成蹊中学校の偏差値や倍率!合格のために必要なこと

成蹊中学

成蹊中学校は、学校法人成蹊学園が設置する男女共学の中高一貫校です。

高校からの募集も行われ、併設型の中高一貫校となっている成蹊中学校の特色、偏差値などをご紹介していきます。

成蹊中学校の特色

成蹊学園は、一つのキャンパス内に小学校、中学校、高等学校、大学、大学院を設置していることが特徴です。

このうち成蹊中学校・高等学校では、6年間の中高一貫教育が行われています。

成蹊中学校・高等学校では、「個性の尊重」、「品性の陶冶」、「勤労の実践」という成蹊学園の建学の精神をもとにした教育が行われています。これらの建学の精神は人格教育として重要視され、学力だけでなく、人間としての力を形成する教育方針になっています。

中高一貫教育として、中学1年と中学2年が「導入期教育」、中学3年と高校1年が「充実期教育」、高校2年と高校3年が「発展期(進路期)教育」となり、3つのステージに分けられています。導入期教育では、比較的ゆっくりとした授業進度で着実に学習を進めています。

充実期教育では、幅広いカリキュラムのなかで基礎学力の向上が行われています。発展期(進路期)教育は、進路別の様々なコースによる学習体制で、高校卒業後の進路を踏まえたカリキュラムとなります。

学校の沿革

成蹊中学校・高等学校は、1906年に開塾された学生塾(翌年に成蹊園と命名)が始まりとなります。1912年に成蹊実務学校、1914年に成蹊中学校、1925年に成蹊高等学校が創設されました。

新制による成蹊中学校は1947年に、同じく新制による成蹊高等学校は1948年に創設され、現在に至っています。

施設

主な施設は、中学校ホームルーム棟、高校ホームルーム棟、中高中央館、理科館、造形館、特別教室棟、中高グラウンド、中高テニスコート、中高第1体育館、中高第2体育館、野球場などがあります。

中学と高校で共通の施設が多く見られます。

進学先

成蹊中学校・高等学校では、成蹊大学への内部進学をする生徒は約4分の1、外部の大学への進学を希望する生徒は約4分の3とされています。

2018年の進学実績を見ると、東京大学2名、東京工業大学5名など、国公立大学への進学のほか、早稲田大学39名、上智大学26名、慶應義塾大学36名など、私立大学への進学実績が豊富です。

学校周辺の環境

成蹊中学校は、吉祥寺駅(JR線、京王井の頭線)、三鷹駅(JR線)、西武柳沢駅(西武新宿線)の3つの駅からバスでアクセスが可能です。また、武蔵関駅(西武新宿線)からは徒歩20分でアクセスできます。

これら4つの駅は、いずれも都心からのアクセスに優れています。成蹊中学校はこれらの駅からバスや徒歩で通学することができるので、都心からも比較的スムーズに通学できます。

バスで通学する場合は、成蹊学園前と緑町住宅の2つの停留所が利用できます。吉祥寺駅と西武柳沢駅からバスでアクセスする場合は成蹊学園前(吉祥寺駅から約5分、西武柳沢駅から約15分)で下車し、学校は停留所から徒歩約8分です。

また、三鷹駅からバスでアクセスする場合は緑町住宅(三鷹駅から約8分)で下車し、学校は停留所から徒歩約10分となります。

成蹊中学校の受験情報

試験日

第1回:2019年2月1日(金)

第2回:2019年2月4日(月)

募集人数

  • 第1回:男子約45名、女子約40名
  • 第2回:男子約25名、女子約20名

試験科目

第1回、第2回のいずれも、試験科目は国語、算数、社会、理科の4科目型です。試験時間と配点は、国語と算数がそれぞれ50分で100点満点、社会と理科がそれぞれ30分で50点満点となります。

成蹊中学校の偏差値と倍率

偏差値

男子 女子
第1回 48 54
第2回 51 56

男女ともに第2回の方が偏差値が高くなっています。また、第1回と第2回のいずれも、男子より女子の方が偏差値が高くなります。

倍率

男子 女子
第1回 2.1 2.3
第2回 3.6 4.8

いずれも女子の方が倍率が高く、第2回の方が男女ともに倍率は上がります。特に第2回の女子の倍率が高いことが特徴的です。

成蹊中学校の入学後の学費

2018年度の成蹊学園の納付金一覧による学費は以下になります。

入学金 300,000円
授業料 636,000円
施設費 200,000円
初年度の学費 1,136,000円

また、2年生(2017年度入学者)の学費は合計83万6000円、3年生(2016年度入学者)の学費も合計83万6000円となります。

1年生から3年生までの学費を全て合計すると、280万8000円となります。

年度によって額に変動がある可能性もありますが、成蹊中学校に入学して3年間の学費の合計の目安として考えることができます。

成蹊中学校の入試問題と対策

算数

試験時間は50分で100点満点となり、大問6問程度の出題があります。大問1は計算問題、大問2は小問集合となり、大問3以降は応用問題という出題傾向が多く見られます。

全体として複雑な問題が多いことが特徴です。

計算問題では小数や分数が多く含まれ、応用問題は時間のかかる問題が多く見られます。一方で、計算問題の大問1は2問程度の出題で、そこまで多くの計算問題が出題されるわけではありません。

