中学受験の志望校選び!偏差値だけでなく試験内容からわかる学校との相性

中学受験の志望校選び

中学受験では、偏差値が一つの目安となります。志望校を決める場合、必ず偏差値は考慮するかと思います。

しかし、偏差値だけで判断することは好ましくありません。

偏差値だけでなく、過去問との相性も考慮する必要があります。

今回は、中学受験における偏差値と相性のポイントをご紹介します。

志望校は偏差値だけで決めてはいけない!?

偏差値が足りなくても、相性が良ければ受かる場合があります。

反対に、偏差値が足りていても、相性によっては受からない場合もあります。

「本来相性が良いはずなのに、偏差値が足りないから受験を諦めてしまった」、あるいは「過去問の相性が悪いにもかかわらず、偏差値的には足りていると考え受験し、失敗してしまった」というケースがあるのです。

いずれも、偏差値だけで判断してしまった例です。

偏差値はもちろん基準の一つです。偏差値を全く考慮しないで志望校を決めるわけにはいきません。

偏差値はあくまでも数値上の目安として捉える

「偏差値が足りなくても、相性が良ければ受かる場合がある」というケースも、あまりに偏差値が足りていない場合は難しいです。

ただし、偏差値だけが基準ではありません。相性も含め、総合的に考える必要があります。

受験は、最終的には試験問題との相性です。これは中学受験も例外ではありません。

例えば記述が苦手な子供は、記述問題が多い試験とは相性が悪いです。

一方で、記述が苦手でも記号問題が得意であれば、記号問題が多い試験との相性は抜群です。

このように、子供の得意分野と出題傾向を照らし合わせ、相性を把握する必要があります。

偏差値はあくまで数値上の話なので、試験問題との相性までわかるわけではありません。

模試の結果では偏差値が足りていても、実際に過去問を解くと正答率が悪いというケースはしばしば見られます。

反対に、偏差値が足りていなくても、過去問を解いてみたら正答率が高かったというケースもあるのです。

中学受験で模試を受ける意味とは?知るべき事は合格率だけじゃない

2017.01.24

試験問題との相性は学校との相性?!

試験問題を解く子供たち

よく言われることですが、学校の試験問題には学校の特色が現れます。

例えば記述問題が多い学校であれば、記述での表現力を重視する傾向があります。

記述問題は「説明しなさい」などの指定が多く、文章による表現力や説明力を重視するからです。実際に入学した後でも、授業などで記述を求められることが多いでしょう。

もし、あまりにも記述問題と相性が悪い場合、もし入学できたとしても、記述を重視する校風と合わない恐れがあります。

もちろんこれは極端な例ですが、あまりにも過去問と相性が悪い場合、無理に受験させることは好ましいとは言えません。

記述問題が苦手だからといって、表現力に問題があるわけではありません。

記述が苦手でも、口頭での表現力や説明力が高い子供は多いです。このような子供に合った学校は、もちろん存在します。

相性を努力で合わせる場合

もちろん、過去問だけで校風が全てわかるわけではありません。

また、過去問と合わない場合に、絶対に志望校を変えなくてはいけないのかというと、そうでもありません。

過去問との相性が悪くても、子供が本当にその中学校に行きたいと考えているのであれば、むしろ相性を合わせるくらいの努力が必要です。

子供がやる気にさえなっていれば、親としても応援するべきです。

どうしても相性が悪い場合

ただ、どうしても過去問と相性が合わないケースもあります。その場合、子供にとっても負担が大きく、何より合格する確率が下がってしまいます。

その際には、学校自体との相性が悪いと判断し、他の志望校を検討することも一つの方法です。このようなケースもあるので、偏差値だけで判断することは危険です。

中学受験で偏差値に振り回されないために!知っておきたい3つのこととは?

2017.03.03

志望校の試験問題との相性を見極める3つのポイントとコツ

試験問題との相性を見極めるには、過去問を重点的に分析する必要があります。

ここでは、「記述問題」「途中式・考え方を書かせる問題」「総合問題」に分け、ポイントを整理してみます。

記述問題

記述が苦手な子供の場合、記述問題が多い試験との相性は悪くなります。偏差値が足りていても、なかなか得点に結びつかないケースが多いです。

記述問題は、一般的には国語・社会・理科で出題されます。

特に国語では記述問題の出題が多いです。

記述問題が数問程度であれば、他の問題でカバーすることはできます。一方で、記述問題の割合が多い場合、記述ができないと致命的です。

また、数問程度の記述問題だとしても、得点が高い場合もあります。問題数だけでなく、得点分布もチェックすることが大切です。

記述問題が多いかどうかは、比較的わかりやすい目安です。相性を見極める際には、最初に検討しておくと良いでしょう。

途中式・考え方を書かせる問題

算数は答えだけを書かせる問題が多いですが、途中式や考え方を書かせる問題もあります。

これは学校によってかなり差が出る部分です。学校によっては、ほとんどの問題で途中式・考え方を書かせる場合もあります。

途中式・考え方を書かせる中学校を受験する場合、書き方を重点的に対策することになります。

ただ、途中式・考え方を書くのが苦手な子供もいます。対策をしてもなかなか得点に結びつかない場合、相性が悪いと言えます。

途中式・考え方が問われない学校もあります。子供の相性によっては、検討すべきでしょう。

総合問題

社会と理科では、複数の分野を含めた総合問題が出題されることがあります。

社会であれば、一つの大問に地理・歴史・公民分野の問題が含まれるといった出題です。

総合問題は、子供によって得意・不得意が比較的分かれます。

知識を横断的に整理することが得意な子供は、ある程度柔軟に対応できます。一方で、複数の分野の知識を同時に整理することが苦手な子供もいます。

このような子供は、分野ごとの出題でないとスムーズに解けないケースが多いです。

総合問題が多いか少ないかも、相性を見極める重要なポイントです。

総合問題があまりに苦手な子供の場合、なるべく総合問題が少ない学校を選ぶことも一つの方法です。

ただし、総合問題が出題される中学校は多いので、ある程度の対策は必要です。

総合問題は慣れが大きく関係するため、対策によって慣れていけば、得意分野に変わる可能性もあります。

偏差値だけでなく過去問からも志望校を選定基準に

中学受験は、偏差値とともに相性を考慮する必要があります。

過去問との相性があまりに悪い場合、子供にとっては大きな負担になります。また、合格する確率も下がってしまいます。

偏差値は重要な目安ですが、実際に合格するには試験問題を突破するしかありません。

必然的に、試験問題との相性も考慮することになります。そのためには過去問を重点的に分析し、相性を見極める必要があるのです。

お子さんの得意分野と苦手分野を把握したうえで、試験問題に向いているかどうか、検討してみましょう。

偏差値からは見えない部分が、きっと見つかるはずです。

スポンサーリンク
中学受験の志望校選び