法政中学の受験予定者必見!偏差値や倍率、合格のために知っておくべき事

法政中学

法政大学中学校は、学校法人法政大学が設置する男女共学の中高一貫校です。高校からの募集も行われており、併設型の中高一貫校となります。

ここでは法政大学中学校の気になる倍率、偏差値や試験対策をご紹介していきます。

法政中学の特色

法政大学中学高等学校は「自由と進歩」という校風の中で、「自主自律」を育むという教育方針となっています。また、法政大学での4年間も踏まえ、中学・高校・大学の10年間の一貫教育としての特徴もあります。

中学1年と2年は基礎学力と学習習慣を身につけ、中学3年と高校1年は学習時間をきちんと設定して基礎を固め、高校2年と3年では自分の進路に合わせてさまざまな選択学習が行われます。

また、法政大学中学高等学校では、高校2年・3年で文系・理系でのコース分けは行われていません。文系科目と理系科目から合わせて授業を選択することもでき、特徴的なカリキュラムとなっています。

法政大学中学高等学校では、多くの生徒が法政大学へ進学します。一方で、他の大学への進学実績も見られます。

学校の沿革

1936年に法政中学校が創立、1948年には新学制による法政大学第一中・高等学校が開設されました。2007年には三鷹市牟礼に移転し、法政大学中学高等学校に校名変更し、男女共学化が行われました。

施設

主な施設は、下記の通り充実しているのが特徴です。

  • 図書館
  • グランド
  • 多目的グランド
  • 部室
  • 保健室
  • 庭園
  • 屋上庭園
  • メインアリーナ
  • サブアリーナ
  • プール
  • トレーニングコーナー
  • マルチメディア室
  • 調理室
  • 弓道場
  • 剣道場
  • 和室

進学先

2016年度卒業生の進路データを見ると、在籍者の88.2%(202名)が法政大学へ進学しています。

また、他の大学への進学実績(現役生)としては、上智大学12名、慶應義塾大学2名、立教大学4名、青山学院大学2名などの進学実績があります。

学校周辺の環境

法政大学中学校は、京王井の頭線の井の頭公園駅から徒歩約12分でアクセスできます。

バスで通学する場合、JR線の三鷹駅、京王井の頭線の久我山駅、京王線の調布駅からアクセスできます。三鷹駅と久我山駅からのバスの場合、「西ヶ原」で下車して徒歩約5分、調布駅からのバスの場合、「下連雀」で下車して徒歩約12分で通学できます。

法政中学の受験情報

試験日

  • 第1回:2018年2月1日(木)
  • 第2回:2018年2月3日(土)
  • 第3回:2018年2月5日(月)

募集人数

  • 第1回:男女約50名(昨年度合格者数:男女83名)
  • 第2回:男女約50名(昨年度合格者数:男女89名)
  • 第3回:男女約40名(昨年度合格者数:男女66名)

いずれの日程も、試験科目は国語・算数・社会・理科の4科目です。配点と試験時間は、国語と算数がそれぞれ150点で50分ずつ、社会と理科がそれぞれ100点で35分ずつとなります。

法政中学の偏差値と倍率

偏差値

四谷大塚の80偏差値で見ると、法政大学中学校の偏差値は、受験日程と男女で違いが見られます。

男子の偏差値

第1回 53
第2回 54
第3回 54

女子の偏差値

第1回 55
第2回 56
第3回 56

いずれの日程も、女子の方が偏差値が高くなります。

倍率

2018年度の入学試験出願者数・合格者数の速報版(2018年2月12日現在)を下記に付記しました。このうち倍率が最も低い日程は第1回で、最も高い日程は第3回です。また、第1回の倍率も4倍近くとなり、全体として高めの倍率が特徴です。

第1回 第2回 第3回
受験者数 286名 433名 442名
合格者数(繰上を含む) 74名 86名 67名
倍率 約3.9倍 約5倍 約6.6倍

法政中学の入学後の学費

2017年度の学費は、初年度納入金の合計は109万520円となっています。このうち、入学金が27万円、授業料は54万円となります。

また、第2学年の学費の合計が94万6718円、第3学年の学費の合計が87万4047円です。第1学年から第3学年までの学費を合計すると291万1285円となります。