頻出範囲としては図形が多く、特に移動の問題がしばしば出題されます。点の移動や図形の移動など、解答にやや時間がかかるものが多いですが、似たような傾向の問題を徹底して解いておくことで、ある程度対応が可能です。

1問ごとに時間がかかる問題が多いため、時間配分には十分に注意する必要があります。

試験時間は50分ですが、問題内容を考えると決して時間的余裕があるわけではありません。複雑な計算も速く正確にこなす力が求められます。途中で複雑な計算を必要とする問題に慣れておき、本番でも一つ一つ正確に解いていくようにしましょう。

国語

算数と同様に、試験時間50分で100点満点となります。

大問は2~3問程度で、漢字、読解問題が出題されます。読解問題は、説明文または随筆文が1問、小説文が1問という出題が多く見られます。

読解問題は、記述問題が多いという特徴があります。100字程度の記述が出題されることもあり、かなり難解な問題になることがあります。そのため、成蹊中学校の国語対策は記述をメインに進めることが重要です。

論理展開や心情・場面の変化を正確にとらえ、それをもとに表現することが求められます。自分の言葉できちんと表現できないと得点に結びつきにくいので、内容把握とともに記述で表現できる力を養うことが重要です。

過去問をはじめとして、記述の多い長文問題にはきちんと慣れておきましょう。

社会

社会は試験時間30分、50点満点となり、国語や算数より配点が低くなります。

大問は2問程度で出題傾向も定番化しているものが多く、ここはきちんと得点しておきたいところです。

成蹊中学校の社会では、地理の出題が少ないという特徴があります。地理は大問として出題されず、小問の中で知識が問われるというパターンが多く見られます。また、歴史は明治以降の近代史が多く、公民は比較的まんべんなく出題される傾向があります。

出題形式としては、いずれの大問も長めの文章が用意されています。

資料問題や記述問題が多いため、文章や資料を正確に読み取ったうえで、きちんと記述できる力が求められます。その場で資料をきちんと読み取れるように、普段から資料問題は重点的に対策をしておきましょう。

問題数がそこまで多いわけではありませんが、記述問題をはじめとして一問ごとに時間がかかる傾向があります。そのため、時間配分にも注意しておきましょう。

理科

社会と同様に、試験時間30分、50点満点となります。

大問4問程度で各分野から出題され、適語記入問題、数値を答える問題が多く見られます。一方で、記述問題も見られるため、注意が必要です。

計算問題としては、気体、水溶液、力のつり合いなどが重要です。ここはきちんと得点源にしておきましょう。また、生物分野では難解な出題も見られ、時間がかかる傾向があります。各分野からまんべんなく出題されるため、他の分野との時間配分にも注意しておきましょう。

基礎的な問題はケアレスミスなく正答し、難解な問題を解く時間とのバランスが重要になります。問題によって難易度に差が見られますが、時間との兼ね合いで効率よく得点できるように、特に過去問演習が重要になります。

過去問

受験生平均点と合格点

受験生平均点

平成30年度の入試結果より、国語の平均点は比較的低く、特に第1回の国語の平均点は半分ほどです。また、社会と理科は50点満点ですが、第1回の理科の平均点も半分より下回っています。

第1回受験生平均点

国語 50.8点
算数 61.5点
社会 31.7点
理科 25.2点

第2回受験生平均点

国語 49.7点
算数 55.7点
社会 32.3点
理科 33.0点

合格者の平均点

合受験生平均点と比較すると、特に算数で差が広がる傾向があります。

第1回合格者平均点

国語 57.4点
算数 71.3点
社会 34.4点
理科 29.0点

第2回合格者平均点

国語 57.0点
算数 80.0点
社会 37.6点
理科 37.5点

また、合格者最低点を見ると、第1回は男子が164点、女子が189点、第2回は男子が184点、女子が211点となります。

4科目合計で300点満点となるので、それぞれの割合を見ると、第1回は男子が54.6%、女子が63%、第2回は男子が61.3%、女子が70.3%となります。

女子の方が合格最低点は高く、7割近くの得点が求められます。男子は6割近くの得点が必要と言えるでしょう。

成蹊中学校合格のために必要なこと

成蹊中学校の試験問題は、全体としては手間のかかる出題が多い傾向があります。算数の応用問題や国語の記述問題、社会の記述問題や理科の生物分野など、時間のかかる問題が目立ちます。

一方で、難問に時間をかけすぎて基本的な問題を落としてしまうことは避けなくてはなりません。そのため、成蹊中学校の試験対策は特に時間配分が重要になります。

出題形式は、各科目で比較的つかみやすくなっています。頻出分野やよく出る出題傾向をきちんとおさえ、似た傾向の問題は重点的に解いておきましょう。

速く正確に解けるようになれば、時間配分の対策にもなります。また、平均点から考えると社会と理科では差がつきにくい可能性があります。

国語と算数できちんと差をつけられるように、特に重点的な対策が必要になります。そのうえで、社会と理科は、正答すべきところはきちんと正答し、ケアレスミスをなくすようにしましょう。

スポンサーリンク
成蹊中学