共立女子中学校を受験するなら知っておきたい、学費や偏差値、入試の対策

共立女子共立女子中学校は、東京都千代田区にある私立の女子中高一貫校です。

今回は共立女子中学校の受験予定者なら知っておきたい、学校の特色や受験情報、入試問題の特徴などをご紹介していきます。

共立女子中学校の特色

共立女子中学高等学校は、1886年に設立された共立女子職業学校が始まりとなる、長い歴史をもつ中高一貫校です。

「誠実・勤勉・友愛」という校訓のもと、「女性の自立と社会に役立つ女性の育成」を目標とし、人間形成としての「関わる力」「動く力」、学力形成としての「考える力」「解く力」という4つの力が重視されています。

また、高等学校からの募集は行われない完全中高一貫校となり、中学1年から高校1年までの4年間で基礎力をつけ、高校2年から3年で実践力をつけるという、中高一貫ならではのカリキュラムが組まれています。

そのほか、グローバル教育として、ニュージーランドの女子校でのターム留学や、英語研修・ホームステイなど、様々な取り組みが行われています。

学校の沿革

1886年に共立女子職業学校が設立され、1936年には共立高等女学校が設置されました。

1947年に共立女子中学校が、翌年1948年には共立女子高等学校が設置され、現在に至ります。

施設

主な施設は、中高校舎棟となる1号館、食堂、売店、図書室、茶道・礼法室、コンピュータ演習室、共立講堂、体育館、音楽室、体育室などがあり、充実した施設が多く見られます。

進学先

2019年度の大学合格実績を見ると、早稲田大学24名、慶應義塾大学8名、上智大学14名といった私立の難関校のほか、千葉大学5名、筑波大学4名など、国公立大学への合格実績も見られます。

学校周辺の環境

交通アクセス

  • 地下鉄半蔵門線・都営三田線・都営新宿線の神保町駅から徒歩3分
  • 地下鉄東西線の竹橋駅から徒歩5分
  • JR線の水道橋駅、御茶ノ水駅から徒歩15分

都心の中心部に位置しており、地下鉄線のほかJR線の駅も徒歩圏内となり、多方面からのアクセスに優れています。

共立女子中学校の受験情報

受験日程と募集人員

  • 2/1入試 130名
  • 2/2入試 110名
  • 2/3インタラクティブ入試(AM) 15名
  • 2/3合科型入試(PM) 40名

試験科目と試験時間・配点

2/1入試と2/2入試

科目 試験時間 配点
国語 45分 100点
算数 45分 100点
理科・社会 50分 各50点

2/3インタラクティブ入試(AM)

科目 試験時間 配点
算数 45分 100点
英語インタラクティブトライアル 1グループ約30分 100点

2/3合科型入試(PM)

科目 試験時間 配点
合科型論述テスト 50分 100点
算数 50分 100点

共立女子中学校の偏差値と倍率

偏差値

共立女子中学校の偏差値を80偏差値でみると次の通りです。

2/1入試 52
2/2入試 53
2/3合科型 54

倍率

2021年度の倍率は次の通りです。

募集人数 受験者数 合格者数 倍率
2/1入試 130名 398名 157名 2.5倍
2/2入試 110名 510名 205名 2.5倍
2/3合科型入試 40名 198名 54名 3.7倍
2/3インタラクティブ入試 15名 25名 18名 1.4倍

共立女子中学校の入学後の学費

入学金 300,000円
授業料 500,000円
施設設備維持費 220,000円
旅行代金(中1) 46,000円
諸経費(中1) 98,000円
後援会費 20,000円
合計 1,184,000円

*2020年度参考

共立女子中学校の入試問題と対策

以下、4科目型の入試(2/1入試・2/2入試)の試験問題・傾向についてご紹介していきます。

算数

試験時間は45分、配点は100点満点となっています。大問は6〜7問で、大問1が計算問題、大問2が小問集合、大問3以降が応用問題という構成です。

基本〜標準レベルの問題が中心ですが、一部で難易度の高い問題も見られます。また、試験時間が45分のため、決して時間的な余裕があるわけではありません。途中で難しい問題が登場しても焦らず、解くペースを崩さず、速く正確に解き進める必要があります。

また、基本レベルの問題も多いため、ケアレスミスは絶対に避け、しっかり得点源とすることが大切です。難問・奇問中心の試験とは異なりますが、基本・標準レベルの問題をいかに正確に解けるかが重要となり、油断はできません。

