ICTを活用し、「ことば」を大切に学ぶ教室 啓学セミナー

対象年齢
幼児、小学生、中学生、高校生
カテゴリ
高校受験、補習、英語、速読
指導形式
個別、集団、映像
最寄り駅:
都営三田線 西台駅
電話番号:
03-6912-3928

【教室からのメッセージ】

お子さまにピッタリの教材で、自ら考えるお子さまを育みたいと考えております。

この教室が気になったら!

【幼児・小学生】21世紀に「使える力」を身につける『ガウディア』

当教室は、日能研関東と河合塾の共同出資会社が作成した『ガウディア』を導入し、「ガウディア高島平一丁目教室」として運営しています。単純なパターン問題の繰り返しだけではなく、考えることが当たり前のお子さまを育みたい、それが私たちの願いです。

自学自習)あえて答えは教えません

ガウディアのプリント教材は、問題文をよく読んで考えることで必ず解けるように作られています。そのため分からないところがあっても、ヒントは出しますが正解は教えません。

自分で正解を出す喜びを味わってもらい、これを積み重ねることで、自ら考え、自ら学ぶ『自学自習』の態度が身につくのです。その力がなければ、21世紀に有益な人材とはなりえない、私たちはそう信じています。

ピッタリの教材)無学年方式で無理なくスタート

ガウディアでは無料体験時に「見極めシート」というものを使って、そのお子さまにピッタリのレベルはどこなのか、しっかり見極めてから学習をスタートします。時には前の学年に戻ることもありますが、自分の知識として定着してなく、機械的に答えを出している状態で先の単元に進むと、必ず歪みが生まれます。

単元ごとの概念を理解し、知識として定着させ、その知識を活用するというステップを踏んで、初めて「使える力」になるのです。

ほぼすべての単元を網羅)作文や思考力、図形やグラフ問題も

小学生向けプリント教材では、学習指導要領に定められた全ての単元を網羅していないケースがあります。算数だと図形問題やグラフの問題などが抜けている場合が多く、この単元を飛ばしてしまって「先取り学習」をしているケースがあります。もちろん図形問題やグラフの問題も中学・高校と必要になってくる単元ですので、これをしっかり身に着けないと意味がありません。

国語でもしっかりと文章を読んで、出題の意図を踏まえて答えたり、作文を書いたりといった、思考力が必要となる問題がたくさん含まれています。

幼児向け教材)プレガウディア

年少~年長のお子さま向けに『プレガウディア』というコースも用意しております。小学校に入学する前に、習う・読む・書く・考える・道具を使うなどの様々なスタイルで学習するコースです。ひらがなを書く練習も行ない、運筆や推理・記憶・数量の把握といった内容を少人数の集団授業で学びます。

【中学生・高校生】ICTを活用した「続けられる学び」を

02_すらら中学版:数学

中学生からはパソコンやタブレットを活用した学習で、部活動などで忙しい生徒様たちの時間を有効活用できるようにしています。

メイン教材の「すらら」は日本e-Learning大賞文部科学大臣賞を受賞した教材で、アニメーションを使った対話式のレクチャーと、5万問以上の豊富なドリルが特徴です。

学習を進めていくことでその生徒様の苦手分野を分析し、弱点を指摘してくれる機能を持っています。インターネットが使える環境であればどこでも勉強できるので、教室に通えないときでも勉強することができます。

ピッタリの教材)一人ひとりにあったオーダーメイドカリキュラム

「すらら」は小学校高学年から高校生までの数学(算数)・英語・国語に対応しています。例えば中学に入学した後で「分数の計算が苦手」ということが分かったとすれば、そこまで戻って振り返り学習をすることができます。苦手なところを克服して、新たな単元に取り組むことができます。

いつでもどこでも)インターネット対応

「すらら」はインターネットが使える環境であれば、世界中どこでも学習することができます。実際にパソコンやタブレットを使って、東南アジアの在留邦人のお子さまが勉強されているのです。当教室でも夏休みに祖父母の家に旅行に行っている間に「すらら」で勉強している生徒さんもいらっしゃいます。

システム自体は深夜に2時間ほど停止するだけですので、登校前に勉強したり、下校後に自宅から勉強することも可能です。分からないことがあった場合「質問機能」が用意されていて、教室にいる先生にメールを送ることができるので、適時サポートを受けることができます。

リスニング対策もバッチリ)英語は全てネイティブの発音で

「すらら」の英語で流れてくる例文は、全てネイティブスピーカーが話したものです。これを聞き続けることで耳が英語に慣れてきて、リスニング問題にも対応できるようになります。学年が進むと発語スピードも上がってきて、中3レベルになると、高校入試のリスニングテストよりも早いペースで話しかけてきます。

定期テスト対策)事前準備と事後対応

「すらら」では教科書のページを指定することで、定期テストの予想問題を作成することができます(英数のみ)。これによって「既に解いたことのある問題」がテストに出てきて、高得点につながったケースが多くあります。

テスト後には生徒さんに問題数と正答数、見たことのある問題の数などを数えてもらって、その後の勉強をどう進めていくべきか、塾長がプランニングをいたします。定期テストの点数を上げる「公式」を使って、生徒様の成績アップにつなげます。

【英会話】ネイティブスピーカーとのマンツーマンレッスンを低価格で

skype-crop

英会話は今後必須スキルになってきます。とは言え英会話教室に通うとなると教材費など費用がかさみます。

当教室ではインターネット通話アプリSkypeを使ってネイティブスピーカーとマンツーマンレッスンを受けることができます。

豊富な実績)上位級合格者も多数出ています

高校受験では英検の上位級を持っていることで様々なアドバンテージを得ることができます。当教室では既に中学2年生の春に英検3級(中学卒業レベル)に合格した生徒さんや小学5年生の時に英検5級(中学1年生レベル)に合格した生徒さんなど、豊富な実績がございます。

