中学受験する6年生の年間スケジュール!受験最後の年を親子二人三脚で乗り切ろう

受験勉強をする6年生中学受験の勉強は、6年生になるといよいよハードスケジュールになります。

志望校・併願校に合わせた対策が本格化し、テストや模試も増えていきます。

受験勉強を最優先することになりますが、忙しい時期だからこそ体調管理や息抜きも重要な意味を持ちます。

この記事では、中学受験における6年生の年間スケジュールについて、主な流れのほか、どのような点に注意すべきか、重要なポイントご紹介していきます。

6年生のスケジュールの主な内容とは?

新6年生としてのカリキュラムは、5年生の2月からスタートすることが一般的です。

中学受験の試験日は6年生の1月〜2月の初めあたりに集中しますが、その1年前となる5年生の2月から、6年生としての受験勉強をみっちり行う必要があります。

以下、この記事での6年生のスケジュールとは、5年生の2月からを指すものとします。

受験勉強を最優先事項としたスケジュールへ

6年生になると、いよいよ受験勉強が最優先事項となります。

これまで以上に勉強量が増え、ハードスケジュールとなるため、遊ぶ時間は一気に減ってしまいます。また、習い事などもやめるケースが多いです。

もちろん、各ご家庭や子どもによって勉強量には差がありますし、習い事をやめないで受験勉強を行うケースもあります。

ただ、どのようなケースであれ、受験勉強が最優先事項であるという点は変わりません。

このようなハードスケジュールのため、必然的に子どもの負担も大きくなってしまいます。

そのため、受験勉強を最優先するという点は、あらかじめ子どもにしっかり伝えてあげてください。

6年生になっていきなりハードスケジュールになると、勉強量の差に子どもがついていけなくなるおそれがあります。

「なぜ受験勉強を最優先すべきか」という点を事前に親から説明し、子どもの心の負担を少しでも軽くしてあげることが大切です。

週4~5日程度の通塾が多い

中学受験で塾を活用する場合、夏期講習などを除くと、4年生は週2日程度、5年生は週3~4日程度の通塾となるケースが多く見られます。

一方、6年生になると週4~5日程度の通塾になり、土曜日・日曜日の通塾も多く、テストなども増えていきます。

このように、5年生までと比べるとどうしても子どもの負担は大きくなります。

だからこそ、これまで以上に規則正しい生活を送り、体力もしっかり維持しなくてはなりません。

通塾回数が増えれば増えるほど、体調管理もしっかり行う必要があるのです。

模試やオープンキャンパスも考慮したスケジュールに

中学受験の勉強は、4年生で基礎固めを行い、5年生で応用問題にも触れて実力を養ったうえで、6年生では志望校・併願校に合わせた対策を行います。

5年生までの勉強の復習、基礎の確認、問題演習などはもちろんのこと、いよいよ志望校や併願校を固め、各学校の傾向に沿った対策をしなければなりません。

そのため、夏期講習などの講習に加え、模試も本格的になります。

もちろん模試だけが全てではありませんが、模試の判定はある程度考慮するべきですし、模試を受けることで本番のシミュレーションもできるので、模試を活用して損はありません。

また、志望校・併願校のオープンキャンパスにもできるだけ参加することが大切です。

オープンキャンパスは学校の雰囲気、生徒同士の雰囲気、校風・教育方針など、いわば生の情報を入手できる重要な機会です。

こちらも模試同様、参加して損はありません。

このように、通常の通塾に加え、模試やオープンキャンパスの日程も考慮し、スケジュールを組む必要があります。

これまで以上にスケジュール管理が大変になりますが、子どもと予定を共有しつつ、その都度調整していきましょう。

6年生のスケジュールの主な流れ

次に、6年生のスケジュールの大まかな流れ・ポイントを整理しておきます。(5年生2月からの年間スケジュールとします。)

2月〜3月 6年生のカリキュラムスタート
3月中頃〜4月初め 春休み・春期講習
4月〜7月 通塾日数などに慣れていく→受験勉強を最優先とした生活習慣に慣れる
7月中頃〜8月 夏休み・夏期講習
・第一志望校は遅くとも8月までには決定
9月〜12月 ・夏休みで学んだポイントを意識しながら、いよいよ本格的な直前期へ

・第一志望校の過去問演習や、併願校の決定・過去問演習も本格的にスタート

12月中頃〜1月初め 冬休み・冬期講習
・各学校の出願開始
12月~1月 いよいよラストスパート→体調管理を徹底し、試験本番へ

上記に記載した各時期について、それぞれポイントを整理してみましょう。

2月から3月

5年生から新6年生のカリキュラムに移行し、いよいよラスト1年の始まりとなる時期です。

春期講習も含め、ハードスケジュールになりますが、なんとか慣れていきましょう。

4月から7月

通塾日数・塾のペースに慣れ、受験勉強を最優先する生活習慣が徐々にできあがる時期です。

7月半ば頃から8月の夏休み期間中には、夏期講習が行われます。20日前後の長期日程となり、苦手分野の克服、得意分野の補強など、試験本番に向けて実力を大きく伸ばすチャンスです。

