渋谷教育学園渋谷中学(渋渋)の特色、受験情報、合格のためにすべきこと

渋谷教育渋谷学園

渋谷教育学園渋谷中学校の特色

21世紀の国際社会で活躍できる人間を育成するため、自らの手で調べ、自らの頭で考える「自調自考」の力を伸ばすことを根幹に、国際人としての資質を養う、高い倫理感を育てる、という3つの教育目標を掲げています。

校外研修も、現地集合で生徒が自分たちで生き方を調べるという「自調自考」を養う教育となっています。

外国人教師による少人数英語教育や、海外からの帰国生も多数在籍しており留学生も受け入れています。

学校の沿革

1924年に中央女学校として創立。1947年には渋谷高等学校に改組。その後、1951年に渋谷教育学園を設立。1963年、渋谷女子高等学校へ学校名を変更。1996年に現在の中高一貫の渋谷教育学園渋谷中学高等学校を開校。

施設

1996年に、明るく快適な空間になっている地上9階・地下1階の校舎が誕生しました。

個人やグループで調べ学習ができるICT室、電動式チェアを備えた多目的ホール、身だしなみを整えるパウダールームは、男子・女子両方のトイレに設けられています。

人間工学に基づいてデザインされている机と椅子は、オーストラリアより輸入されており中学1・2年の教室で活用することができます。

発電の仕組みや発電量が理科室前のモニターで確認できる透過型薄膜太陽電池ガラスが、一部の窓に設置されています。

進学先

平成29年進学実績では、国公立大学に69名(そのうち東京大学へは21名)が現役で合格しました。慶應義塾大学へは52名、早稲田大学67名、上智大学15名、各大学の医学部医学科へは21名が合格しています。

その他、海外の大学にも合格しています。

学校周辺の環境

渋谷の都心の真ん中にあり、どの地域からも通学しやすいのが利点です。そして繁華街とは反対側に位置しており、登下校時の安全への配慮も徹底しています。

渋谷教育学園渋谷中学校へのアクセスは、渋谷駅から明治通りを原宿方面へ徒歩7分。明治神宮前駅から明治通りを渋谷方面へ徒歩8分。

学校生活とカリキュラム

週6日制。学習カリキュラムは、中高6年間を2学年ずつ3つのブロックに分け、独自の学習計画図「シラバス」を実施しています。

  • 基礎学力の徹底をはかるAブロック(中1・2)
  • 応用力を高めるBブロック(中3・高1)
  • 難関大学を見すえ実践力を養成するCブロック(中3~高2希望者)

に分かれます。

そのほか、海外研修もあり、中3の春休みに約2週間のオーストラリア語学研修・高1・2の夏休みにはアメリカ、春休みにはイギリスへの短期研修を実施。アメリカ、イギリスへの長期留学制度などもあります。

行事と部活動

約40のクラブ活動・同好会があります。運動部では、柔道部が全国大会優勝のほか、野球部、テニス部、ダンス部、サッカー部などが活躍。文化部では英語ディベート部、合唱部、吹奏楽部などが活発です。模擬国連部では、高校模擬国連国際大会の出場権を4年連続獲得し、日本代表としてニューヨークで行われる高校模擬国連国際大会にも参加しています。

行事は、スポーツフェスティバル、飛龍祭(学園祭)、音楽祭、校外学習(中1鎌倉、中2信州、中3奈良)、スキー教室、百人一首大会、模擬裁判などが行われています。

渋谷教育学園渋谷中学校の受験情報

2017(平成29)年の試験日は2月1日・2日・5日でした。募集人数は2月1日約70名、2日約70名、5日約23名です。
※面接試験は行われません。

受験科目と配点

科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
社会 30分 50点
理科 30分 50点

偏差値

渋谷教育学園渋谷中学校の偏差値は男女共65です。

倍率

2017(平成29)年の入試では、全体で募集人数163名に対し受験者は1,611名、合格者が396名でした。受験倍率は、全体では約4倍となりました。(帰国生のぞく)

渋谷教育学園渋谷中学校の学費

入学手続きおよび入学後の学費一覧

入学納入金 毎月の納入金
入学金 290,000円 授業料 41,000円
施設拡充費 70,000円 施設費 12,000 円
教育後援会入会金 3,000円 研修積立金 4,000円
生徒会費 1,000 円
教育後援会費 2,000円

別途制服指定品あり。学債・寄付金はありません。

渋谷教育学園渋谷中学校の入試問題と対策

算数

大問が5題、そのうち大問1が計算問題と一行問題、大問2以降が応用問題という出題形式です。H20年度入試より、答えのみが要求されるスタイルから、一部記述型の入試スタイルに変更されました。

記述型の場合、途中のプロセスを表すことで、たとえ誤答であっても方向性が正しければ部分点がつきます。

記述問題の数は多くはありませんが、答案作成のためにも日頃から計算問題でもきちんと途中式を書く癖を身につけておきましょう。

図形、数の性質、速さ、規則性、場合の数に関する問題がよく出題されています。

国語

「物語文」と「論説文」の大問が2題という問題形式です。

解答形式は、選択式と記述式が中心です。

記述問題は50字~80字程度がほとんどであり「要点を簡潔にまとめる力」と「自分の言葉で表現する力」が求められます。記述問題が半分を占めるため、過去問などで記述問題対策をしっかりとやっておきましょう。

社会

大問4〜5題という出題形式です。地理・歴史・公民・時事問題が出題され、混合した問題も出されます。

時事問題は、最近話題になったニュースを出題する傾向があるので、日頃から新聞やニュースを見る習慣をつけ、その話題についての詳しい知識を身につけるようにしておきましょう。

問題数が30問程度あるため、1問当たり約1分で解く必要があり、スピードと正確さが求められるので、過去問等で速く解く練習をしておくことが重要です。

理科

大問が4〜5題程度という出題形式です。

物理・化学・生物・地学の4分野から混合された問題が出題されます。

実験・観察を基に分析を行って、筋道を立てて考えていく必要がある問題が多いです。

解答形式は、選択式、記述式、作図となっているので、ただ単に暗記するだけではなく自分で考えて表現する力も付けておくことが大切です。身近な自然現象などに日頃から関心を持って考える習慣が必要です。

大問中の小設問の順番が、後半の問題を解くためのヒントになっている場合があるので、過去問等で確認しておきましょう。

渋谷教育学園渋谷中学校合格のために必要なこと

渋谷教育渋谷学園渋谷中学校に合格するためには、全4教科において、ただ暗記するというだけの学習ではなく、いずれも自分の考えを簡潔にまとめる力とそれを表現する力を身につけておくことが大切です。

そして日頃から、身近で起こっている自然現象やニュースなどの物事に関心を持ち、それについて自ら考える習慣もつけておきましょう。

スポンサーリンク
渋谷教育渋谷学園