慶應義塾中等部の偏差値や倍率、合格のために必要なこと

慶應義塾中等部

慶應義塾中等部は、慶應義塾の一貫教育での共学校として1947年に設立された中学校です。

慶應義塾の教育理念でもある「独立自尊」を尊重し、「自立した個人を育む、自由な」教育を理念としています。

教育の基本として「自由」を重視し、自立した人物として社会で活躍するための教育を行う校風に特徴があります。

今回は慶應義塾中等部の偏差値や倍率、合格のために必要なことについてご紹介します。

慶應義塾中等部の特色

慶應義塾中等部の教育は、「学業」、「校友会活動(クラブ活動)」、「学校行事」の3つが軸となっています。

様々な学問や知識を学ぶことに加え、校友会や学校行事で多くの体験ができることを重要視しています。ただ学業を優先するのではなく、広い視野での教養を身につけることが、慶應義塾中等部の教育の特徴です。

慶應義塾では付属校と呼ばれずに一貫教育校という呼称がありますが、慶應義塾中等部は慶應義塾の一貫教育校となっています。

また、慶應義塾中等部は中等部長の推薦によって慶應義塾が設ける高等学校への進学が可能です。

そのため、受験を目標に勉強だけに専念するという校風ではなく、比較的自由な校風の中で幅広い教養や人間力を大切にする中学校となっています。

学校の沿革

慶應義塾は、福澤諭吉が1858年に蘭学塾を創設したことに始まる、長い歴史があります。1868年には慶應義塾と命名され、1898年には5年制の大学部、5年制の普通部(中等教育)、6年制の幼稚舎(初等教育)の一貫教育が完成しています。

1947年、戦後の教育基本法によって男女共学が実現するなか、共学の慶應義塾中等部が設立されました。

施設

主な施設は、本館、新館、特別教室棟、体育館、小体育館、新体育館、プール、ポプラ館、F館(Future館)、綱町グラウンド、武道館があります。

このうち新体育館は平成23年の竣工した新しい施設で、アリーナ、中体育室、小体育室、セミナールーム、和室、多目的コート、プールなど、充実した施設を備えています。

進学先

慶應義塾中等部は、中等部長の推薦によって慶應義塾が設ける高等学校へ進学することができます。

これには、男子校の慶應義塾高等学校、慶應義塾志木高等学校、女子校の慶應義塾女子高等学校、共学校の慶應義塾湘南藤沢高等部、慶應義塾ニューヨーク学院高等部(アメリカ)があります。

また、進学については本人の希望によって決定するため、成績による選抜ではありません。

学校へのアクセス

  • JR山手線・京浜東北線の田町駅から徒歩15分、
  • 都営三田線・浅草線の三田駅から徒歩15分、
  • 都営大江戸線の赤羽橋駅から徒歩25分、
  • 東京メトロ南北線の麻布十番駅から徒歩15分

慶應義塾中等部の受験情報

来年の受験情報を見ると、平成30年度の試験日は一次試験が2月3日(土)、二次試験が2月5日(月)となっています。募集人員は男子が約140名、女子が約50名です。

一次試験

試験科目は、第1回・第2回のいずれも、国語、算数、理科、社会の4科目となります。

国語と算数がそれぞれ試験時間45分で配点100点満点、社会と理科がそれぞれ試験時間25分で配点50点満点となっています。

科目 試験時間 配点
国語 45分 100点
算数 45分 100点
社会 25分 50点
理科 25分 50点

二次試験

一次試験を通過した者が対象となり、内容は体育、保護者同席の面接となります。

慶應義塾中等部の偏差値と倍率

偏差値

慶應義塾中等部の偏差値は、偏差値で男子が65、女子が71となっています。難関中学の1つです。

倍率

平成29年度の志願者数、受験者数、合格者数を見ると、次のようになります。

男子 女子
受験者 851名 420名
合格者 157名 56名
受験倍率 5.4倍 7.5倍

志願者数は男子が851名、女子が420名、合格者数は男子が157名、女子が56名となりました。

上記の志願者数を基準とした倍率をみると、男子は5.4倍、女子は7.5倍となり、高い倍率で推移しています。

慶應義塾中等部の入学後の学費

平成29年度の入学手続に必要な学費を見ると、合計で135万8390円となっています。

入学金が34万円、授業料が86万円、施設設備費が13万円、諸会費が2万8390円となります。授業料分納の場合は、入学手続きに必要な学費の合計は92万8390円となります。

