小学校受験・中学受験のことならチャイビ

2017-07-14

タブレット学習がおすすめな7つの理由!これで勉強が楽しくなる!?

タブレットで勉強する子供

お子さんはちゃんと宿題をしていますか?自発的に勉強に取り組んでいますか?

もし、子供が宿題しない、勉強しない、と悩んでいるなら、タブレットによる学習でそれを解決できるかもしれません。

これからの新しい勉強法、タブレット学習がおすすめな理由をご紹介します。

ゲーム感覚で勉強に取り組める

残念ながら「勉強が好きな子供」は少ないのが現実です。学校の宿題なども「できればやりたくない」と思う子供が多いのです。

特に紙を使った教材での勉強は子供にとっては「面白味」に欠けることもあり、なかなかやる気になりません。

その点、タブレット学習なら「ゲーム感覚」で楽しみながら勉強することが可能です。教材によってはタブレットで学習した後には、頑張ったご褒美としてアプリやゲームが提供されます。

子どもの好奇心をそそるシステムが構築されているのがタブレット学習です。

タブレット学習にしてから、「勉強する時間だよ」と声をかけなくても、自分から進んでやるようになる子も多いそうですね。

また添削に関してもその場ですぐにしてくれるので、親が○をつける必要がありません。

さらには、映像や音声で説明をしてくれるので、自分で読みながら進める紙タイプの教材よりも理解が深まるのではないでしょうか。

タブレット学習は楽しく勉強できる工夫がされている

私たちの時代には紙媒体の勉強法しかありませんでしたが、タブレットを使用した勉強法も増えつつあります。

タブレット学習のメリットは子供達が勉強をゲーム感覚で楽しく出来る工夫がされているという点ではないでしょうか?

従来の考え方では勉強は辛くて面白くないというイメージが付きまといます。それを払拭できる事は非常に効果が高いと思いますし、こういった学習法が出てきて良かったと思います。

自動丸付けや解説機能により自分で進められることで、採点待ちの間に集中力が途切れるような事もありません。

客観的な学習の進捗確認もできますし、専用端末を使用するタイプであれば、他の事に使えない点も安心です。タブレット学習はこれからの新しい時代についていく意味でも必要なものではないでしょうか。

タブレットでの勉強には自発的に取り組む

小学生、特に低学年の間の家庭学習は、市販のドリルなどを使って勉強をしていて、母親が丸付けや説明をしている家庭は多いと思います。

この方法が多くの家庭行われているスタンダードな方法ではないでしょうか。

しかし忙しい中で段々ドリルもやらない日が続き「ドリルやったの?毎日1ページはやって!」と怒鳴るようになっていませんか?

しかし、タブレットの場合、子どもにとっては、勉強してると言うよりも、ゲームで遊んでいる感覚が強いので、「タブレット学習はしたの」と言わずに取り組むようになります。

またアプリによっては一問ごとに、誉め言葉やカードなどアイテムがあり、勉強を続けるモチベーションが維持しやすくなっています。

優れたアプリが多い

まず漢字ドリルや算数ドリルなどはわざわざ本を購入しなくても無料学習アプリがたくさんあります。

計算ドリルの場合だと答え合わせが瞬時にできるので勉強効率が非常に高いです。語学の場合では読み書きだけでなく発音やリスニングも出来ます。

最近のアプリでは自分の発音が正しいかどうか判定してくれるものもあるので便利でそれでいて無料のものも多いのです。

学習を深く知るために、塾に通わせたり家庭教師を雇ったりというのは費用がかさみますが、タブレット学習ですと、そういった費用が安く済ませることができます。

タブレットで学習することは今までの紙での学習よりも学習意欲が高まるのではないでしょうか?

今後タブレットで学習しないと逆に学習格差が生まれてしまい、変化のある社会を行きていけなくなる可能性は非常に高いと思います。

世の中のIT化がどんどん進んでいく中でそういった機器を扱えるかどうかは、今後の人生において重要な意味を持ってくるはずです。

無駄な参考書、ノートが増えない

タブレット学習は教材がデータで届くので、部屋が散らからずゴミも出ないところにもメリットあります。子供が勉強するスペースの確保も広くとらなくて良いので、リビングで気軽に取り組むことができます。

自分自身が子供のころにも通信教育を受けていました。その頃は毎月たくさんの教材や付録などが届き、子供部屋を占領していたと思います。

子供としては毎月の楽しみでしたが飽きるのも早く、親が片付けてくれていたんだなと今になって思います。

それに比べて、今のタブレット学習だと勉強に必要な道具も減ってきています。エコだとも思いますし、時代に沿った学習方法を取り入れれば良いと思っています。

どの時代も新しい取り組みには同じように賛否両論あったと思うので、上手く活用していけるとよいのではないでしょうか?

場所のとらわれず、どこでも勉強できる

場所にとらわれず、どこでも学習が出来るところもメリットです。ノートとペンの勉強とは違い、どこでもいつでも勉強に取り組むことができます。

またタブレット教材だと、動画や英語のストーリーも付録的についているので、目と耳を使って取り組むことが、特に英語を覚えるうえで効果的です。紙はかさばりますが、タブレットは端末内で収まるので、散らからなくてすっきりしていて、リビングでも簡単に勉強できます。

ある家庭では紙タイプの教材を受講していましたが、漢字を書くことをとても嫌がって、まったく手を付けず、やらないことに怒って喧嘩ばかりしていたそうです。しかし、タブレット学習に切り替えてからは楽しそうに取り組んでいるそうです。

まだ効果は見えていないとのことですが、勉強には取り組むようになったそうです。

隙間時間を活用できる

タブレット学習は隙間時間も有効に活用できる、という点もオススメできる理由の1つです。

タブレットを持たせることで、通学の時間、車での移動の時間、朝起きて学校に行くまでの時間など、ちょっとした時間に学習することが可能になります。

隙間時間の活用は積み重ねといった観点でも非常に有用ではないでしょうか?

まとめ

まだ新しい学習方法のため下記の参考リンクで紹介しているように、タブレットによる学習は反対意見もあります。

しかし、今回紹介したように、タブレットをお薦めできる理由はたくさんあります。

もしメリットがデメリットを上回ると思えるのであれば、タブレット学習を家庭に取り入れてみてはいかがでしょうか?

参考リンク

タブレット学習のデメリット!私がタブレット学習に反対する理由

スポンサーリンク