小石川中学の受験予定者必見!偏差値や倍率、合格のために知っておくべき事

東京都立小石川中等教育学校(以下:小石川中学)は、東京都文京区にある中高一貫校です。東京都立小石川高等学校が前身となりますが、現在では中等教育学校として、高校からの募集を行わない完全中高一貫校となっています。

今回は小石川中学の学校の特色や受験情報、そして合格のためにすべき試験対策についてご紹介します。

小石川中学の特色

小石川中学では、「自ら志を立て、自ら進む道を切り開き、新しい文化を創りだす」ことを目指すため、「立志・開拓・創作」を教育目標として掲げています。

全ての教科・科目を学ぶことで教養を身につけるという「小石川教養主義」といった伝統ある教育方針も特徴です。

通常の公立中学校の1日50分の6時間授業と異なり、1日45分で7時間授業とすることや、数学と英語では習熟度に合わせた少人数授業が行われているなど、学力を育てるための様々な取り組みが行われています。

大学や研究機関との連携も活発に行われ、単なる受験のためではなく幅広い教養を身につけるという教育方針となっています。

教育機関としての認定

平成18年度から平成22年度(第1期)、平成23年度から平成27年度(第2期)の10年間で、文部科学省からスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定を受けています。そのため、特に理数教育に力を入れていることも特徴的です。

また、平成27年度から3年間で東京教育委員会「東京グローバル10」の指定を受けており、グローバルな人材の育成を目的とした国際理解教育も行われています。国内語学研修や海外語学研修は全生徒参加となり、国際的な視点での教育が充実しています。

学校の沿革

小石川中学は、1918年に東京府立第五中学校が創立されたことが始まりとなります。

1943年には東京都立第五中学校、1948年には東京都立第五新制高等学校、1950年には東京都立小石川高等学校に改称されています。

そして2006年に現在の小石川中学として中高一貫での教育が開始されました。

進学先

2017年の合格実績を見ると、東京大学14名、千葉大学9名といった国公立大学のほか、早稲田大学51名、慶應義塾大学21名、上智大学13名など、私立大学への実績もあります。

合計で見ると、私立大学への進学が377名、国公立大学への進学が81名となり、私立大学への進学が目立ちます。

学校周辺の環境

小石川中学へのアクセスは、都営三田線の千石駅から徒歩3分のほか、JR山手線と都営三田線の巣鴨駅から徒歩10分、JR山手線と東京メトロ南北線の駒込駅から徒歩13分となります。

都心に位置し、千石駅が最も近い最寄り駅となります。また、巣鴨駅や駒込駅はJR山手線も乗り入れているので、多方面からのアクセスに優れています。

小石川中学の受検情報

平成30年の受検情報を見ると、特別枠募集と一般枠募集の2種類での募集が行われ、検査日はそれぞれ2月1日、2月3日となります。

また、公立中高一貫校となるので、試験ではなく検査となり、受検という言い方をします。

検査内容は、特別枠募集と一般枠募集で異なります。また、公立中高一貫校となるため、総合成績には報告書点も含まれます。

特別募集の検査内容

特別枠募集は、自然科学分野の全国的なコンクールなどに入賞したことが応募基準となり、これには全国小・中学生作品コンクールの理科部門など、一定の資格内容が定められています。

内容は、45分の作文と、25分程度の面接となっています。

配点

報告書点が100点(400点から換算)、作文が400点、面接が500点で合計1000点満点となります。

一般枠募集の検査内容

一般枠募集は、公立中高一貫校としての適性検査が行われ、適性検査はⅠからⅢまであります。

適性検査Ⅰ

共同作成問題

適性検査Ⅱ

大問1、3が共同作成問題、大問2は独自問題

適性検査Ⅲ

独自問題

それぞれの検査の内容

検査の主な内容は、適性検査Ⅰが文章の読み取りや論理的な表現力、適性検査Ⅱが資料の読み取り、適性検査Ⅲが身近な事象を通じ、課題を総合的に解決する力が求められます。

配点

配点は、報告書点が200点(400点から換算)、適性検査1~Ⅲが合計で600点(それぞれ100点満点で合計300点となり、600点に換算)で、合計800点満点となります。

配点は換算が行われますが、基本的には適性検査Ⅰ~Ⅲでそれぞれ100点満点と考えることができます。また、適性検査Ⅰ~Ⅲのいずれも、検査時間は45分です。

教科ではなく総合的な検査

一般的な私立中学校の試験科目は、算数や国語といった教科で区分けされますが、公立中高一貫校の適性検査は教科ではなく総合的な検査となります。その内容として、作文などによる表現力や、資料の読み取りなどがあります。

募集人員

募集人員は、一般枠が男女それぞれ80名ずつで合計160名、特別枠が5名となっています。

小石川中学の偏差値と倍率

偏差値

小石川中学の偏差値は男子(一般)が64、女子(一般)も64となります。

倍率

平成29年度の最終応募倍率は、特別枠募集が0.20、一般枠募集が6.44となっています。特別枠募集の倍率は前年度と同じですが、一般枠募集の倍率は前年度よりやや下がっています。

