武蔵高等学校中学校を受験するなら知っておきたい!学費や偏差値、合格のために必要な事

武蔵高等学校中学校は、1922年に武蔵高等学校が設立されたことに始まる、中高一貫の男子校です。

今回は武蔵中学の学校の特色や受験情報、そして合格のために必要なことについてご紹介します。

武蔵高等学校中学校の特色

武蔵高等学校中学校は、高等学校からの生徒の募集を行わない完全中高一貫校となっています。

6年間の一貫した教育によって、基礎を身につけ自分で考える人材を育成することを授業方針としています。大学受験を念頭に置きつつも、自由に学ぶこと、主体的に学ぶことを目標とした教育が行われています。

高校1年まで選択授業はほとんどなく、必修の授業によって基礎を身につけます。

高校2年から選択授業が増え、高校3年での授業の大半は選択授業となります。

6年間の中で基礎から発展へと進み、最終的に選択授業によって自由な選択ができる、というカリキュラムが特徴です。

この中で、自由に学問を学び、自分で考えることのできる人間の育成が実践されています。また、部活動や委員会の活動も活発に行われています。

学校の沿革

1921年、財団法人根津育英会が設立され、1922年には旧制7年制の武蔵高等学校が開校しました。

1948年に学制改革によって新制武蔵高等学校が発足し、1949年には武蔵中学校が発足し、武蔵大学も発足しています。

武蔵大学も、旧制武蔵高等学校が前身となります。

2000年には高校入試が廃止となり、現在の完全中高一貫校となりました。

施設

武蔵学園キャンパスの中に、中学・高等学校と大学があります。

講堂は学園全体が使用し、大学図書館も中高生の利用が可能です。

進学先

2018年大学進学者(現役・既卒)の代表的な進学先としては、国立大学では東京大学27名、一橋大学4名、東京工業大学8名、私立大学では慶應義塾大学16名、早稲田大学12名、東京理科大学6名など、難関校への進学実績があります。

武蔵高等学校中学校は、完全中高一貫での6年間の教育の中で、基礎から発展へと進むカリキュラムになります。

最初に基礎を固める段階で、大学受験を念頭に置いた教育課程となっているものと考えられます。

学校周辺の環境

武蔵高等学校中学校は、西武池袋線の江古田駅から徒歩6分、桜台駅から徒歩8分、都営大江戸線の新江古田駅から徒歩7分、西武有楽町線の新桜台駅から徒歩5分となり、多くの駅からのアクセスが可能です。

また、バスでのアクセスにも優れています。中野駅からの関東バス江古田駅行では、江古田駅で降りて徒歩5分、高円寺駅からの関東バス・国際興業バス赤羽駅行では、豊玉北で降りて徒歩5分、目白駅からの都営バス練馬車庫行では、武蔵大学前で降りて徒歩0分、というように、中野駅、高円寺駅、目白駅からバスでアクセスすることができます。

参考書籍

武蔵高等学校中学校の受験情報

試験日

2018年2月1日

募集人数

160名

試験科目と配点

科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
社会 40分 60点
理科 40分 60点

偏差値

武蔵高等学校中学校の偏差値は64です。難関中学校の一つになります。

倍率

平成29年度の受験者数は577名、合格者数は187名です。倍率は3.1倍になります。

武蔵高等学校中学校の学費

入学金 370,000円
授業料 520,000円
維持費等その他 332,200円
初年度合計 1,222,200円

また、授業料などの合計85万2200円を中学2年、3年それぞれの学費とすると、中学3年間の学費の目安としては292万6600円になります。

ここに教材費などが加わるため、実際にはもう少し学費が上がります。

武蔵高等学校中学校の入試問題と対策

算数

試験時間50分の中で大問4問、問題文以外の箇所に解答するという形式になります。

そのため、途中式などから部分点を取れるかどうかも重要になります。記述が重視される問題形式となるため、ただ問題に答えるのではなく、どのように考えて答えを出したかが重要視されます。

