小学校受験・中学受験のことならチャイビ

2017-08-01

私立高校と公立高校の学費!入学から卒業までにいくら必要?

高校の学費

高校3年間に必要な学費はいくらかご存じでしょうか?

今回は政府の統計データを元に、私立高校、公立高校、それぞれの学校で入学してから卒業までに必要な学費についてご紹介します。

私立高校の学費

入学から卒業までに必要な学費の総額

「平成26年度子供の学習費調査」では、私立高校の学年ごとの学費が示されています。これらを合計し、3年間に必要な学費として計算してみます。

学年 学校教育費 学校外活動費 年間学費計
高校1年 97万6614円 20万2377円 117万8991円
高校2年 68万3144円 25万6017円 93万9161円
高校3年 54万4735円 31万0905円 85万5640円
3年間の総額費 220万4493円 76万9299円 297万3792円

学年ごとの学費は、1年生が117万8991円、2年生が93万9161円、3年生が85万5640円です。これらを合計すると、297万3792円です。また、ここでの学費は授業料などの「学校教育費」、学習塾費などの「学校外活動費」に分類されます。この内訳については「政府統計>子供の学習費調査」にて紹介されいます。

初年度にかかる学費は117万8991円です。初年度は入学金もかかり、他の学年と比較すると特に多くの金額がかかることになります。

学費の総額としては、学年が上がるごとに減少傾向となっています。

私立高校生が塾に掛ける費用

学校外活動費の中では、学年が上がるごとに学習塾費が増加する傾向があります。これも大学受験を控えて塾へ通うケースが多いことが関係しています。1年生での学習塾費は7万7061円ですが、3年生になると19万8889円となり、約2.6倍増加しています。

学年 塾費
高校1年 7万7061円
高校2年 15万4695円
高校3年 19万8889円

学費の傾向

私立高校の全学年の学費の平均は99万5295円ですが、この平均額は近年増加傾向となっていて、過去の「子供の学習費調査」6回分における私立高校の学費の平均額は以下のようになっています。

年度 私立高校の平均学費
平成16年度 約103万5000円
平成18年度 約104万5000円
平成20年度 約98万1000円
平成22年度 約92万3000円
平成24年度 約96万7000円
平成26年度 約99万5000円

平成18年度から22年度まで減少傾向にありましたが、近年はまた増加傾向となっています。そのため、卒業までの3年間の学費も増加しているものと思われます。

公立高校の学費

入学から卒業までに必要な学費の総額

「平成26年度子供の学習費調査」では、私立高校と同様に公立高校の学年ごとの学費が示されています。これらを合計し、3年間に必要な学費として計算してみます。

学年 学校教育費 学校外活動費 年間学費計
高校1年 35万9059円 12万9075円 48万8134円
高校2年 23万3270円 15万9695円 39万2965円
高校3年 13万0943円 21万4781円 34万5724円
3年間の総額費 72万3272円 50万3551円 122万6823円

学年ごとの学費は、1年生が48万8134円、2年生が39万2965円、3年生が34万5724円です。これらを合計すると、122万6823円です。また、ここでの学費も、授業料などの「学校教育費」、学習塾費などの「学校外活動費」に分かれています。

初年度にかかる学費は48万8134円となっています。こちらも初年度は入学金などがかかることもあり、他の学年より学費は高くなります。

私立高校と同様に、学年が上がるごとに学費は減少傾向となります。

公立高校生が塾に掛ける費用

学外活動費でも、私立高校同様に学年が上がるにつれ学習塾費が高くなります。これも大学受験を控えて塾に通うケースが増えることが関係します。学習塾費は、1年生が5万6681円、3年生が13万6647円となり、約2.4倍増加しています。

学年 塾費
高校1年 5万6681円
高校2年 9万4666円
高校3年 13万6647円

学費の傾向

公立高校の全学年の学費の平均は40万9979円ですが、この平均額は平成24年度より若干増加したものの、近年の中では低い数値となります。

過去の「子供の学習費調査」6回分における公立高校の学費の平均額を見てみましょう。

年度 公立高校の平均学費
平成16年度 約51万6000円
平成18年度 約52万1000円
平成20年度 約51万6000円
平成22年度 約39万3000円
平成24年度 約38万6000円
平成26年度 約41万円

平成22年度で学費が大きく減少したことが特徴です。

これは、公立高等学校の授業料無償化が平成22年に成立したことが関係しています。また、平成26年度で若干増加していますが、これは平成26年に無償化から高等学校等就学支援金制度に変更したことが関係しています。

これによって一定の収入がある家庭への支給がなくなったため、若干増加したと考えられます。

私立と公立で学費はどのくらい違うのか

今までのデータから公立高校と私立高校の3年間の学費を比較すると、公立高校は122万6823円、私立高校は297万3792円となります。私立が公立の約2.4倍となり、3年間で174万6969円の差があります。

学年 私立 公立 学費の差額
高校1年 117万8991円 48万8134円 69万0857円
高校2年 93万9161円 39万2965円 54万6196円
高校3年 85万5640円 34万5724円 50万9916円
3年間の総額費 297万3792円 122万6823円  174万6969円

私立の場合は公立より授業料がかかることや、諸々の費用が高いことが特徴です。費用としては「修学旅行費」や「PTA会費」などで特に差が見られます。

学校外活動費にも違いが見られます。学習塾費を例に挙げると、全ての学年で公立高校より私立高校の方が高くなります。

3年生の学習塾費は、公立高校が13万6647円、私立高校が19万8889円となります。一方で、いずれの高校も3年生は大学受験を控えるケースが多いため、公立高校の学習塾費も高めに推移しています。

授業料や費用の高さにより、どうしても私立高校の方が学費は高くなります。しかし、大学受験を念頭に置いた場合、公立高校もある程度の学習塾費などがかかることを考慮する必要があります。

出典:
平成26年度子供の学習費調査の公表について
学年(年齢)別,所在市町村の人口規模(学科)別の学習費

スポンサーリンク

関連キーワード