小学校受験・中学受験のことならチャイビ

2016-03-31

赤ちゃんからできる勉強?天才児を育成するための家庭保育園とは

家庭保育園とは

IQを育てる教育として話題の幼児教室は、TOEベビーパークですが、家庭でできる通信教育でもIQを育てるとして「家庭保育園」が昔から有名です。

家庭でわが子を、しっかりと育てていきたい。

そのためには、どのようにしたらIQを伸ばしていけるか。また、IQだけではなく、良い心を持った人間に育てたい。と考えているお母さんには「家庭保育園」がおススメです。

家庭保育園とは?

IQ(知能指数)、EQ(こころの指数)、PQ(からだの指数)を育てる教育です。

知能指数だけではなく、EQ(こころの指数)とPQ(からだの指数)を豊かなものにしてくれる教育として、母親から支持を得ています。

家庭保育園の教材は、親子で触れ合いながら子どももお母さんも楽しむことのできる教材ばかりです。毎日「家庭保育園」の教材に親子で触れることで、お母さんと子どもの絆を強くするのです。EQ(こころの教育)は親子の絆が生まれることによって、より豊かなものへと成長していきます。三つ子の魂100までとは良く言ったもので、まさにその通り。

親子愛が生まれることで情緒豊かな人間に育つのです。IQ教育だけではない教育が人気のヒミツです。

家庭保育園の教育システム

天才的な頭脳と人間性に秀でた人物として知られている「カール・ヴィッテ」。なんと、8歳で6か国語を話し、9歳で大学入学、14歳で哲学博士の学位を持つという、すさまじい経歴の持ち主。はたして、この天才的な人物は、どのようにして育て上げられたのでしょうか。

この「カール・ヴィッテ」を育て上げた、父親の教育方法が「カール・ヴィッテの教育」です。

この「カール・ヴィッテの教育」の原書は、アメリカのハーバード大学に保管され、ハーバード大学の教授たちが、この本に共感し、実践することで、天才児を育て上げることに成功した実績が挙げられています。

この「カール・ヴィッテの教育」と最新の脳科学システムに基づいた新教育システムが「家庭保育園」なのです。

現在では、国立大学と共同で最新脳科学の研究も進めている教育方法なのです。

家庭保育園は、いつから始めるのか

この、最新脳科学システムを使用した「家庭保育園」は、いつごろから始めればよいのでしょうか?それは、胎児からです。

お腹に赤ちゃんを宿して、これからわが子に、どのような教育を授けるべきか?お悩みの方は、まさに今からがはじめ時です。

胎児に教育?なんて、寝耳に水かもしれません。しかし、胎児のときだからこそ、吸収できることがあるのです。

胎児は、母親の言語や感情を、胎内で吸収しています。

母親の優しい声掛けや豊かな音楽が、胎児の情緒を安定させ、のちの人間形成や学習能力を高めてくれるのです。

アメリカで胎児教育を行い4姉妹それぞれを、そろって天才児に育て上げた「ジツコ・スセディック」の著書「胎児はみんな天才だ」でも実証されていますし、日本でも「家庭保育園」で胎児教育を行った子どもの活躍も脚光を浴びています。

現在、お腹の中に、大事な赤ちゃんを授かり、これからわが子にどのような教育を進めていくか検討中のお母さん。まずは「家庭保育園」も検討してみては、いかがでしょうか?

家庭保育園の教材、指導方法

家庭保育園では、独自の教育システムと教材を用いて、お母さんが家庭で指導をします。

教材の使用方法やアフターフォローも万全なので、安心して始めることができます。

大切なのは、届いた教材を、ただの玩具にように、子どもに与えてそれで終わりにしないこと。家庭保育園の指導方法に基づいて、正しい使用方法で子どもに与えてあげることです。

すべての教材に使用方法があるので、間違った使用をしないことです。

まず、胎教からはじめて、第六教室まで、家庭保育園は続きます。第六教室は、幼稚園卒園程度です。

胎教の時期は、お母さんが、子どもに語りかける物語などが教材としてあります。

そして誕生と同時に、年齢に合わせた教材が届きます。中には、推薦図書もあり、どの絵本を子どもに与えてあげてよいか分からない場合にも、重宝します。

第六教室まで進むと、プリントが入ってきます。このプリントは、小学校受験に出る内容も含まれているので、小学校受験のために、わざわざ塾に通う必要もなくなります。

家庭でしっかりと子育てをしながら、小学校受験にも対応できるので、受験をさせたい方にもおススメです。

家庭保育園では、知能指数検査も行っているので、わが子が、どれだけ成長したかも、すぐに分かるシステムとなっています。

塾や習い事、幼児教室を検討している方、また、現在妊娠中のお母さん、家庭でできる天才児の育児法を「家庭保育園」で実践してみませんか?

スポンサーリンク

関連キーワード