小学校受験・中学受験のことならチャイビ

2016-10-05

家庭教師を選択するメリットとは?塾でなく家庭教師を選ぶ際に考慮すべきポイント

家庭教師を選択するメリット

塾にするか、家庭教師にするか。多くの人が塾を選ぶ中で、あえて家庭教師を選ぶ利点はどこにあるのでしょうか?

お子さんが中堅くらいの成績で、みんなと一緒に勉強する方が成果がありそうな様子で、かつ割と便利な土地に住んでいるならば、塾の方が賢い選択といえるでしょう。

これは、一体どういうことなのでしょうか?今回は、家庭教師を選ぶメリットやポイントについて考えてみたいと思います。

塾での人間関係が苦手な子は家庭教師がベター

塾通いのメリットの一つに、切磋琢磨しあう仲間ができることが挙げられます。小学生でも中学生でも、ライバル的存在ができると、その子よりも少しでも良い点数を取ろうと意識を始めます。

そんな人間関係があまり得意でないお子さんは、塾通いが逆に負担になるかもしれません。同じ学校の子が通っていない塾を求めて、家から離れた地域の塾に通うくらいなら、家庭教師をつけた方がいろんな面で気楽かもしれません。

お子さんが塾で勉強するタイプではないなら家庭教師

塾は、性質上、生徒の手綱を取ってしっかりと引っ張っていく傾向にあります。お子さんが、それに合うのか合わないのか、まずはそこが検討項目に挙がるでしょう。

集団塾よりも個別指導塾を望むお子さん、比較的おっとりしているお子さん、学習以前に集団でいることに気疲れしてしまうお子さんなどは、慣れた自宅で落ち着いて学習ができる家庭教師があっているかもしれませんね。

自宅から近隣の塾へアクセスが悪い

家庭教師を選ぶ方の大きな理由の一つが、アクセスの問題です。最寄り駅から車で15分、駅から自宅まではバスに乗らなければならない、というように、自宅が駅から遠い場合、塾通いが現実的でないこともあります。

塾は大抵人の集まる大きめの駅に集まりますから、電車通学の多い高校生ならともかく、地元圏内で過ごす中学生にとっては、なかなかハードルの高いことです。

家庭教師は通塾の負担がゼロ

夜遅く、毎回親御さんが送り迎えをするのも、なかなかの負担ですしね。家庭教師なら、自宅まで来てくれるので、通塾の負担はゼロです。

費用は割高ではありますが、塾通いのために主要駅まで出る労力や交通費などを考えると、そんなにマイナスではありません。

問題を解く過程までチェックしてほしければ家庭教師

問題を解く過程までチェックしてほしければ家庭教師

「この問題を解く過程でいつも迷ってしまう」

特に数学の問題を解いている時、こう思う瞬間はきっと少なからずあるでしょう。

塾の場合

個別指導塾は、大抵1対2〜3指導で、隣の生徒を教えている間に演習問題をこなすというスタイルを採っています。間違いがあればすぐに正せるのがメリットですが、問題を解いている時の答案を出す迷いや葛藤などまでは、なかなか把握できません。しかもほとんどが大学生講師ですので、いくら熟達していたとしても多角的な指導は難しいもの。

家庭教師の場合

家庭教師でプロの講師を選べば、問題を解いている過程を頭の中まで把握してもらうことも可能です。そうなると、例えば英語の問題を解いている時にも、「ここはcanと書いて正解したけれども、さっきどうして迷っていたの?何と迷ったの?」という突っ込んだ指導をしてもらうことができるかもしれません。

勉強を自分で進められ、高得点をとれているお子さん、逆に勉強が全く分からず、手取り足とり教えてほしいお子さんにはオススメです。前者のお子さんは、自分でどんどん進められるだけに、わからない瞬間があっても誰かに聞くことなく見過ごしがちです。細かいところまで指導してもらえると、成績ももうひと伸びするでしょう。

「塾のフォロー」のための家庭教師もある

進学校の勉強についていくための塾があるように、有名進学塾や受験塾で落ちこぼれないための塾が存在します。個別指導塾では、そう言った対応をしているところも少なくありません。変な話かもしれませんが、『塾のための塾』で勉強している受験生は意外に多いのです。

新たに塾に通うのが億劫なら、家庭教師という手もあります。これなら、塾のカリキュラムややり方を気にせず、質問や自分が補強してほしい箇所を重点的に習うことができます。

家庭教師の先生の中には、中学受験や高校受験に精通したプロの方も大勢いますので、そう言った方のノウハウをバッチリ教授していただきましょう。

家庭教師を選ぶメリット

家庭教師を選ぶメリットは、勉強が不得意なお子さんだけではなく、意外にも高得点を取れるお子さんにもあります。

田舎住まいの方が家庭教師にメリットがあるとは、なかなか気づかない視点かもしれません。家庭教師を紹介してもらうなら、大手が安心。講師の数も多いですし、もしかのトラブルの時にも、会社が仲介してくれるなどサポート体制が整っています。家庭教師にも様々な種類があります。

気になったら一度体験授業を受けてみるもいいかもしれませんね!

スポンサーリンク

関連キーワード