小学校受験・中学受験のことならチャイビ

2017-03-02

中学受験をやめてもいい?中学受験が本当に必要なのかちょっと考えてみませんか?

中学受験をやめてもいい?

子どもを塾に通わせている場合、「やっぱり中学受験やめます」と言い出しにくいことはありませんか?

子どもの心変わりや経済的な理由などから、中学校受験をあきらめるご家庭も実はよくあります。

塾にいると受験することが当たり前で(当然ですが)、なんだか流れに乗ってしまっているだけのような気がする方は、ちょっと立ち止まって考えてみてはどうでしょう?

私は立ち止まって考えてみたっていいと思います。

「中学受験がうちの子どもにとって本当に必要なのか?」ちょっと考えてみませんか?

今回は、中学校受験をやめた先輩ママに聞いてみたことを加えながら「中学校受験をやめるとき」についてお話ししたいと思います。

子ども自身は本当にその学校へ行きたいのかな?

中学校を受験することに決めたきっかけが、「周りの子どもも受験するから」や「塾に入ったら当然受験する雰囲気になったから」というものだった場合には要注意です。

きっかけはそうでも「今は受験する気いっぱい」なのかもしれませんが、今一度子どもに確認した方が良いと思います。

「本当にその学校へ行きたいの?」と。

子どもは学校へ行けばその学校の雰囲気に、塾へ行けばその塾の雰囲気に馴染むことが比較的容易にできます。

塾へ通っているうちに自然と(塾の思惑に乗ってしまっているのかもしれませんが)受験する気持ちになります。進学塾に通っている子どもが「やっぱり受験しないことに決めた!」と自ら申し出るようなところは、あまり見たことがありません。「塾に行きたくない」という子どもはいますが。

親も塾の保護者会や面談等で先生のお話を聞くたびに、「わが子は受験しなくてはならない」という魔法をかけられてしまったようになります。

たしかに、素晴らしい学校はたくさんありますからね。「うちの子も是非通わせたい」と思ってしまいます。

偏差値だけではなく、実際に志望する学校へ行ってみて、学校の雰囲気や生徒の様子から「この学校へ行きたい」と子どもが言っているのなら、受験はGO!です。

資料やインターネット、塾の情報だけで志望校を決めることはないと思いますが、併願校も全て実際に子どもと一緒に行ってみましたか?

子ども自身が受験をして「この学校へ行きたい!」と心の底から思っていなければ受験する意味がありません。毎日通うのは子ども自身なのですから。

親に褒められるために中学受験を頑張っていない?

あるお母さんは、「うちの子受験の雰囲気に流されちゃっているんじゃないかしら?」と不安に思って、子どもに「本当にこの学校へ行きたいの?」と聞いてみたそうです。

子どもは「だってこの学校がいい学校なんじゃないの?」と答えたそうです。

どの学校へ行きたいか?ではなく、いい学校に入ることが目的になっています。

「いい学校ならどこでも、合格したら褒められるから」と思っていたようです。そのご家庭ではもう一度親子で話し合いをして、結局受験することにしたのですが、志望校はやりたい部活が強い学校に変更したそうです。

子どもは親(特にお母さん)に褒められたいのです。親が喜んでくれる学校に合格するために頑張ってはいませんか?

中学受験はしたいけれど無理をしていないかな?

中学受験して行きたい学校があるならば、親も協力して頑張ろうと思いますよね?

その親の気持ちに答えたいと子どもはもっと頑張ります。子どもがその学校へ行きたいと思っている場合でも、実は無理をしていることがあります。

素直であればあるほど、子ども自身も気が付かないうちに、疲れやストレスをためてしまっています。一生懸命頑張るんですよね。本当にいじらしいです。

その疲れやストレスが一杯になったとき、体調に影響が出てきます。頭痛や腹痛、だるさなどその子どもによって症状は様々ですが、気持ちで表現できない代わりに、身体が無理していることを教えてくれているのです。

ある子供の中学受験をやめたケース

あるお子さんは、勉強も一生懸命、少年野球にも一生懸命取り組んでいました。

いよいよ受験生となった夏に不調が表れ始めました。野球は夏の大会で勝ち進んでいたために土日は遠征で試合です。他の日は夏期講習などの塾で勉強していたので、実はとても疲れていたんですよね。

彼の場合には、体調不良というよりも身体からのチックというサインでした。幼いころに症状があったものの当分なくなっていたのですが、また頻繁に起こるようになってきたので、やはり親子で話し合ったそうです。

「受験してその学校へ行きたいのか?」それとも「野球を続けたいのか?」

チック症の対処法としては、症状を誘発するような緊張や不安を取り除いてあげることが有効です。話し合った結果、やはり好きな野球を続けて公立中学校へ進学して野球が強い高校への進学を目指すことにしたそうです。

たとえ気持ちがあったとしても、「無理をしてまで受験する必要はない」ということではないでしょうか。

中学受験というレールから途中下車してもいい

中学校受験を一度目指してしまうと、途中下車は出来ないように思ってしまいがちですが、いつ降りてもいいと思います。

降りてみたらゆっくり見れる景色もあるでしょうし、また高校受験の電車に乗ればいい。親子で話し合って中学校受験の電車に乗ったままでいるならそれでもいいんです。行先はまたその先で相談して決めましょうよ。

スポンサーリンク

関連キーワード