また、第一志望校は遅くとも8月には決めておくようにしましょう。

9月から12月

夏休み・夏期講習で学んだポイントを活かし、実力を盤石なものとする重要な時期です。

第一志望校の過去問演習を本格的に行うほか、併願校の決定・過去問演習もしっかり行う必要があります。志望校・併願校の傾向に特化した対策を進め、模試なども積極的に活用していきましょう。

12月から1月

いよいよラストスパートの時期となります。冬期講習もあり、直前対策として、最後の追い上げとして、非常に重要な期間です。

また、このように重要な時期だからこそ、体調管理も普段以上に徹底するようにして、試験本番に臨むことが大切です。

また、12月半ば頃から1月にかけて、様々な中学校の出願が始まりますので、出願の日程、流れなどもしっかり確認しておきましょう。

そのほか、受験票はきちんと届いているか、各受験校までの交通ルートは確認したか、など、諸々の点をチェックし、直前に焦らないようにすることも大事です。

夜食を食べる受験生

受験生におすすめな夜食とその理由!毎晩勉強を頑張っている子供にできるサポート

6年生のスケジュールの主なポイント・注意点とは?

ここまで、中学受験における6年生のスケジュールの主な内容や流れについて整理しました。

次に、6年生のスケジュールを決める際のポイントや注意点についてご紹介していきます。

志望校・併願校対策を本格的に進めるスケジュールに

6年生になると、いよいよ志望校や併願校を具体的に決め、各学校の傾向に沿った対策を進めます。

最優先すべきは志望校の対策ですが、併願校の対策も十分に行わなくてはなりません。

そのため、塾のテストや模試などを多く活用し、各学校の傾向に合わせた対策を進めることになります。また、志望校別の授業を受ける場合もあります。

このように、志望校・併願校対策を本格的に進めるという点が、5年生までとの大きな違いと言えるでしょう。

塾のテストやそれぞれの授業、模試などの日程をあらかじめよく確認し、事前にスケジュール調整をしなくてはなりません。

これまで以上にスケジュール調整を丁寧に

上記でも触れましたが、6年生はとにかくスケジュール調整が大変になります。

塾や模試の日程のほか、オープンキャンパスの日程なども考慮したうえで、諸々の予定を決めなくてはなりません。これまで以上にスケジュール調整を丁寧に行う必要があるので、注意しておきましょう。

また、各受験校の試験日程の調整もしなくてはなりません。日程・時間がかぶっていないか、余裕のある受験日程にしているか、など、様々な点を考慮して日程を決めていく必要があります。

そのほか、各受験校の出願日程もきちんと確認し、出願漏れがないように注意しなくてはなりません。出願日程は学校ごとに異なるため、特に注意が必要です。

このように、6年生は何かとスケジュール調整が大変になるので、それぞれの日程を丁寧に確認し、調整を行いましょう。

適度な息抜きの時間も設けること

何かとハードスケジュールになる6年生ですが、だからこそ適度な息抜きの時間も設ける必要があります。

忙しい日程で一年間を過ごすことになるので、要所要所で息抜きをしないと、メンタル的にも子どもの負担が大きくなってしまいます。

もちろん、受験勉強を最優先することが前提ですが、その受験勉強の質を高めるためにも、メリハリをもって息抜きをさせる必要があるのです。

忙しいスケジュールで子どもが疲れているときはしっかり声かけを行い、気分転換をさせてあげてください。

受験生といってもまだ小学生ですので、「遊びは絶対ダメ」といった束縛は避けるべきです。

中学受験直前の対策と過ごし方

ハードスケジュールだからこそ体調管理はしっかりと

こちらもスケジュールに関連するポイントですが、ハードスケジュールのときこそ体調管理には特に注意してください。

通塾日数が増えるほか、模試やオープンキャンパスで外出する機会も多いので、体調管理を徹底させて、一つ一つの日程を乗り切るようにしましょう。

もちろん、試験本番前は特に体調に注意し、健康な状態で試験日を迎えることが大切です。

このように、中学受験は体力勝負でもあります。必要な体力を維持できるよう、普段から規則正しい生活を実践させるようにしましょう。

持ち物を確認する受験生

中学受験試験前日の過ごし方と当日に必要な持ち物やしておくべきこと

まとめ

中学受験における6年生の年間スケジュールについて、注意点・ポイントも含めてご紹介しました。

6年生の一年間は、いよいよ受験勉強を最優先事項として日々を過ごし、実力を盤石なものにする期間です。

5年生までの勉強の復習や基礎の確認、問題演習などに加え、志望校・併願校の傾向に沿った勉強も行わなくてはなりません。ハードスケジュールになりますが、適度な息抜きをしつつ、日々を乗り切っていきましょう。

6年生では、通塾日数は週4~5日程度となるほか、テストや模試を受ける機会も増えます。

また、オープンキャンパスに参加することも多いので、それぞれの日程のスケジュール調整を丁寧に行わなくてはなりません。そのほか、各受験校の出願日程の確認、試験日程の調整なども、早い段階で進めていく必要があります。

このような点を考慮し、お子さんとしっかりスケジュールを共有し、講習や模試などを一つ一つこなしていきましょう。

ハードスケジュールだからこそ、親と子どもの二人三脚で乗り切ることが何より大切です。

親と子どもで支え合い、充実した一年間を過ごしてみてください。

スポンサーリンク
受験勉強をする6年生