駒場東邦中学の受験予定者必見!学校の特色や受験情報、合格のために必要なこと

駒場東邦

駒場東邦中学校は1957年に設立された中学校で、高等学校からの生徒の募集は行われず、完全中高一貫校の男子校です。

今回は駒場東邦中学の特色や受験情報、入試の対策と傾向についてご紹介します。

駒場東邦中学校の特色

中学校と高校での一貫した教育によって、6年間で効果的な学習ができるカリキュラムが組まれています。また、英語、数学、理科実験では少数教育も行われ、高学年では進学志望別の教育課程となっています。

駒場東邦中学校・高等学校では、生徒の自主・自律を基本とする指導方針が特徴です。中高6年間のカリキュラムにおいても、自分で考えること、自分で答えを出すことを重視した学習方針となっています。早い段階からレポート作成の課題が多く見られることなど、生徒が自主的に考えて取り組むことを重視する方針となります。

また、自主・自律の精神のもとで集団生活を重んじる校風があり、部活動などで高校生が中学生の面倒を見ることなど、中高一貫の中におけるつながりを重視していることも特徴です。学力面だけでなく、部活度や学校行事へ積極的に参加することを勧め、生徒の個性や人間性を伸ばし、実践力のある人材を育てることを目標としています。

学校の沿革

1957年、東邦大学理事長額田豊氏と都立日比谷高等学校校長菊池龍道氏が設立し、菊地龍道氏は初代校長となっています。戦後の貧しさから脱却した時期となる1957年に、青少年に明るい夢を持たせることを理念として設立されました。

1971年には高校からの生徒の募集が廃止され、現在の完全中高一貫教育となりました。

進学先

2017年大学合格者(現役・既卒)の代表的な進学先としては、国立大学では東京大学52名、東京工業大学17名、京都大学11名、一橋大学9名、私立大学では慶應義塾大学95名、早稲田大学94名、東京理科大学49名など、難関校への進学実績が豊富です。

駒場東邦中学校・高等学校は6年間の完全中高一貫での教育となります。

教科のほとんどが高校2年で終わるカリキュラムになっているため、中学校の段階から大学受験を念頭に置いた教育課程になっていると考えられます。

学校周辺の環境

駒場東邦中学校は、京王井の頭線の駒場東大前駅から徒歩10分、東急田園都市線の池尻大橋駅から徒歩10分のほか、渋谷駅南改札西口ターミナルからのバスでもアクセスが可能です。

渋51系統若林折返所(淡島)、渋54系統経堂駅(梅ヶ丘駅)の、駒場駅から徒歩5分、渋21系統上町駅、渋24系成城学園前駅他の、大橋駅から徒歩7分となっており、渋谷駅からのバスでのアクセスにも優れています。

駒場東邦中学校の受験情報

平成29年度の試験日は2月1日で、8:30~9:30が国語、9:45~10:25が社会、10:40~11:40が算数、11:55~12:35が理科となっています。

募集人員は男子240名です。

試験科目と配点

科目 試験時間 配点
国語 60分 120点
算数 60分 120点
社会 40分 80点
理科 40分 80点

偏差値

駒場東邦中学校の偏差値は65です。

難関中学校の一つになります。

倍率

平成29年度の受験者数は514名、合格者数は272名です。倍率は1.9倍になります。

駒場東邦中学校の入学後の学費

入学金 300,000円
授業料 480,000円
施設維持費 24,000円
後援会費 234,000円
生徒会費 8,000円
PTA会費 10,000円
教育充実寄付金 300,000円

教育充実寄付金を除いた金額を合計すると、初年度は105万6000円となります。

この金額から入学金を除いた金額は75万6000円で、この金額を中学2年、3年それぞれの学費とすると、中学3年間の学費の目安としては256万8000円になります(生徒会費とPTA会費は入会金も含めているため、2年、3年では実際にはもっと低いと考えられます。)

