塾に行っても成績が上がらない原因とその対策

塾へ行っても成績が上がらない

塾に通っているのになかなか子どもの成績が上がらないという悩みを持っている親御さんはとても多いです。

そのようなときには「どうして子どもの成績が上がらないのか?」その原因を知ること、そしてその問題に対処することが大切です。

今回は「塾へ行っても成績が上がらない場合にすべき対策」ということで、どうするべきを具体的にご説明いたします。

塾に行っても成績が上がらない3つの原因

塾に行っても成績が上がらない原因はたくさんありますが、その中でも特に大きな原因としては三つあります。

1.子どもにやる気がない

一つは子どものやる気がない場合です。

ほとんどの塾が生徒の成績を上げるために課題や宿題を出します。その宿題が出来ていない場合は、子供のやる気がないという可能性があります。

どんなに生徒の成績を上げようとしている塾に行っていたとしても、本人のやる気がなければ成績は伸びません。

その場合は、塾を変えるというよりも、子供のやる気を引き出してあげることを優先に考えてみるとよいでしょう。

2.塾に頼り切っている

二つ目は、塾に頼り切っている場合です。

例え、難関中学校、難関高校に数十名生徒を輩出している塾に通ったとしても塾だよりでは、成績を上げることは難しいです。

勉強で大切なことは、一人の勉強時間です。塾に行くことだけで、その勉強時間を確保できると思っている方は要注意です。塾での勉強は、先生が主体となるものが多く子どもは受け身の体勢で聞いています。

受け身の授業も大切ですが、教わったことを覚えるために、問題に答えられるようになるためには、「自分で実際に勉強する」ことが必要不可欠なのです。

それなのに、塾の授業で満足してしまって肝心な「自主学習」をおろそかにしていたのでは、成績は上がりません。

塾に通っているのに子どもの成績が伸びないという方は、子供の家での勉強量に注目してみるとよいでしょう。その勉強量で、自主学習ができているかどうかが決まります。

3.塾が合わない・悪い

三つ目は、塾が悪い場合です。

良い塾か悪い塾か見分ける方法は簡単です。「子どもの勉強に対するモチベーション」が変わったかどうかを見てあげることです。

良い塾は熱意のある塾で、生徒を本気で頑張らせようとしています。子どもが少しでも家で勉強するようになったというのは、良い兆候です。

子どもの勉強に対するモチベーションが変わったかどうかわからないというときには、塾の三者面談のときに塾の先生の様子を窺ってみることや、子どもに塾のことを聞いてみると良いでしょう。

塾に行っても成績が上がらない時の対処法

では塾に行っても成績が上がらない時はどうしたらよいのか、見ていきましょう。

1.思い切って塾を変えてみる

塾を変えてみるというのも有効な手立てです。その際に注意することがあります。

塾を変える場合は「塾が悪い」と判断できる場合のみ

まず、塾を変えるという判断をするときは、塾が悪い場合のみにしましょう。

塾はやる気があって子どもを頑張らせようとしていたのに、子どものやる気がなくそのやる気のなさを、子どもが塾に押し付けているということもあります。

そのような場合は、塾を変えても全く成績が上がりません。あくまで、塾に問題がある場合のみに塾を変えるということが大切です。

塾を変える場合は子供に合う塾を

塾を変える場合には、子どものタイプに合うような塾を選択してあげましょう。

成績があまりにも低いなら、個別指導タイプの塾がおすすめです。成績が低い生徒は、集団授業タイプの塾で、授業についていけないということが多々見受けられます。

そのために、一つ一つわからないところを説明してくれる個別指導がおすすめです。

学校での成績が真ん中ぐらいという生徒には、集団授業の塾がおすすめです。集団授業の塾は、カリキュラムが決まっているために、かなり速いスピードでテスト範囲の勉強をすることが出来ます。しっかりと復習すれば、力になるでしょう。

2.子どもと話し合ってみる

やる気がないという場合、親御さんが本気で話し合ってみるのも有効な手段です。

やる気がない場合、どこの塾に行っても成績が上がることは、まずないでしょう。

また、中学までは義務教育であり、ほとんどの生徒が高校進学をします。今や日本は学歴社会とも言われているので、大学まで行く人も多いです。

そんな勉強社会と言われる今日に、やる気がないというのは致命的になります。どうしても勉強のやる気が出ないというお子さんには一度本気話し合ってみると良いかもしれません。

成績を上げるには親のサポートが必要

塾によって確かに良し悪しはありますが、子どもにやる気がないと成績は上がりません。

勉強という字は「自分に強いて、勉める」と書きます。決して他人に強いられたから勉強するのではないのです。やる気を引き出してあげるのには、親御さんのサポートが必要です。

勉強をしていない子どもの姿を見ると不安になってしまうかもしれませんが、無理やり勉強をさせるのではなく、なぜ勉強できないのか考え、サポートしてあげるようにしましょう。

スポンサーリンク