小学校受験・中学受験のことならチャイビ

2016-03-17

子育て費用はこんなに掛かる!1年で無くなった300万円!

子育ての費用が掛かる

子どもにはお金がかかります。子どもが小さいうちはそんなことは全く考えないのですが、こどもが中学、高校、上級学校へと進学するにつれ資金はけた違いにかかるようになってきます。

小さいうちは思いもしないのです。お金がかからないのですから。

小学校入学時もそれなりにお金が必要になりますよね。既定の制服、ランドセル、学用品、まあまだまだおじいちゃんおばあちゃんからいただいたお祝いだけでも十分やりくりできます。

中学校に入ると制服代も値上がりします。最も成長するときですから、運が悪ければ一式買い直しです。

体操服、学校で購入する副教材、部活動等小学校では必要なかったお金が必要になってきます。

でもまだ地域の方が同じエリアの学校に通いますから、頂き物やお古で足りることもあるにはあります。

高校へ入るとさらにお金は必要です。進学を目指すなら3年間の副教材、問題集、模擬試験は1か月に1度はあります。その都度5千円ほど必要です。

部活動だって半端なくお金が必要です。うちの子は最もお金がかからなさそうな陸上部ですが、それでも遠征費、合宿代で数万円は飛んでいきます。中学校に比べると入学時に必要な制服体操服もぐんとお金かかります。

よく職場の先輩が入学時に必要なお金として「小学校で5万、中学校で10万、高校で15万」と言っていましたが、実際その通りですね。

これはあくまで公立の学校に通った場合です。

ちなみに大学へ行くと…恐ろしいですが少しお教えしましょう。

うちの子は私立文系で入学時にざっと150万、その後は年間学費100万、家を離れて部屋を借りていますのでアパート代毎月5万、生活にかかるお金仕送り5万強(足りないこともしばしば)。

効率の良いアルバイトをしてはいますが、これでカツカツです。その他テキスト代前期3万、後期3万。

それだけではないでしょう。

自動車学校に通わせろ、教員免許を取らせろ、単位取得に必要な実習代…となるとその都度数万から数十万円は必要ですよ。怖すぎます。

どこから調達するのか

教育資金はどこから調達しますか?

我が家は学資保険です。娘が小さいとき、1歳くらいの時におばあちゃんの義理でしぶしぶ入った学資保険、これだけでした。

最初は毎月の掛け金を払うのが本当に大変でやめようと思ったこともありました。滞納しながらなんとか払いきった学資金が大学入学時に300万。これだけが資金でした。

正直このお金は最初の1年間でなくなりました。下宿でしたから、いろんなことに一気にお金が必要だったのです。

下の子どもたちはこの学資保険に入っていません。今後どうしていこうかと頭が痛いです。

今慌てて貯金していますが、上の子の学費と仕送りで余裕がますますありません。

2番目はまだいいでしょう、3番目はどうしたらいいでしょう。だれか教えてほしいです。

将来を見据えて

教育は金なり。お金は必要です。

子どもの夢をかなえるためにはお金が絶対的に必要なのです。結論、学資保険は入っておくべきです。

貯金と言っても今はマイナス金利時代ですから。お得な保険はいろいろあると思いますので、検討してみてより良いものに加入されるとよいと思います。

子どもが小さいうちがベストです。

スポンサーリンク

関連キーワード