雙葉中学校の受験予定者必見!学校の特色、受験情報、試験の傾向と対策

(画像:ホームメートサーチより)

女子御三家と言われる難関女子中学の1つの雙葉中学校。

今回は雙葉中学の学校の特色、偏差値や倍率などの受験情報、そして合格のために必要な試験の対策と傾向についてご紹介します。

雙葉中学校の特色

雙葉中学校は、1909年に設立された雙葉高等女学校が前身の女子中学校です。

戦後の教育改革で雙葉中学校、雙葉高等学校となったことにより、雙葉中学校が誕生しました。

雙葉中学校・高等学校は、学校法人雙葉学園の設置校です。雙葉学園ではカトリックの精神・価値観が基礎となる教育理念があり、雙葉中学校・高等学校でもカトリック精神に基づく価値観によって自己の確立を目標とした教育が行われています。

雙葉中学校・高等学校では高等学校での生徒の募集は行われず、完全中高一貫校となっています。

中高一貫の中で各教科のカリキュラムが組まれ、高校2年、3年では進路に沿った科目の選択など、進路ごとのカリキュラムになります。

また、いずれの学年でも宗教の授業が週に1回行われています。

外国語教育にも特徴があり、中学3年時には英語に加えて全員がフランス語を学びます。高校では第一外国語として英語かフランス語を選択します。

また、学校行事や自治活動、クラブ活動も多く行われています。

学校の沿革

雙葉中学校・高等学校は学校法人雙葉学園の設置校で、他の設置校には雙葉小学校附属幼稚園、雙葉小学校があります。

雙葉学園は17世紀にフランスのニコラ・バレ神父が創設した「幼きイエス会」という修道会が設立母体となっています。

1872年に「幼きイエス会」の修道女としてメール・セン・マチルド氏らが来日し、明治8年に築地明石町で語学学校を設立し、雙葉学園の前身となりました。

1909年にはメール・セン・テレーズ氏が築地明石町に雙葉高等女学校を設立し、初代校長となりました。

1910年には現在の四ッ谷に移転し、さらに雙葉小学校・幼稚園を設立しています。

1947年、新制度によって雙葉中学校が発足し、1948年には雙葉高等学校が発足しました。

また、国内の姉妹校として、田園調布雙葉、横浜雙葉、静岡雙葉、福岡雙葉の4校があるほか、海外にも姉妹校があります。

進学先

2018年大学合格者(現役と卒業生の両方)の代表的な進学先としては、国立大学では東京大学13名、東京外国語大学4名、一橋大学4名、京都大学3名。

私立大学では早稲田大学57名、慶應義塾大学56名、上智大学41名など、難関校への進学実績が豊富です。

雙葉中学校・高等学校は完全中高一貫で6年間のカリキュラムとなっています。中学校の段階から、ある程度大学受験を考慮したカリキュラムが組まれています。

学校周辺の環境

雙葉中学校はJRや東京メトロの四ッ谷駅からアクセスが可能です。

JR中央線の四ッ谷駅麹町口から徒歩2分、東京メトロ丸の内線の四ッ谷駅赤坂口から徒歩4分となります。

また、麹町口には、東京メトロ南北線の四ッ谷駅から3番出口を経由して出ることができます。

雙葉中学校の受験情報

試験日

2019年2月1日

募集人数

女子100名

試験科目と配点

科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
社会 30分 50点
理科 30分 50点

筆記試験と、受験生1人に対して面接担当者2名で約3分ほどの面接があります。

偏差値

雙葉中学校の偏差値は66です。難関中学校の一つになります。

倍率

2017年度の受験者数は352名、合格者数は119名です。倍率は2.9倍になります。

雙葉中学校の入学後の学費

入学金 240,000円
授業料 529,200円
施設維持費 171,600円
後援会費 72,000円
初年度合計 1,012,800円

中学校3年間の学費としては、初年度、2年生、3年生を合計すると、約255万円となります。

雙葉中学校の入試問題と対策

算数

