められます。

そしてそのような課題を実現する方法が子ども向け英会話教室に通わせることも一つです。

レッスン料金やプログラムの内容、教材の豊富さ、自宅からの通いやすさ、ネイティブ講師かバイリンガル講師か、マンツーマンレッスンかグループレッスンかなど、一口に英会話教室といっても多岐に渡ります。

まずは、無料体験レッスンなどを通して比較検討していくとよいでしょう。

子供が意欲的に学ぶために!英会話教室選びで一番重視すべきこと

そしてその際に一番注目していただきたいのが「子どもと講師の相性はどうか」という点と、「英語を楽しく学べる工夫が随所に見られるか」という点です。

どれだけ有名な英会話教室のベテラン講師であっても、子どもとの相性次第では意欲的に学び続けさせることは難しいでしょう。

また、詰め込み式や暗記ばかりのレッスンでは、英語学習への苦手意識が芽生えてしまう恐れもあります。

子どものやる気を引き出してくれる講師がいて、なおかつ歌やゲームなどを用いて楽しみながら「聞く・話す・読む・書く」の4技能を総合的に伸ばすプログラムが用意されている教室を選ぶようにするといいですね。

人気のリトミック!気になる効果と始める時期

子供の語学力を伸ばす上で親が知っておくべきこと

子供の語学力を伸ばすために

英語の運用能力を高めていく上で英会話教室に通うことを挙げさせていただきましたが、それだけでは「自分の言いたいことを言うことができる」というレベルにまで到達することはなかなか難しいですよね。

実際のところ、「週1で英会話教室に通わせているけれど、上達しない」という親御さんの悩みはよく耳にするのではないでしょうか。

たしかに週1回、1時間ほどのレッスン“だけ”でペラペラになるわけではありません。

しかし、幼少期から英語を用いて会話することに慣れておくことによって、外国語を話すことへの抵抗感をなくすことができます。

レッスン後の復習は親も一緒に楽しみながら取り組もう

またレッスンで触れた歌やダンス、英単語などを家庭でもまた繰り返し触れていくことで、「英語って楽しい!」とよい印象を持つことにもつながっていきます。

語学力を伸ばすためには、英会話教室のレッスンでのインプットやアウトプットに加え、家庭でのフィードバックが欠かせません。

家庭で復習する際にはレッスン教材のCDやDVDを流しっぱなしにするのではなく、ぜひ親御さんも一緒に歌ったり踊ったりして楽しんでみてください。

子どもができたこと、がんばったことに対してその都度「すごい!」「できたね!」とポジティブなフィードバックを心がけることも大切です。

レッスンと家庭の両方で小さな成功体験を積み重ねてやる気をアップさせることにより、語学力の基礎を養っていきましょう。

お金を掛けない子育て!無料で出来る幼児教育の方法

まとめ

早期英語教育は多くの親御さんにとって気になることではないでしょうか。

幼児向けの英語番組やアニメを見せる、YouTubeやアプリなどを活用して英語の歌や英単語に親しむなど様々な方法があります。

その中でも英語の4技能を幼少期から伸ばしていく上で、子ども向け英会話教室は有効な手段の一つだと思います。

英会話教室をうまく活用しながら、どんなことでもどんどん吸収できる幼少期のうちに英語にできるだけ多く触れ、語学力を伸ばしてあげてくださいね。

スポンサーリンク
英語を学ぶ子どもたち