小学校受験・中学受験のことならチャイビ

2017-03-29

芝中学を受験するなら知っておきたい学費や偏差値、合格のために必要なこと

芝中学

芝中学校の特色

芝中学校は、浄土宗増上寺が設立した仏教系の学校です。

高等学校からの募集は行わない完全中高一貫校で、愛知県にある東海中学校・高等学校は兄弟校であり、転校生の相互受け入れを行っています。

校訓「遵法自治」の下に自由で大らかな校風を特徴としています。

世の役に立つ活動に積極的に奉仕人物を育成することを願いとし、そのために高い理想実現のための知識や、道徳的・宗教的情操の基本を加えながらの教育を実践しています。

また、戦前より名門の進学校として知られ、各界で活躍する幾多の人材を輩出してきました。

学校の沿革

1887年に浄土宗の子弟教育のために設立された浄土宗学東京支校が前身です。浄土宗増上寺が1906年(明治39年)私立芝中学校として一般に開放し、芝中学校となりました。

1998年には、地上8階地下1階の新総合校舎が完成しました。2006年に創立100周年を迎えました。

施設

通常の教室のほか、化学実験室、物理実験室、生物実験室など特別教室が充実しています。マルチメディア教室は、放課後、週2回生徒に開放されており、生徒たちは、インターネット及びワープロ・プログラム関連のソフト等を自由に利用できます。常時、教員が1~2名ついています。図書室には5万点の蔵書があります。

進学先

2016年3月の合格実績では、国立では東大18名、京大8名など卒業生の39%にあたる112名が合格しています。私立では慶應83名、早稲田118名、上智37名、東京理科大84名など名門進学校として恥じないしっかりとした進学実績があります。

学校周辺の環境

芝中学校へのアクセスは、東京メトロ日比谷線の神谷町駅から徒歩5分、都営三田線の御成門駅から徒歩7分、都営大江戸線の赤羽橋駅から徒歩10分ととアクセスしやすい場所にあります。

芝中学校の受験情報

試験日は平成29年(2017年)2月1日(募集人員150名)、2月4日(募集人員130名)でした。受験型は4教科型となっており、科目・時間・配点は次の通りになります。

  • 国語:50分で100点
  • 算数:50分で100点
  • 理科:40分で75点
  • 社会:40分で75点

合計350点満点で判定します。面接試験はありません。

芝中学校の偏差値と倍率

偏差値

芝中学校の偏差値は69。難関中学の1つです。

倍率

募集人員280名に対して受験者が1657名、合格者が480名で実質倍率は3.45倍です。

芝中学校の入学後の学費

入学手続きに必要な費用は次の通りです。

入学金 300,000円
授業料 486,000円
その他 270,540円

初年度納入金は約106万円、中学3年間の費用は約260万円になります。

芝中学校の入試問題と対策

算数

計算2問と大問で構成されています。総設問数は15問程度です。計算問題は項が多く複雑なものが出題されるので、正確な計算力を求められます。

速さや水量の変化などグラフをからめた問題と比を利用する平面図形の問題はよく出題されます。

基礎を固め典型題はミスなく解き切れるように練習しておくことが大切です。さらに、過去問演習で応用問題に多く触れておくことも対策になるでしょう。

国語

漢字の音訓を書かせる問題が10問と、説明文、物語文の長文2題の構成です。記述が多く30~80字程度のものが8題前後出題されるため、要点をすばやく的確にまとめる練習が必要になります。

小説・物語文では登場人物の心情、論説・説明文では内容・文脈の理解と文章の組み立てに重点がおかれており、文章のポイントをつかむ練習が重要になります。

社会

大問4問の構成となっています。地理は日本の地形、歴史は政治・外交史、政治は日本国憲法についての出題が多く見られます。

全体的に基本的な知識を問う問題が多いが、資料や写真が多様されているという特徴があります。

100字程度の長文の記述問題もあり、資料を読み取り、文章にまとめる訓練を行っておくとよいでしょう。

理科

大問5問の出題になります。4分野から各1題と総合問題が1題出題されます。基本的な知識を問う選択問題が多いので、まずは知識の暗記をしっかりと固めることが大切になります。

計算・作図・グラフ・記述もバランスよく出題されますので、暗記だけでなく実戦的な問題集を使用し、トレーニングをつんでおきましょう。

過去問での対策は有効なのでしっかりと取り組む必要があります。

2年間の受験生平均点

国語 算数 社会 理科 合計
2017年度1回 合格者平均点 70.8 62.1 38.6 38.6 210.1
受験者平均点 63.0 48.7 32.8 32.0 176.5
2017年度2回 合格者平均点 66.5 69.0 43.1 47.8 226.3
受験者平均点 60.2 51.9 37.1 39.1 188.3
2016年度1回 合格者平均点 77.3 54.6 46.6 49.0 227.6
受験者平均点 73.2 40.4 41.2 43.0 197.9
2016年度2回 合格者平均点 76.8 60.6 48.9 40.7 229.0
受験者平均点 72.0 43.2 42.0 33.1 190.3

芝中学校合格のために必要なこと

算数では、全問題に手をつけるよりも、手をつけたものを一つでも確実に得点することが大切です。

そのために、まず正確で速い計算力を身につけてください。立体が苦手な人は、立体を見取図や展開図にする練習をしておくとよいでしょう。

国語では、基礎知識の習得と総合的な読解力の養成が重要になります。多くの問題文に触れ、また文章を書く習慣を身につけましょう。

社会では、単なる知識の集積だけでは歯が立たない問題が目立ちますので、問題を解くときに原因・背景・影響・結果・条件などを考えながら解くとよいでしょう。

社会的な思考力を見る問題が多くなっているので、日頃からニュースなどに興味を持ちましょう。

理科では、実験・観察を中心にした問題がほとんどですので、情報を集め、分類し、結果を表やグラフにまとめる練習がよいでしょう。また、表やグラフから読み取れることを整理する練習も重要になります。

4科を通して、しっかりとした学力が必要となりますので、表面的な知識ではなく、立体的な知識を組み立てることを意識して勉強してください。

スポンサーリンク

関連キーワード