頻出の分野としては、場合の数や数の性質、比と割合、和と差、速さ、平面図形などが挙げられます。

特に場合の数、約数や倍数などの数の性質の問題に特徴があります。これらは途中経過をきちんと書き出し、調べ上げたということを示さなければなりません。

もちろん他の分野でも、考え方や式をきちんと書き出すことになります。

出題傾向は毎年あまり変わりませんが、中学入試全体で見ると特殊な傾向といえるので、事前に十分な対策が必要です。

とにかく記述の練習が重要になるので、どのように考えたかの過程をきちんと書き出せるように、普段から演習を重ねることが大切です。傾向に慣れるため、過去問は重点的に分析し、解いておく必要があります。

国語

試験時間50分の中で大問は1問で、読解問題に加えて漢字の書き取り問題もあります。

近年では随筆や論説文が出題される傾向があります。武蔵高等学校中学校の国語は、字数制限のない記述問題が大きな特徴です。

自由に記入する解答形式になりますが、字数制限のない中できちんと解答をまとめることが必要です。ただ長く書けばいいというわけではなく、問題に適した解答をすることが重要になります。

心情を問う問題、説明する問題など、本文の展開を正確に把握し、解答を導き出す力が求められます。

特に説明する問題では、該当する部分の論旨をきちんとまとめたうえで説明することになります。

社会

試験時間は40分で、大問1問の中に様々なテーマがまんべんなく含まれる問題形式が特徴です。

問題文も長い傾向があり、記述問題も多く出題されます。単なる暗記ではなく、覚えた知識を活用してきちんと説明できる力が必要です。

問題としては、長い問題文、統計、グラフなどから情報を整理し、解く問題が多く見られます。基本的な問題をきちんと解答したうえで、情報を整理して記述問題を解くことが求められます。

理科

試験時間は40分で、大問3問の中に小問集合、記述、計算、観察問題などが含まれます。

特に観察問題はかなり特殊な出題形式です。大問3が観察問題になりますが、その場で実物が配布され、それらを観察して解答するという形式になります。

全体的な傾向としては、物理からの出題が比較的多く見られます。また、記述問題の割合も高くなっています。

観察問題も含め、記述では情報を正確に読み取ることと、それに対する説明が求められます。

過去問

 受験生平均点

国語 算数 社会 理科 合計
合格者平均点 68.4 54.9 34.1 38.5 196.0
受験者平均点 61,1 40.4 29.8 34.2 165.5

平成29年度の合格最低点の合計は180点でした。

武蔵高等学校中学校合格のために必要なこと

武蔵高等学校中学校の試験問題は、国語と算数がそれぞれ100点満点、社会と理科がそれぞれ60点満点です。

試験時間も、国語と算数がそれぞれ50分であるのに対し、社会と理科は40分となっています。やはり、国語と算数で差がつきやすい傾向が見られます。

全体的に記述が多いという特徴がありますが、社会と理科は差がつきにくい傾向があります。

出題形式が特殊なため、きちんとした対策が必要ですが、傾向が比較的つかみやすいため、対策をした受験生の間であまり差は見られないものと考えられます。

一方で、やはり算数と国語で差がつく傾向が強くなります。

特に算数は途中経過を全て書くことになるため、ここでいかに採点者にアピールできるかが大きな分かれ目となります。ただ途中経過を長く書くだけでなく、きちんと採点者側に「こう考えた」ということをアピールする必要があります。

国語も、ただ長く書けばいいわけではありません。字数制限がない中で的確な答えを示す必要があります。

算数と国語は、十分な演習を重ねて傾向に慣れておく必要があります。

過去問をはじめとした対策で、解答の中できちんと説明できる力をつけることが重要です。また、差がつきにくい理科と社会では、基本的な問題は必ず正確に解答することも重要なポイントです。

スポンサーリンク