小学校受験・中学受験のことならチャイビ

2016-08-26

筑波大学附属駒場中学校の入試対策と合格のためにすべきこと

筑波大学附属駒場中学校筑波大学附属駒場中・高等学校ポータルサイトより)

今回は、最難関中学と言われる「筑波大学附属駒場中学校」の学費、受験に必要な運と偏差値、そして入試問題と合格のためにすべきことについてご紹介します。

筑波大学附属駒場中学校の沿革・校風について

筑波大学附属駒場中学校は東京都世田谷区にある中高一貫校であり、最寄り駅は京王井の頭線の駒場東大前駅です。来年は創設70周年を迎えます。開成中学・麻布中学・武蔵中学の「御三家」よりも入試難易度は高いとされており、首都圏の中学受験では偏差値は最も高い学校としてランキングされます。

筑波大への内部進学はないが東大合格者を多数輩出

筑波大学附属とはなっているものの、筑波大学への内部進学枠はありません。基本的には、学生は大学受験をすることになります。

大学受験においては、東大合格への最短ルートとして知られています。合格人数そのものは開成中学・灘中学と共にトップ3を形成することが多く、合格率は1位を獲得することも少なくありません。中学受験で120名、高校受験では30名程度しか入学させず、その精鋭たちの結果、ということができます。

筑駒の学校行事は盛ん

学校行事は非常に盛んです。特に中学・高校それぞれの入学直後の4月には、井の頭線から目にすることのできる田んぼに1年生が田植えを行います(「稲作」という一大行事です)。

秋になり、収穫が近づくと、学生自作のかかしが井の頭線からも眺めることができます。収穫した米は赤飯として、卒業式・入学式の際に、卒業生・入学性にそれぞれふるまわれます。

「駒場の自由」「六年間の自由空間」という言葉の通り、生徒の自主性を重んじる校風です。上記の稲作を始め、学校行事・部活動も盛んですが、多くの生徒が進学塾、特に鉄緑会に通っている生徒の割合が高いといえます。

この鉄緑会は、生徒の多くが御三家+筑波大学附属駒場高校の生徒で構成されているという東大合格を目指すための最高峰の進学塾といえます。

筑波大学附属駒場中学校の学費

学費は、国立中学ですので、通常の公立学校と大差はありません。つまり、非常に安価です。ここを魅力に感じて受験する、という生徒も少なくありません。

また、御三家と筑駒にW合格した場合、学費の面で筑駒を選ぶこともあるようです。

筑波大学附属駒場中学校の受験に必要な運と偏差値

以前は、学区制も採用されており、遠方からの通学はできない、とされていました(現在では緩和されています)。

筑波大学附属駒場中学校の一次試験は抽選

そして、国立中学のため、一次試験はなんと、抽選、つまりくじ引きです。平日に実施されるためほとんどの生徒は親が代わりにくじ引きを引くことになります。

例年わずか30人程度を落とす試験ですが、進学塾に通う、非常に優秀な生徒がくじ引きで落ちてしまう、といった事態もまま発生しており、筑駒に入学するためには、実力だけではなく、運も必要になります。ただし、出願人数によっては、実施されない年もあります(実際に2015年は実施されませんでした)。

筑波大学附属駒場中学校合格に必要な偏差値は80!

上記したように、筑駒は合格者数が120名(実際に合格するのもほぼ同数。)と少なく、また受験日が御三家や有力校が集中する2月1日ではなく、国立中学が集中する2月3日ということもあり、御三家に合格するレベルの受験生がほぼ筑駒に終結することになります。

偏差値は78、進学塾によっては80と、天文学的な数値をはじき出すことになります。

筑波大学附属駒場中学校の入試問題と合格にためにすべきこと

入試問題自体はそこまで特徴的ではありません。

算数については、考えさせる問題が数多く出題され、思考過程も書かせられることがあります。日能研の「四角い頭を丸くする」といった発想が必要になります。SAPIXであれば、マンスリーテスト等の一番最後に出てくる中々解けないような問題にトライしておくとある程度の効果が見込めるでしょう。

国語については、知識問題も出題されますが、長文読解問題が勝負になります。

過去問をしっかりと解くというのは、どの学校の対策でも当たり前のことではありますが、筑駒の算数・国語については、特に解いておくべきでしょう。

理科・社会は基礎的な知識が必要な問題が7~8割を占めます。記述問題も出題されますが、知識のインプットが重視されている傾向にあります。

4教科に共通するのは時間との戦い(各科目40分しかありません。)、ということです。筑駒については、全教科時間が十分にあるとは言えません。いかに、効率よく点数をとっていくかが課題になっていくと思われます。

筑波大学附属駒場中学校のまとめ

筑駒の受験は間違いなく日本最高峰の難関です。運も必要になってきます。過去問を徹底的に解き、時間に慣れること、確実な知識のインプットをすること、が合格への近道といえます。

これらはどの学校の受験でも必要なことではありますが、筑駒の入試にあたっては、特に高精度の作業が必要です。

スポンサーリンク

関連キーワード