小学校受験に早生まれは不利じゃない!受験に月齢が関係ない理由

早生まれは小学校受験に不利ではない

我が子は早生まれだから、小学校受験は不利かしら?と思う方もいらっしゃると思います。

確かに6歳位までの月齢の差、4月生まれと3月生まれの子どもでは色々と違いがあります。

しかし、小学校受験には月齢は関係ない、早生まれでも問題ない、ということお伝えしたいと思います。

月齢の早い子と遅い子を比べると、、

幼稚園や保育園等でも先生に言われたこと、例えば工作等をする際すぐ取り掛かるのは月齢が早い月のお子様が多いですね。

早生まれの子どもは、しばらくまわりの子がどんなことしているのかななあ?とキョロキョロしてから、さて、私も始めようかしら?と1テンポ遅れて作業を開始するような感じです。

おっとりしている感がありますね。

運動面でも早生まれの子どもは確かに月齢が早い子どもよりかは劣っている面が見られます。

でも、この差が目立つのはおそらく小学校が入る前まで位ではないでしょうか。

小学校入学してからは月齢の差など気にならなくなるのは、親自身でも経験しているのでわかっているはずです。

小学校受験に際しても、受験準備の時は月齢の早い子はすんなりできるのに早生まれの我が子はなかなかできない、という場にも何回も遭遇するとは思います。

でも、きちんと受験する先の小学校では教育者の目で子どもを見ていますので、早生まれだから小学校受験は諦めるということはしなくて大丈夫です。

小学校によっては月齢を考慮してくれる

学校によっては誕生日月別に均等に近く入学者を選ぶところもあるようですし、月齢を考慮して試験をしてくれる小学校もあります。

首都圏の私立小学校の場合ですと、青山学院や慶應義塾幼稚舎、日本女子大附属豊明・早稲田実業学校等です。

早生まれの子には月齢に応じた試験や配点がある

こちらの小学校では、月齢別に試験日や時間を分けて行います。

試験内容も月齢別に異なるので、早生まれの子どもであってもその子が理解できる内容の試験を出してくれるということです。

どんな考慮があるのかというと出題問題が月齢によって異なり、早生まれの子どもには月齢が早い子どもの受ける問題より少し易しかったり、同じ問題を出したとしても得点を調整してくれたりと学校によって様々なようです。

詳しくは色々な小学校のことをわかっている幼児教室に聞くのが一番かもしれませんね。

早生まれを考慮をしない小学校もあるが心配はいらない

学習院や成城学園、白百合学園等では月齢考慮はしておりません。

4月生まれから3月生まれまで一斉に同じ試験を受けることとなりますが、早生まれを気にして受験する必要はありません。

小学校受験での志望校選びのポイント

小学校受験における志望校の選び方と6つのポイント

受験する小学校側も早生まれを認識しているから

私立小学校で学ぶ子供たちなぜなら小学校側も4月生まれと3月生まれでは差があることは、もちろん理解しています。

そのため早生まれということを気にする必要は全くありません。

ありのままのその子の姿を、受験する小学校にぜひ見せて下さい。

受験までの子どもの生活やご両親の接し方の成果を出す日が受験日です。

小学校受験は親の受験とも言われる位ですから、親子で自信を持って臨むのが一番です。

上記に挙げた小学校以外でも、月齢別に受験を設けている小学校もいくつもあります。

どうしても他の月齢の子どもとは受けさせたくないと思いの方は、そのような小学校を選ぶと良いでしょう。

もちろん、その小学校が我が子に合うと思って受験するという前提があってですが。

月齢考慮がある小学校の受験者の特徴

頭に入れておいた方がいいのは、月齢考慮がある小学校は早生まれの子どもの受験が多くなるということでもあります。

受ける側としては少しでも我が子を考慮して欲しい、と思うのはどの親御さんも同じ気持ちだと思います。

反対に月齢考慮をしていない小学校より、結果的にライバルが多い状況になりえます。

国立小学校では、筑波大学附属小学校が月齢別を考慮しているようですが、他の小学校は1学年皆同じ試験になります。

但し、国立小学校の場合は抽選があるので、私立小学校の受験と比べて受験準備をしていない子どもも多く受験します。

私立小学校よりは試験に関しては月齢を気にしなくていい環境ではありますね。

願書を書く母親

小学校受験の願書の準備から書き方のポイント!お子さんと家族の「らしさ」を伝えよう

小学校受験で早生まれは不利ではない!行かせたい小学校にチャレンジしよう!

国立、私立どちらでも、子どもにぜひ行かせたいと思った小学校に早生まれであってもチャレンジさせて大丈夫です。

決して、早生まれが不利ということにはならないです。

月齢考慮の試験のある小学校、考慮をしない試験の小学校という違いをあまり考えなくていいと思います。

入学してからわかると思いますが、同じクラスには4月生まれから3月生まれまで在籍しています。

小学校によっては、4月5月生まれの子が多くて、3月生まれの子は1人という場合もあるようですが、最終的には小学校側が決めることです。

その小学校のカラーにあっていると思う子どもを合格させているのですから。

最初から早生まれの子は小学校受験は不利と思うこと自体間違いです。

この小学校に我が子を通わせたいと思うのであれば、子どもを信じて、小学校受験にチャレンジしてみましょう。

スポンサーリンク