子供が怒って宿題しないと悩んでいる親御さんへ!子供が怒らず勉強に取り組めるようになる方法

「いつも宿題をするときに、怒ったり嫌がったりする」「勉強を教えていると、子供が不機嫌になることがある」そんな体験をしたことはありませんか?

なぜ、勉強をするときに子供は怒ってしまうのでしょうか?

子供が勉強をするときに嫌がったり怒ったりするのには、必ず何か理由があります。

今回は、子供が怒らずに勉強に取り組めるようにするには、どうしたら良いのかをご紹介していきます。

勉強前に怒る、嫌がる理由を推測しておく

冒頭でも触れたように、子供が怒るのには何か必ず理由があります。

こちらがアクションを起こす前に、まずは子供がなぜ怒っているのかを見つけ出しましょう。子供によって、怒る理由は様々です。

例えば、

  • 勉強が嫌い
  • 前に間違えたことのある問題、失敗体験のある学習内容
  • 他にやりたいことがある
  • かまってほしい
  • どうせ自分はできないと思っている

などの理由が考えられます。

また、勉強をやり始めた時、勉強をやっている最中、怒る日と怒らない日があるなど、怒るタイミングも子供によって違います。

どんなときに子供が怒るのかをよく観察し、大まかでも良いので理由を推測しておきましょう。

勉強前には気持ちを落ち着かせる

気持ちを落ち着かせる

子供が怒っている理由やタイミングが分かってきたら、子供の気持ちを落ち着けてから話しをするようにしましょう。

子供が怒っているときにそのまま話しをしようとしても、子供は親が言っていることはあまり理解できませんし、理解できていても更に機嫌を損ねてしまうこともあります。

子供が怒っているときには、勉強を一度中断させたり、飲み物を飲ませたりして落ち着かせましょう。

子供が落ち着いてきたら、以下のような方法で子供と話しをして行くことをおすすめします。

1.共感をしてあげる

勉強に取り組むときに怒ってしまう子供には、親が共感をしてあげるというのはとても重要なポイントです。

子供に限らず大人でも、共感してもらえる人がいるということは「気持ちを分かってもらえる人がいる」という安心感やストレス軽減につながります。

子供が勉強を嫌がっていたら「嫌だよね~」「その気持ち、分かるなあ。お母さんも子供のころ、それやるの嫌だったな~。」など、1回は必ず共感をしてあげましょう。

共感をしてあげた後には「それでもしようとしているところが、すごいね!」「泣きながらでもやっていたなんて、えらいね!」と声かけをしてあげましょう。

これらの声かけだけでも、子供は救われたように感じます。

共感をしてあげたあとに、なぜ怒っていたのか、何が嫌だったのかなどの理由を子供に直接きくと、理由が明確になり、これからの対処にも役立てることができます。

2.勉強が終わった後の自分の姿を想像させてみる

怒る理由や勉強が嫌な理由を一通り子供と話し合ったら、次に「この勉強が終わったときの自分の姿」を想像させます。

例えば、

  • とってもスッキリした気持ちになっている
  • 勉強が終わって思い切り外遊びをしている
  • かけ算がスラスラ言えるようになって、100問を3分以内で解けるようになっている

漢字に詳しくなって、みんなから「漢字博士」と呼ばれるようになるなど、できるだけ具体的な姿を想像させましょう。

しかし、あまりにも理想の高い姿を想像してしまうと、その姿に近づけなかったことが逆効果につながります。

子供の実態に合った、実現できそうな姿を想像することがポイントです。

3.想像した自分に近づくためのプロセスを考える

勉強が終わったあとの自分の姿が想像できたら、次にそのような自分に近づくにはどうしたら良いのかを考えさせていきます。

例えば、「勉強が終わって思い切り外遊びをしている」であれば、

  • 思い切り外遊びをしているときは、どんな気持ちかな?
  • 勉強のことが気になっていては、心から外遊びが楽しめないかもしれないね
  • 勉強が気にならないためには、どうしたらいいのかな?
  • 勉強が進みづらくなったら、休憩を入れながらやると良いかもしれないね
  • 10分間頑張ってみようか

など、未来から現在に近づきながら話しをしていきます。

そうすることで、やるべきことが明確になり、子供もゴールするまでの自分をイメージしやすくなります。

勉強のやる気を削ぐ親の言動と行動

子供が勉強をやる気にならない理由!やる気を失くす親の言動とその対策

子供への接し方を見直そう!子供のやる気が変わります!

上記のように子供と接していく中で、自然と子供との接し方を見直すことができるかもしれませんが、自分が子供に今までどのように接していたかを、もう一度思い出してみましょう。

子供は思っている以上によく見ていますので、親が怒った口調で子供に教えていたり、呆れた表情をあからさまに見せたりしていると、子供にもそれが伝わり、ストレスや劣等感を感じてしまうことがあります。

接し方一つで、子供のやる気は大きく変わってきます。

早くやってほしい」「もう泣かれるのはうんざりだ」という自分の気持ちを押し付けるのではなく、子供の立場に立って物事を考えてあげられると、よりよい親子関係を築くことができます。

音読の宿題をする子供

音読の宿題を甘くみてはいけない!音読から得られる効果と音読が上達する3つのポイント

気持ちを共感をしてあげることで子供も勉強に取り組みやすくなる!

いかがだったでしょうか。子供が勉強のことで怒ったり、嫌がったりするのには必ず何か理由があるはずです。

「いつものことだから」「また始まった」と諦めるのではなく、お互いに落ち着いて話しができる環境を作って接していきましょう。

子供によっては、約束をするというのも一つの手です。

「今日はお互いイライラせずに勉強しようね」などと約束をし、できたら「今日はできたね!」と喜びを分かち合いましょう。

子供がイライラしながら勉強をしていたり、ふてくされながら勉強をしていても結局は身に入らなず時間が過ぎていってしまいます。

勉強時間を有意義なものにするためにも、一緒に苦しんだり喜んだりしてくれる親御さんの存在がそばにあると、子供は安心して勉強に取り組むことができます。

スポンサーリンク
怒りながら勉強をする子供