試験時間50分の中で大問5問程度の出題となります。特徴としては、非常に細かい計算が多いことが挙げられます。

特に小数や円周率の計算などは非常に手間がかかり、細かい計算を一つ一つ正確にこなしていく力が求められます。

範囲としては、平面図形、速さ、規則性、文章題が頻出分野となっています。

平面図形については多角形、円、文章題は和と差、割合や比などがよく出題されます。

解答用紙ではなく問題用紙の解答スペースに書き込む方式となります。その際に、途中計算なども書くことになるため、完全に解答できなくても部分点として評価されることがあります。

全体として、解答に多くの計算や作業がかかる問題が多いことが特徴になります。

分数や小数など、問題全般の中でしばしば見られます。

日ごろから小数や分数が混ざった複雑な計算問題に慣れることに加え、図形や文章問題の中で小数や分数が多いものにも慣れておくと効果的です。

国語

試験時間50分の中で大問は3~5問という構成になります。

雙葉中学校の国語は、記述問題が非常に多いという特徴があります。

かなりレベルの高い記述問題になるため、十分な語彙力も求められます。漢字でも書き取り問題が比較的多く出題されます。

また、問題の論理展開や言い換え表現などを重視した問題が多く見られます。

そのため、論旨や要約をおさえること、物語文であれば心情変化を捉えるなど、一つ一つの展開を丁寧に追っていくことが必要になります。

漢字書き取りも記述問題も、とにかく書かせる問題が多いことが特徴です。

また、記述問題は一つ一つの解答欄が長い傾向があるため、ある程度長い文章で答える必要があります。

記述が多いことを念頭に、日ごろから記述問題の演習を重ねることが重要です。

社会

試験時間は30分で、大問3問に地理、歴史、公民がそれぞれ出題されます。一方で、それぞれの問題で分野が混ざり、総合問題での出題も見られます。

難易度の高い問題というより、比較的基本に沿った問題が多い傾向があります。

問題形式としては、最初に導入文や資料を読み取ったうえで問題を解き進める形式が多く見られます。

難易度としては基本に近いものでも、統計やデータが多く出題されるので、普段から資料問題の演習を重ねておくと効果的です。

資料から判断して解ける問題もあるので、資料問題の解き方に慣れているかどうかが重要なポイントになります。

理科

試験時間30分の中で、大問は3~4問程度の出題となります。

それぞれの問題で導入文が長く、解答の前提として問題文をきちんと読み取る必要があります。

また、実験を含めた問題が多いことも特徴です。知識の暗記というより、実験のやり方などをきちんとおさえておく必要があります。

記述問題では実験の方法や結果について問われることもあるので、普段から実験を意識した問題演習を重ねておくことが必要です。

また、計算問題は少ない傾向があります。

難易度としては、あまりに難解すぎるということはありませんが、長い導入文を読み取ること、実験の問題に慣れていること、記述で説明ができることがポイントになるため、十分な対策が必要になります。

過去問

雙葉中学校合格のために必要なこと

雙葉中学校の試験問題は、国語と算数がいずれも50分で100点満点であるのに対し、社会と理科は30分で50点満点となります。

難易度としても、社会は基本レベルに沿ったものが多く、理科も難解な問題は比較的少ない傾向があります。

一方で、国語と算数は配点が高いことに加え、難易度も高くなります。特に国語の難易度の高さが特徴的です。

算数は、複雑な計算をコツコツ進める習慣をつけておくことが重要です。

国語は、とにかく記述に慣れておかなければなりません。

雙葉中学校の入試は、全体的に書かせる問題が多くなります。問題文を正確に読み取り、一つ一つを丁寧に考えたうえで書く、ということがポイントになるので、普段の問題演習で意識することが大切です。

また、記述問題で差をつける前提として、基本的な問題は正確に解答しておくことも重要です。

スポンサーリンク