駒場東邦中学校の入試問題と対策

算数

試験時間40分の中で大問4問程度の出題となり、大問1は小問集合となります。傾向としては数論と図形問題が頻出です。一方、特殊算の出題実績はあまり見られません。

駒場東邦の算数は、解答に多くの計算や作業がかかる問題が特徴的です。規則性の問題などをはじめとして、自分で計算や作業を繰り返したうえで解法を見つけるといった傾向が見られます。

また、ただ解答を書かせるだけでなく、「答えの出し方」が問われる問題もあります。このような問題では、完全に解答できなくても部分点として評価されることがあります。

以上のような特殊な問題は、ベーシックな問題を解きなれていても対処が難しくなります。そのため、計算や作業が多い問題、問題文から情報を整理して解法を出す問題、作図や説明をさせる問題など、傾向に合わせた問題に慣れておく必要があります。

国語

試験時間60分の中で大問は1つとなり、近年は物語文1問という傾向が続いています。また、問題構成もあまり変化は見られません。また、漢字の書き取り問題や国語常識の知識問題も見られます。

特徴としては、記述問題の字数制限が厳しいことが挙げられます。そのため、ここでどのくらい点を取ることができるかが重要になります。

傾向としては毎年似ていますが、記述問題で差がつきやすいといえます。字数制限内で適切な解答をするためにも、記述問題には特に慣れておくことが重要です。

社会

試験時間は40分で、大問1問の中に地理、歴史、公民、時事問題が含まれる問題形式が特徴です。記述問題も多く、5~6問程度出題されています。特に、統計や資料から情報を読み取ったうえで、記述で説明させるという傾向が見られます。

駒場東邦の社会は、大問1つの中に地理、歴史、公民、時事問題がまんべんなく出題される総合問題で、さらに統計や資料が多く、記述問題も多いという特徴的な出題傾向です。

また、試験時間は40分なので、短時間で総合問題の長い文章、そして統計や資料、図表、グラフなどから情報を読み取る必要があります。記述や資料の読み取りは、普段から慣れておく必要があります。

これは、スピードと読み取りの両立を念頭に、日ごろから実践を重ねておくことが重要です。

理科

試験時間40分の中で、大問5問程度で生物、地学、物理、化学の4分野がまんべんなく出題されます。

大問1は小問集合で、他の問題と比較すると難易度は低い傾向があります。ここは正確に解答することが重要です。

一方、他の問題では応用問題が多く、実験や観察の問題など、思考力が問われるものが特徴的です。また、作図問題や計算問題、溶解度や密度なども頻出分野となります。

これらの分野は過去問できちんとチェックしておくなど、頻出分野を重点的に対策することが効果的です。加えて、思考力が問われるものも多いため、単なる暗記ではなく、日ごろから応用的な問題も対策しておくことが必要です。

過去問

2年間の受験生平均点

2年間での受験生平均点は以下のようになります。

国語 算数 社会 理科 合計
平成29年度 合格者平均点 70.3 98.6 53.0 51.4 273.2
受験者平均点 63.7 88.4 49.1 47.9 249.1
平成28年度 合格者平均点 74.1 72.6 52.0 52.1 250.7
受験者平均点 67.1 58.3 48.4 48.7 222.6

平成29年度は平成28年度と比べて算数の平均が大幅に上がったことが特徴です。また、平成29年度は合格最低点は249点と受験者全体の平均点とほぼ同じですが、合格最低点の方がわずかに低くなっています。

一方、平成28年度では合格最低点は228点、受験者全体の平均点より合格最低点の方が数点高くなっています。

駒場東邦中学校合格のために必要なこと

駒場東邦中学校の試験問題は、国語と算数がいずれも1時間で120点満点であるのに対し、社会と理科は40分で80点満点となります。

一方で、受験生のレベルを考えると、いずれの教科もまんべんなく対策しておく必要があります。また、特徴的な問題も多いため、傾向に特化した問題演習は必須です。

また、4科目全体の特徴としては、単なる暗記ではなく理由をきちんと説明できること、思考力が求められるといえます。

知識を暗記するというよりも、日ごろから傾向の似た問題を多く解き、対策をしておく必要があります。その際には、知識だけを詰め込むのではなく、考え方や問題の読み取りを重点的に意識することが重要です。

スポンサーリンク
駒場東邦