入学金 340,000円
授業料 860,000円
施設設備費 130,000円
諸会費 28,390円

慶應義塾中等部の入試問題と対策

算数

試験時間45分の中で大問は6~7問という構成になります。

慶應義塾中等部の算数は、短い試験時間の中で多くの問題をこなす必要があります。また、部分点はなく、答えのみを解答する問題形式となります。

全体的に難易度はそこまで高いわけではありませんが、かなりの高得点を取らないと合格できない傾向が強く見られます。9割前後の得点は必要といえるでしょう。

また、やさしい問題だけでなく難易度が高い問題も含まれます。その中でも速く正確に解くことが重要となるので、計算力などは重点的に鍛えておく必要があります。

頻出範囲としては、平面図形、割合や比の出題が特に目立ちます。特に図形や点の移動など、手間のかかる問題が多く見られます。

これらを速く正確に解く必要があるので、似たような傾向の問題を日ごろから多く解いておく必要があります。特に、図形や点の移動などは演習量で差がつく分野です。本番で焦らないように、日ごろの重点的な演習が必要となります。

一方で、頻出範囲以外の難問に慣れておく必要はあまりないといえます。確かに数問は難問が含まれていますが、基本的にはやさしい出題が多く見られます。これらを速く正確に解くことが必要なので、典型的な出題に対する演習を重点的に行うことが重要です。

国語

試験時間45分で大問は5~7問という形式になります。

慶應義塾中等部の国語は、他校と比較して一見変わった問題に特徴があります。読解問題も、文章の難易度が高いというより、文章表現がやや難しいことがあります。また、一般常識、社会常識などと関連した出題もあり、時事問題を交えた問題も見られます。俳句や文学史も出題され、これらは特に知識が重要になります。

全体として、語彙力、文法、文学史など、国語としての知識が重要視されます。読解演習を積み重ねるだけでなく、このような知識の定着にも意識を向ける必要があります。特に語彙力をつけておくと、読解問題における文章表現の把握に大きく貢献できます。

また、時間が少ない中で解くことになるので、読解問題を速く解くことももちろん必要です。こちらも十分な演習をしておきましょう。

社会

社会は試験時間25分で、大問5~7問程度となります。特に歴史と地理の出題が多い傾向が見られます。

算数と同様に、難易度が高いというより基本的な問題が多いため、高得点での勝負となります。一方で難易度が高い問題もいくつか出題されるので、ここで点を取るには幅広い知識が必要となります。

記述も出題されているため、25分の試験時間の中で解くことを考えると難しい試験となります。これは、日ごろからスピードを重視した対策をしておく必要があります。特に基本的な問題は必ず正答し、落とさないという意識が重要です。応用問題の演習というよりは、基本問題を速く正確に解くことを意識しておきましょう。

そのために、基本的な知識の確実な定着が必要です。それに加え、記述問題や資料問題に対処するため、時事などの社会的な視点も必要となります。

特徴的な問題としては、地図の書き込みが挙げられます。地図に関する問題はある程度慣れておかないと対処が難しいので、地図帳を活用した演習などを重ねておきましょう。

理科

社会と同様に試験時間は25分です。大問数は4~5問で、4分野からまんべんなく出題されます。こちらも速く正確に解くことが求められます。

一方で、問題によっては難易度に差が見られる場合があります。基本的な問題が中心となるなか、突然時間のかかる問題が出題されるなどの傾向があります。あまりに細かすぎる知識を問う問題もあるため、解きながらペースが乱れるおそれがあります。

対策としては、基本的な問題を中心に正答し、あまりに細かい問題は時間をかけすぎない、という意識が重要です。

もともと試験時間が短いので、確実に正答するべき問題は正答し、絶対にミスをしないことが必要になります。そのためにも、難易度の高い問題で時間をかけすぎないようにしましょう。時間配分に慣れることが必要なので、特に過去問演習を重ねておく必要があります。

理科で特徴的な問題としては、データや実験に関する問題のほか、日常の現象など、身の回りの理科について出題されるものが挙げられます。

これらの対策としても、過去問演習は特に重要となります。それに加え、ただ問題集を解くだけでなく、図鑑などを見て身の回りの理科に関する現象に興味を持っておくことも重要です。

過去問

慶應義塾中等部合格のために必要なこと

慶應義塾中等部の試験問題は、全体的に短い試験時間の中で速く正確に解くことが求められます。これは4科目で共通する特徴といえます。正答するべきものは必ず正答し、ケアレスミスは絶対に避ける必要があります。

また、慶應義塾中等部ならではの特徴的な問題も多く見られます。これらは過去問演習とともに、似た傾向の問題を数多く解いておく必要があります。算数の図形と点の移動、国語の知識や語彙力、社会の地図の書き込み、理科の現象の問題など、特徴をきちんと把握しておきましょう。

特に国語と算数は社会と理科より配点が高くなります。その中で、算数の計算力、国語の語彙力など、基本的な力をいかに活用するかがポイントとなります。

頻出分野や傾向に沿った難易度の高い問題の演習も大事ですが、それ以外の難易度の高い問題演習はあまり必要とはいえません。それよりは、4科目で基礎的な力を最大限に活用し、本番で速く正確に解くことを意識することが重要です。

スポンサーリンク
慶應義塾中等部