頻出分野としては、図形、速さ、特殊算などが挙げられます。特に図形が多いという特徴があり、角度や面積など、図形の範囲から幅広く出題されます。過去問演習を徹底し、頻出分野は重点的な対策を進め、傾向に沿った実力を磨いていきましょう。また、日頃の問題演習でも、似た傾向の問題に多く触れ、対策を進めることが大切です。

国語

算数と同様、試験時間は45分、配点は100点満点です。大問は5問で、漢字、知識問題、詩、読解問題(小説文・説明文・随筆文など)から出題されます。

読解問題の設問形式は選択肢問題、記述問題、書き抜き問題などで、比較的オーソドックスな問題構成となります。また、文章も比較的読みやすく、難問というわけではありません。ただし、その分正確さが求められ、一問の失点が大きな差につながるおそれもあります。速く正確に読解すること、そして各形式の設問をテキパキこなすことを常に心がけ、問題演習を重ねて実力を磨きましょう。

また、知識問題や詩が出題されることにも注意が必要です。知識問題は大問として設けられており、ある程度広い範囲から出題されます。また、詩の問題も大問として出題されるため、しっかり対策して傾向に慣れておく必要があります。

さらに、試験時間が45分のため、時間的な余裕も少なくなります。過去問演習を徹底し、時間配分の感覚もきちんと養いましょう。

社会

試験時間は理科と合わせて50分、配点は50点満点となります。大問は5問出題され、地理・歴史・公民分野からまんべんなく出題されています。

設問形式としては選択肢問題のほか、適語記入問題や記述問題も多いので、各用語は漢字も含めて正確に覚えておく必要があります。誤字脱字などのケアレスミスは絶対に避け、しっかり得点源となるようにしましょう。

また、各大問のリード文が長いほか、資料も多く登場するため、与えられた情報を素早く読み取る力が求められます。基本知識を幅広くおさえることは大前提ですが、読解力や情報処理能力など、実戦的な力も磨かなければなりません。問題演習や過去問演習を重ね、情報をテキパキ処理していく習慣をつけましょう。

さらに、試験時間は理科と合わせて50分のため、時間配分には特に注意が必要です。過去問演習を通じて時間配分の感覚をつかみ、理科とのバランスを考慮して解くようにしましょう。

理科

試験時間は社会と合わせて50分、配点は50点満点となっています。大問は5問で、4分野から幅広く出題されます。

設問形式は選択肢問題、適語記入問題、計算問題のほか、作図問題や記述問題も見られます。基本知識をまんべんなくおさえつつ、普段から問題演習を通じ、各形式の設問に慣れを作っておきましょう。

また、大問のリード文や資料の量も多いので、情報を素早く読み取る練習も必要です。さらに、思考力が要求される問題も見られ、単なる知識だけでは対応できない出題構成になっています。難問・奇問というわけではありませんが、基本知識を応用する力、思考力、そして情報処理能力なども磨かなくてはなりません。過去問演習や問題演習を重ね、常に本番を意識した対策を行い、実戦的な力を鍛えることを心がけましょう。

そして、社会と合わせて試験時間が50分となるので、時間配分にも注意しなければなりません。社会との兼ね合いを考え、スピーディーかつ正確に解き進める練習を重ねましょう。

過去問

受験生平均点の特徴

2021年度入試の受験生平均点は以下のようになります。

受験者平均点(4科目型)

合計平均点
2/1入試 184.3点(300点満点)
2/2入試 168.6点(300点満点)
2/3合科型 97.0点(200点満点)
2/3インタラクティブ入試 156.8点(200点満点)

2/3インタラクティブ入試の平均点が7割を超えているほか、4科目型でも2/1入試は6割以上の平均点となりました。

共立女子中学校合格のために必要なこと

共立女子中学校の試験問題は、難問や奇問が出題される試験とは異なりますが、その分だけ正確さが求められます。基本・標準レベルの問題をテキパキ解き進められるよう、日頃からスピードと正確さを意識しなくてはなりません。

また、各科目とも特徴が比較的はっきりしています。過去問演習を徹底して傾向をつかみ、科目ごとの特徴に沿って実力を磨くことが大切です。

例えば、算数は特に速く正確に解く力が求められ、日頃からの演習が重要になります。また、国語は詩や知識問題も含めて対策を進めること、社会と理科は時間配分に特に注意し、情報処理能力などの実戦的な力を磨くことなど、それぞれの傾向に合わせて対策を進める必要があります。

このような点を踏まえ、本番を意識した勉強を重ね、実力を伸ばしていきましょう。

スポンサーリンク
共立女子