小学校受験・中学受験のことならチャイビ

2016-08-16

慶應義塾普通部・中等部・湘南藤沢中等部、それぞれの慶應中学の特徴について

慶應中学

慶應義塾とはどのような校風の学校なのか?慶應義塾普通部・中等部・湘南藤沢中等部の3つの慶應中学校とはどのような学校であるのか?今回は3つ中学の特徴についてご紹介します。

慶應義塾に共通する校風

慶應義塾そのものは、ご存知の方も多いとは思いますが、1万円札にもなっている福澤諭吉によって設立され、その歴史は150年を超えます。

そのポリシーは「独立自尊」と「半学半教」という言葉に表されています。

「独立自尊」とは、かみ砕いていえば、世論や風潮等に惑わされることなく、自分の判断で物事をしっかりと見極めた上で採るべき行動を決定する、ということです。「半学半教」とは、上に立つ者も他の者から常に学ぶ姿勢を忘れない、ということです。

これらの精神が慶應義塾の各一貫校では脈々と受け継がれています。

慶應は在学生を塾生、卒業生を塾員、これらを総称して社中と称し、非常に団結力が強いことも特徴の一つでしょう。全国各地に「三田会」と呼ばれる組織があり、先輩は後輩を非常にかわいがる、これも伝統の一つといえます。

ただし、あまりに熱中してしまう人もいる(例えば、応援指導部等は、「早慶戦」とは言わずに「慶早戦」と呼ぶことにこだわりを持っています。)ため、一部宗教的な面があり、好き嫌いが分かれる学校であることも否定できません。

慶應義塾普通部

特徴

普通部は、3つの中学校の内、最も歴史の古い学校で、東急東横線日吉駅にあります。日吉駅の改札を出ると右手に大学(その奥に慶應義塾高校)が見えますが、その方向ではなく、反対側に出て放射状にのびる道路のうち「普通部通り」という通りを歩けば10分程度で到着です。

男子校であり、部活も最も盛んといえます。

文化祭は「労作展」が9月に開かれており、非常にきめ細やかな作品(本当に中学生が作ったのかと思える作品もちらほら)を見ることができます。特に理科の教育は独特であり、実験・解剖を非常に重視することで有名です。

入試情報

入学試験は2月1日に実施され、同日の午後に面接・体育実技も実施されます。

それゆえ、普通部の理科の入試問題も非常に特徴的であり、作図問題等、独特な問題が出題されます。単に知識を羅列するだけでは合格できない、とされており、普通部の過去問を始め、理科については普通部対策が特別に必要になります。

慶應義塾中等部

特徴

中等部は、慶應義塾の本丸である三田に立地している共学の中学校であり(近隣には慶應義塾女子高等学校もあります)、JR山手線・京浜東北線の田町駅か、都営地下鉄三田線・浅草線の三田駅から徒歩10分ちょっとでつくことができます。

大学・女子高に近いこともあってか、中等部生は3年後・9年後(大学生の1・2年生は原則として日吉キャンパス・3・4年正が三田キャンパスのため)を見ながら投稿することになります。

中庭は舗装されたアスファルトですが、それとは別に徒歩3分ほどのところに綱町グラウンドというグラウンドがあり、体育会系の部活や体育の授業の多くはそこで実施されます。

ただし、グラウンドを使用することに制限があるのも事実であり、部活動は多くても週3日(試合は除く)に制限されてしまっています(テニス部等は部活のみならずスクールに通うこと前提になっています)。そのため、多くの生徒は体育会系の部活と文科系の部活を兼部していますし、学校もそれを推奨しています。

先生のことを「●●さん」と呼ぶのも特徴的です。

展覧会と呼ばれる文化祭が行われ、そこでは各部活の発表(例えば英語研究会は、ドラえもんの英語での実演)が行われます。

入試情報

入学試験は2月3日に実施され(面接は別日)、珍しくマークシートが採用されており、知識の習得がなによりも重要な学校といえます。

慶應義塾湘南藤沢中等部

特徴

湘南藤沢中等部は3つの中学校の中で最も新しい学校であり、共学です。小田急江ノ島線・横浜市営地下鉄・相模鉄道線の湘南台駅からバスに乗って移動します(将来的に横浜市営地下鉄のキャンパス内への延伸計画もあるようです。)。

中高一貫教育を実践しており、中学1年生~高校3年生を1年生~6年生と称することも特徴です。

七夕祭と呼ばれる文化祭も中高同時開催で、雰囲気は中等部に近いものがあります。

入試情報

入学試験は、2月2日(面接は別日)に実施され、3つの中学の中では最もオーソドックスな形式であり、知識と記述療法の能力が要求される問題で構成されています。

最近では、慶應義塾横浜初等部が荏田に開設され、そこからの進学先は全て湘南藤沢中等部とされています。そうすると実質的に12年間の一貫教育を標榜している、とも考えられます。

※各校の試験内容・日程については変更になっている可能性があります。各校が発表している最新の試験内容ご確認ください。

関連リンク

慶應幼稚舎を受験するなら知っておきたい学校の特色、入試問題、合格の条件

スポンサーリンク

関連キーワード