小学校受験・中学受験のことならチャイビ

2016-08-17

子供にスマホはいつから必要?決めておくべきルールとは?

子供にスマホはいつから必要?

少し前までは、「子どもにケータイを持たせるのは・・・」という悩みが多かったのに、最近では小学生でも「スマホを持たせるのは・・・」という悩みをよく耳にするようになりました。

「子どもにスマホなんて贅沢!」と個人的にも思っていましたが、最近ではそうも言っていられない事情もあるようです。

今回は、子どもにスマホをねだられているお母さんとお父さんへ、最近のスマホ事情をお伝えします。読んでみて、スマホが必要なのか?考える材料となれば幸いです。

なぜ子どもたちがスマホをほしがるのか?

それは単純に、触っていて飽きない、アプリのゲームは面白い、LINEやSNSがしたい、友だちが持っていて羨ましい、だから自分もほしいと思う。はっきりいってスマホを欲しがらない子の方が少ないのではないでしょうか?

スマホはいつから必要か?

ではいつから明確にスマホが必要になるのでしょうか?小学生のうちは与えるかどうか、葛藤があるかもしれませんが、中学生となると事情が変わります。

部活動の連絡等は、顧問の先生から保護者へメール等で届けられるのですが、待ち合わせ時間などの細かい打ち合わせはLINEを利用することが多いです。

我が家は比較的都心部にあるので、そうなのかもしれませんが、中学生になるときにスマホを与えるご家庭が多いと思います。

しかし、あまり必要性もなく使いこなすことができないなら、小学生のうちがスマホはなくても良いと個人的には思います。

小学生はスマホでなく携帯で十分

小学生に携帯等が必要な理由としては、塾などの行きかえり等の連絡手段としてではないでしょうか?

親も子どもと連絡が取れると、どこにいるのかわかって安心できますし、待ち合わせのときにも便利です。万が一はGPSで居場所を確認することができるので安心です。

通話料金も連絡手段としてなら少額で済みます。ただし、小学生に携帯を持たせる場合には絶対に気を付けた方がよい点があります。

小学生は携帯・スマホはメールに気をつけて

主な携帯会社の「キッズケータイ」「ジュニアケータイ」「みまもりケータイ」なるものは電話帳に登録された相手にしか発信や受信ができないようになっていたり、定型文のみ送信できるようになっています。

万が一それ以外の機能がある機種を子どもに与える場合には、①知らない人からのメールは開かない。②友だちにメールを送るときにはお母さんに見せる。などの約束をしてください。

ご存知のように、なりすましメールにひっかからないためはもちろんのこと、文章力が未熟な小学生では、お友だちを傷つけてしまうメールを送ってしまう可能性もあり注意が必要です。

またフィルタリング機能も設定してください。

フィルタリングは有害サイトにアクセスできなくなるサービスです。新たな設定をしなくてもこの機能が備わっているケータイもあるので、購入時に確認してください。

スマホが必要になったら決めるべきルール

スマホが必要になったら決めるルール
先にお話ししたように、周りの環境からスマホなしではなかなか厳しい状況になることがあります。そうなったら仕方がないです。使い方を親子で話し合い、安全に利用するためのルールを決めましょう。

1.「オンラインゲーム」などの課金が必要なものは勝手に購入しない

スマホを必要とする1番の目的は、おそらくLINE等の無料通話アプリを使いたいからではないかと思います。アプリを入れる際には、フィルタリング機能を解除、もしくは一部解除をしなくてはならず、こういった課金システムを利用することができてしまいます。

2.知らない人からのメールは開かない

先ほどのケータイと同じですが、最近のなりすましメールでは、「○○急便です。お荷物のお預かり期限が迫っています」とか、「写真ができあがったので確認してください」とか、添付ファイルを開かせようとしたり、URLにつなげようとしたり、どんどん巧妙になっています。

大人は怪しいと思っても、子どもはどうでしょう?迷惑メールブロックをしてもときどきやってくるので、ケータイに引き続き注意し削除しましょう。

また、スマホの場合はメールだけではなく、インターネットで検索している際に、何かを押してしまい、にせの通知が来ることがあります。

先日、子どものスマホに突然「あなたのスマホのバッテリーがウィルスに感染した疑いがあります」という表示とカウントダウンが現れました。大人であれば「怪しい」と思うことも、子どもだけでは判断できないかもしれません。

もちろん削除しましたが、面白いからと言って「勝手にポチポチ押さない!」と叱ったのを覚えています。

3.メッセージを送る際にはもう一度読んでから

特にLINE等は、メールよりも返信する速度が皆速いので、そんなつもりではなかったという文を誤って送ってしまうことも。写真も良かれと思って送ったものが、相手は了承していないのにグループ皆が見ることになってしまうなど、顔が見えないだけにコミュニケーションツールとしては、とても注意が必要なのです。

こういったトラブルを避けるために、送る前にもう一度読んで確認する癖をつけてほしいものです。

スマホはいつから必要か?どんなルールが必要か?親子で話し合って決めることが大切

どうしても今必要なのか?親子でしっかり話し合って、やスマホを使うなら約束事を決めましょう。被害者にも加害者にもならないように、しっかりと問題を認識することが、スマホを利用する最低限の資格であると思います。

ここまでは、一般的な視点でスマホはいつからか、どんなルールが必要かをご紹介しましたが、実際他の家庭ではどのようにしているのでしょうか?その声を集めたのでご紹介していきたいと思います。

他の家庭ではスマホ事情は次ページ>>

1 2
スポンサーリンク

関連キーワード