小学校受験・中学受験のことならチャイビ

2016-11-30

小学校受験、中学受験、高校受験、それぞれの受験で必要な塾の費用

小学校受験、中学受験、高校受験、それぞれの受験で必要な塾の費用

幼稚園から高校受験までに子どもにかかる教育費用をご存知でしょうか?全て私立の学校に通ったケースから全て公立のケースまでを含めて、500万〜1500万必要と言われています。

ではこの中で、小学校受験、中学受験、高校受験にかかる塾の費用はどれぐらいなのか?説明していきます。

塾によって費用は千差万別!

まず、塾の費用を説明する上での前提として、金額は塾によってかなり違うということです。

塾にはいろいろな種類がありますが、おおまかに分けると2つ、個別指導の形態をとっている塾と、集団指導形式の塾です。

各々メリットはありますが、ここでは費用に関してのみ説明していきます。

個別指導の塾は、生徒と先生が1:1に近い形を取っているため、費用が高くなります。目安としては、集団の塾に比べて1.5倍〜2倍ほど高くなると考えてください。

集団形式の塾は多対一形式のため、人件費に対してコストが低くなります。そのために、個別よりも安い塾が多いです。ただし、今あげた数字はあくまで目安です。

実際には、ネームバリューや、教育方針など、その塾によって費用はまちまちなのでここでの説明は目安として捉えてください。

小学校受験の塾の費用

小学校受験の塾の費用は、中学校受験、高校受験と比べて一番高いと言われています。

一見、小学校受験だからと侮りがちですが、子どもの年齢が低くなるために、それだけ教育も大変ということもあって値段も高くなるのです。

一般的に幼児教室と呼ばれる教室に1〜2年通います。テスト代や教材費が高く、それらの金額をトータルすると50万円〜100万円ほどになります。家庭教師の場合は、個人で授業を行う先生が多く、個人だと幼児教室の3倍ほどらしいです。

少し話が逸れますが、私立小学校の場合は6年間の学費が900万程になるので、世帯年収が1000万以上の家庭が半数以上を占めます。

中学受験の塾の費用

中学受験の塾の費用は、4年生から通うのが一般的なので、3年間分になります。

3年間での費用は150万〜200万ほどと言われています。入学試験受験校は、平均5〜6校ほど出願するのが一般的です。

一校当たり3万円ほどなので、それだけで18万円ほどになります。

中高一貫校の場合はエスカレーター式で高校に上がれるところが多いため、中学校進学後に塾の費用がかからないという場合もあります。

高校受験の塾の費用

高校受験は、小・中学受験と異なり、ほぼ全員が受験するために金額が少し安くなります。一か月あたり約3万〜4万円ほど、年間にすると36〜48万円ほどです。

中学校3年生になると、夏期講習、冬期講習の費用が少し高くなります。個別指導だと月に30〜40万ほど取るところもあるそうです。

番外編:私立と公立

私立と公立では金額が全く違います。当然のことながら私立は公立よりも比較的高いです。費用は3倍から4倍ほどかかります。その分私立は、環境が綺麗で整っています。

また、エスカレーター式のところが多く、多くの私立は、成績が真ん中ほどならば、上の付属中学校や高校や大学にそのまま入学できます。

大学入試は倍率も高く大変なために、これは大きな利点ということができるでしょう。また、入学時から大学合格を視野に入れた授業をしているところも多く大学受験に特化している学校が多いです。

公立校は、そのような大学入試を視野に入れた授業を行っているところがほぼありませんが、いろいろな生徒が混じっているために、私立校よりも社会勉強になります。

双方に、それぞれのメリットがありますが、早いうちから大学合格に力を入れたいという場合は、私立校のほうがよいかもしれません。

受験で必要な塾の費用のまとめ

塾によって費用は異なりますが、大体の費用はお分かりいただけたでしょうか。

早いうちから受験を考える程、お金は必要になってきますが、公立の中学校の教育よりも私立の中学校の教育のほうが良いという場合は多いです。

しかし、公立には公立だけの良さがあり、私立には私立だけの良さがあります。早めの受験を考える場合は、親が子どもの将来を預かっているといっても過言ではありません。

もし小学校受験、中学受験をさせてあげるのであれば、ぜひ子供にあう最適な教育環境を選んであげてくださいね。

スポンサーリンク