しかし、依然として高倍率で推移しています。

小石川中学の問題と対策

適性検査Ⅰ

問題内容

適性検査Ⅰは共同作成問題となります。文章の読み取りや論理的な表現力などが求められる検査で、国語の読解問題と似た内容となっています。

文章は2つ出題されますが、大問で区切られているわけではありません。まず2つの文章が紹介され、設問は最後にまとめて設けられています。

設問は合計で3問出題され、記号問題ではなく、書き抜き問題や記述問題となっていることが特徴です。また、最後の設問は2つの文章に共通したテーマについての出題で、400字~440字以内の三段落構成で記述するという形式で例年出題されています。

最後の記述問題については特に注意が必要です。400字~440字以内という長さに加え、三段落に分けて書かなくてはなりません。これは2つの文章に共通するテーマについて、自分の考えを書くというものです。

通常の国語の対策と同じように論理展開を把握する練習に加え、三段落構成での記述に慣れておく必要があります。

対策

適性検査Ⅰの対策としては、日ごろから自分の考えをまとめる練習を行い、さらに段落を構成して記述する練習も必要となります。そのため、過去問には早い段階で慣れておき、似たような出題形式の問題を数多くこなしておくことが重要です。

また、書き抜き問題などもあるので、通常の国語の対策と同じく文章題の問題演習を行うことも必要です。

適性検査Ⅱ

問題

適性検査Ⅱの内容は、大問1、3が共同作成問題で大問2が独自問題という構成になります。いずれも登場人物の会話の中で、資料などが登場し、それらを読み取って解くという形式になります。

一般的な中学入試の科目で考えると、共同作成問題の大問1が算数、大問3は理科となります。大問1は、単純な計算問題ではなく作業が中心の出題も多いので、長い問題を正確に読み取り、計算をこなしておく力が必要となります。

大問3は実験や観察の問題が多いので、資料をきちんと読み取る力が求められます。

独自問題の大問2は、日本と世界を比較した問題が例年出題されています。世界の中で見た日本を題材とし、計算や記述を行う必要があります。計算問題は算数の力として正確な計算力が求められ、記述問題は国語の力として文章をまとめる力が重要になります。

対策

適性検査Ⅱは、全体的に手間のかかる問題が多く見られます。いずれも与えられた資料を正確に読み取り、計算や記述などの作業を一つ一つこなしていく必要があります。

こちらは過去問をもとに対策を行い、資料問題などは似た傾向のものを重点的に解いておきましょう。

適性検査Ⅲ

適性検査Ⅲは独自問題で、大問は2問出題されます。大問1は理科に、大問2は算数に相当します。

大問1の対策

大問1は理科の内容ですが、問題形式としては記述が多く出題されます。特に自分の考えを述べる問題が多く、実験問題に対する慣れが必要な分野となります。

このような形式の問題は、実験について自分で考察することが求められます。ただ知識をつけるだけでなく、実験の内容を把握し、きちんと自分で考察する練習をしておきましょう。これは習慣がかなり影響する内容なので、理科の実験に関する分野に興味を持ち、正確な知識をもとに考察をしてみる習慣が必要です。

大問2の対策

大問2は算数の内容となり、規則性の問題が多く出題されます。また、近年の出題では規則性の中に図形も含まれるため、図形に関する知識も求められます。これらは通常の計算問題のような出題ではないので、日ごろから規則性についてきちんとした演習が必要になります。図形については、基本的な知識を定着させたうえで、似たような傾向の問題で応用力を養っておきましょう。

また、解答に至った理由を書く問題もあります。きちんと説明できるように、こちらも重点的な対策が必要となります。解法を記述させる問題の演習を重ねておきましょう。

過去問

小石川中学合格のために必要なこと

小石川中学の適性検査は、独自問題と共同作成問題が混合していることに特徴があります。国語に相当する検査は共同作成問題ですが、理解と算数に関しては完全な独自問題が適性検査Ⅲで出題されます。

小石川中学は理数教育に力を入れていることもあり、理科と算数に関しては難易度の高い出題が行われるものと考えられます。

一方で、傾向は比較的つかみやすいので、規則性の問題や実験問題など、似た傾向のものを重点的に解いておくことが大切です。

理科と算数の分野以外でも、ある程度定まった傾向が見られます。適性検査Ⅱの大問2は世界から見た日本がテーマとなること、適性検査Ⅰには三段落構成の記述問題が出題されることなど、特徴的な出題となっているので、これらも傾向に合わせて対策をしておきましょう。

また、全体的に記述問題が多くなります。どの分野でも自分の考えを表現する問題が多く、これらは単に知識をつけるだけの対策では不十分です。

どの分野でも記述が多い問題をできるだけ選び、多く解いておくことが必要となります。過去問で傾向をつかむだけでなく、似たような問題に数多く触れ、記述による表現の仕方に慣れておきましょう。

スポンサーリンク
東京都立小石川中等教育学校