年度によって違いが生じる可能性もありますが、290万円程度が中学校3年間でかかる学費の目安といえます。

法政中学の入試問題と対策

算数

試験時間50分で150点満点となり、社会や理科より試験時間は長く、配点も高くなります。

出題形式としては、計算や特殊算の小問が10問程度、大問が4問程度出題されます。大問は、平面図形や空間図形、量、場合の数などで、大問は小問2~3問程度で構成されます。

出題される問題は基本や標準レベルとなります。受験者のレベルを考えると、高得点での勝負となります。算数の平均点は例年高めに推移しており、合格者の平均点が8割近くになることもあります。

計算問題をはじめ、一つ一つ正確に解き進め、ケアレスミスは避けるようにしましょう。難問の出題はあまり見られないので、対策は立てやすいといえます。

速く正確に解くことを意識し、過去問できちんと練習をしておきましょう。

国語

算数と同様に、試験時間は50分、配点は150点満点です。大問2問の出題となり、物語的文章が1問、説明的文章が1問となります。それぞれの大問で記述問題が2問程度出題されるほか、基本的には選択肢問題が中心となります。

また、漢字の読み書き、慣用表現、品詞なども出題されるので、言葉に関する知識や文法もきちんとおさえておく必要があります。

大問は2問でも、漢字などの問題も含めると、時間的余裕があるわけではありません。本文が長いので、速く正確に読む読解力が求められます。

過去問だけでなく、同じような長さの読解問題を数多く解き、十分に練習をしておく必要があります。速く正確に読むことを常に意識しておきましょう。

社会

試験時間は35分で100点満点となります。大問3問で、地理、歴史、公民でそれぞれ出題されます。このうち、地理と歴史の出題がやや多いという傾向があります。

適語記入問題や選択肢問題のほか、記述問題も出題されます。適語記入問題や記述問題の割合が比較的多いため、誤字脱字をせずに正確に書けるようにしておきましょう。また、資料や統計の読み取りや、時事問題に関する知識も求められます。

試験時間が35分で短いので、時間配分には十分に注意する必要があります。また、合格者平均点が比較的高いため、高得点の勝負になることもあります。

誤字脱字などのケアレスミスを避け、得点できるところはきちんと正答し、時間内に解くことが必要です。

理科

社会と同様に、試験時間は35分で100点満点です。大問は5問で、4分野からバランスよく出題されます。難問というより基本問題が中心となるので、それぞれの分野で基礎知識を正確につけておく必要があります。

出題形式としては、選択肢問題が中心となります。年度によって計算問題や記述問題が出題されることもありますが、まずは選択肢問題を中心に対策をしておくことが重要です。

基本問題が中心となりますが、35分という短い試験時間で4分野をまんべんなく解くことになるので、スピードも必要になります。過去問で時間配分をきちんと確認し、速く正確に解き進めるようにしましょう。

過去問

受験者平均点の特徴

2017年度の平均点を500点満点で見ると、次のようになります。

第1回 第2回 第3回
受験者平均点 340.4点 305.1点 313.4点
受験者平均割合 約68% 約61% 約62%
合格者平均点 392.0点 358.7点 388.7点
合格者平均割合 約78% 約72% 約78%

これらの結果を見ると、合格者平均点と受験者平均点の差が目立ちます。倍率も高くなっているため、他の受験者ときちんと差をつけることが重要です。

特に第1回と第3回では、合格者の平均点が8割近くとなっていることが特徴的です。

法政中学校合格のために必要なこと

法政大学中学校の試験問題は、基本や標準レベルの問題が中心といえます。

一方で、時間配分など、注意すべきポイントもあります。特に社会と理科の試験時間は短いので、時間内にまんべんなく解かなければなりません。

また、国語の読解問題は、文章量が多い傾向があります。こちらも時間内にきちんと解き進めるために、日ごろからスピードを意識しておく必要があります。

試験問題の傾向は、いずれの科目も比較的つかみやすいです。まずは傾向を把握したうえで、きちんと得点源にできる部分を増やしていきましょう。

算数など、平均点が高めに推移している科目もあります。速く正確に解答できるように、十分な練習を重ねておきましょう。

スポンサーリンク
法政中学