リーズナブルな料金)教材費0円のコースも

レッスンは月4回・25分で4,000円(税抜)からの月謝制です。教材費のかからないコースも多数ございます。

フォローもバッチリ)塾長がレッスンをフォロー

通常はパソコンを使ったインターネット通話アプリSkypeでの1対1のやりとりですが、レッスンの音声だけは無線イヤフォンで塾長が同時に聞いています。生徒さんが戸惑ったときには適切にフォローを加えたり、ネイティブの講師に対して「生徒さんの意図」を伝えたりしています。

【速読】ただ速く読むのではなく、読書量が豊かになる「速聴読」

books3

速読教材というと「目を速く動かす」とか「行が一番下まで来た後、上に戻るのを正確に戻れるようにする」とか「同じ漢字がたくさん並んでいる中から、微妙に異なる漢字を探し出す」とか、技術的な教材が多くあります。

今のお子さまたちを見ていると、そういったテクニックが欠けているのではなく、読書に費やす時間がそもそも少なくて、言葉を知らない・文脈が読み取れない・良い文章に出会っていないというケースが大半です。

これが如実に表れるのが「読書感想文」の宿題です。本を読み慣れていないので時間がかかり、どんな文章にまとめれば自分の感想を先生に伝えられるか、作文の仕方を知らないので「○○が面白かったです」といったシンプルな表現に終始するのです。

本をたくさん読んでいれば「こんな文章の書き方があるんだな」とか「こういう言葉があるんだ」といった発見が生まれます。そのために当教室では「ことばの学校」という教材を取り入れています。

良書多読)名作にたくさん触れる

多くの小学校の教科書で取り上げられる「ごんぎつね」という作品があります。新美南吉の名作です。さて、学校の授業で「ごんぎつね」について、何時間学習するかご存知ですか?

都道府県によって異なりますが、だいたい12時間~16時間ほど学習するのです。たった1冊の本に、1ヶ月以上かけるのです。これで言葉の種類、語彙力は上がるでしょうか?

1冊の本を深掘りすることも大切ですが、やはりいろいろな本を読んでおいた方が後々有利になります。「ことばの学校」では200冊以上の名著を、段階的に読んでいくことで、カリキュラム終了後には40,000語もの語彙力を身につけることができます。

語彙力強化)言葉のネットワークを作る

「ことばの学校」は多くの本を読むだけではありません。本を読んだ後にはドリルが用意されていて、文中に使われていた単語の類義語を考えるようになっています。この類義語のネットワークこそ、国語の読解問題を正解する大きな鍵なのです。ただ40,000語を知っているだけでなく、その関連性をも身につけるのです。

速読の効果)速く読めるようになると…

もちろん本を読むだけではなく、読書スピードも上げていきます。大人の黙読の平均スピードは、1分間に500~600字程度と言われています。高校入試の説明文の問題だと10,000字ほどの文章が出題されることがあります。大人が読んでも20分ほどかかる訳です。試験時間は50分ですので、他の問題、小説や古文の問題を解く時間を考えると、もっと速く読めれば有利になります。

「ことばの学校」を受講すると、お子さまにもよりますが1分間に1,000字以上読めるようになる生徒さんが大半です。大人の倍のスピードで読み終えてしまうのです。速く読めた分は問題を解く時間に変えられます。

【プログラミング】パソコンを使って勉強する教室だからできること

当教室の教材は「すらら」にしろ「ことばの学校」にしろパソコンが必要になっています。1人1台パソコンが用意されているわけです。塾長の私は元々はシステムエンジニアとしてソフトウェア産業に従事していました。だからこそできること、それがプログラミング講座です。

論理的思考)プログラムを作るために考え、バグを直すために考える

これからは「思考力・判断力・表現力」が必要である、と文部科学省も方針を打ち出しています。プログラミングはその「思考力」を養うことのできる有効な手段です。自分が考えたゲームを、思うように動かすためにはどうすればいいか、作ったゲームが思った通りに動かない原因は何か、出来上がったゲームをもっと面白くするにはどうすればいいかなど、考えることはたくさんあります。勉強とは違った題材で「思考力」を養うことはとても重要なことです。

表現力)自分の作品をアピールする

作った作品は作りっぱなしにせず、友達に見せたりすることができます。自分の作品はどんなところが優れているのか、こんな面白い機能があるんだとか、相手に伝えることで「表現力」を養うことができるのです。

この教室が気になったら!資料請求・体験教室の申込み!

利用者の声

数学の分からないところを質問することができて、中間テストより良い点数が取れました。これからも塾を活用していきたいです。

(中学1年 Nさん)

社会と理科は、塾に来る前は50点ぐらいだったけど、今回は両方とも80点を超えることができてよかった。次回もこの調子で頑張りたい。

(中学2年 Mくん)

すらら」などでドリルをたくさんやったので、単語がきちんと覚えられていた。

(中学2年 Sさん)

夏休みに英単語の学習方法を教えてもらったことで、休み明けのテストで98点を取ることができて、とても嬉しかった。

(中学2年 Nくん)

国語のテストが、今までより時間が余っていた。「ことばの学校」で文章を読むスピードが上がったからだと思う。

(中学3年 Eくん)

この教室が気になったら!資料請求・体験教室の申込み!

基本情報

教室名 啓学セミナー
電話 03-6912-3928
住所 東京都板橋区高島平1-77-1 高島平ゼン・ボラーノ102
最寄り駅 都営三田線 西台駅
対象年齢 幼児、小学生、中学生、高校生
授業形式 個別、集団、映像
カテゴリ 高校受験、補習、英語、速読
URL http://www.keigaku.jp/top/