慶応幼稚舎や成蹊小学校 、難関私立小学校の受験内容

難関私立小学校

私立小学校受験を目指している方、実際に、どのような問題が出ているか、気になるところですよね。

実際に出された過去の問題から、その学校を受験するにあたって、どのように準備をしていけばよいかが分かります。

慶應幼稚舎早稲田実業初等部など、有名私立小学校での試験内容と対策について、お話しします。

慶應幼稚舎

個人絵画・制作

  • 工作・・・毎回テーマに沿って工作内容は違うものの、創造性も問われる
  • 絵画・・・実際におもちゃで遊んだあと、そのおもちゃが今後どうなるか想像して絵を描く

行動観察

  • 厚紙で高い家を作る。
  • ブロックで、手本と同じ家の門を作る(赤と青に分かれて競争をする。制作中は仕切りで相手の顔が見えない。)完成したら、緑の線で体育座りをして待つ。制限時間になったら、先生が太鼓をたたいて終了する。

運動

  • 模倣体操
  • ボール返し(赤帽→緑帽→黄帽の順で横にいる人に渡す。最後の人は先生に渡す。)
  • 連続運動

慶応義塾横浜初等部

1次テスト

  • お話の記憶
  • 聞き取り
  • 位置
  • 左右
  • 系列
  • 童謡
  • マジックボックス

2次テスト

  • 個人制作・・・紙コップ、紙制作、割りばし(自由制作)、うちわ、ストロー
  • 模倣体操
  • 連続運動
  • 自由遊び

早稲田実業初等部

1次テスト:ペーパー

  • お話しの記憶、同図形発見、規則性
  • 制作
  • 油粘土(写真を見て、同じものを作る)、はさみとのりを使って、紙に絵柄を貼る
  • 行動観察
  • 靴下、下着、Yシャツなどの衣類を畳んで箱に入れる
  • 集団で共同作業を行う
  • 運動
  • 模倣体操、指示行動、歌いながら先生と踊る、集団でダンスを決めて踊る

2次テスト:親子面接

  • 子ども・・家族と出かけて楽しかったところなど
  • 父・・・・子どもとの接し方で気を付けている所、子どもの成長について
  • 母・・・・学校へ望むことは

成蹊小学校

1日目

<ペーパー>

  • お話しの記憶
  • 点図形
  • 点図形の応用問題

<体操>

  • 十字とび
  • ボール

2日目

<巧緻性>

大豆つかみを箸で行う

<行動観察>

折り紙を指示通りに折り、道路にする

<両親面接>

両親が小さい頃にくらべて、今と何が変わったか、など。

成蹊小学校を受験するなら知っておきたい学費や倍率、合格の条件

2016.11.08

有名私立小学校データ

その他の有名私立小学校の受験内容を紹介します。

暁星小学校

1次考査は、ペーパーテストのみで、難易度は非常に高い。スピードも速く160人にしぼられる。2次考査は、運動、行動観察が行われる。行動観察は集団での制作やゲーム、運動が行われる。面接は親子面接。募集人数は男子120名。

成蹊小学校を受験するなら知っておきたい学費や倍率、合格の条件

2016.11.08

立教小学校

2日間かけて、個別、グループによる集団考査。個別は、おはじきを使用して数の操作や指示の理解。大集団で鑑賞をし、その後、個別で鑑賞した内容について言語での質問をされる。かけっこ、歌、ダンスなど、こどもらしさを見られる。募集人数は男子120名。

立教小学校の希望者必見!学費や倍率、合格のためにすべき事

2016.11.08

雙葉小学校

ペーパーテストの難易度は高いことで知られている。数の問題は非常に難問。親子面接の比重も高く、行動観察とともに重視されている。学力重視と体力。知、徳、体に秀でていることが重要。募集人数は女子40名。

雙葉小学校を受験するなら知っておきたい合格のために必要なこと

2016.11.09

田園調布雙葉小学校

ペーパー、個別、行動観察の考査すべてで、生活能力、情緒の安定、言語の発達が問われる。子どもらしい態度や振る舞いが重視される。親子面接の比重も高い。

募集人数は女子65名。

東京女学館小学校

指示が入った行動観察、その後、子どもは面接。親子で曲に合わせて、ダンスの振り付けを考える。母子で演技を考える。そのほか、スキップ、鉄棒のぶらさがり、ペーパーも行われる。面接では、学校への理解度が問われる。募集人数は女子40名。

立教女学院小学校

2日間にわたる試験で、その内容は、少しずつ変わってきている。ペーパーテストは広範囲にわたって出題される。個別テストでは、図形構成、箸の使いかた、ひも結び、運動ではドリブル、クマ歩き、縄跳び、集団ではリズム遊びなど。募集人数は女子72名。

立教女学院小学校を受験するなら知っておきたい合格のために必要な事

2016.11.09

まとめ

以上のように、小学校受験では、ペーパー、行動観察、面接と広範囲にわたって試験が行われます。いずれも準備なしには、合格は難しい内容です。ですので、ほとんどの子どもが進学塾に通いながら受験準備を行います。

進学塾は、伸芽会、ジャック、ICE、こぐま会などが多いです。各塾により、受験したい学校に強いなどの特徴もあるので、小学校受験は、まず塾選びをしっかりとするところから始めると良いでしょう。必ず、塾の合格データを参考にして入塾するようにしましょう。

有名私立小学校を目指すのであれば、なるべく早めの準備をし、親子で心構えをしていきましょう。

スポンサーリンク